写真で振り返るスーパーGT第1戦 GT500はKEIHIN NSX-GTが接戦制す

写真

 自動車レースのスーパーGT第1戦が4月7、8日に岡山県美作市の岡山国際サーキットで行われた。

 公式予選、決勝を通じて冬に逆戻りしたかのような寒さと不安定な天候に見舞われ、各チームとも対応に苦心する2日間となったが、GT500クラスは#17 KEIHIN NSX-GT(塚越広大/小暮卓史組)が予選でポールポジションを獲得、決勝でも元F1世界王者のジェンソン・バトンを新たに迎えた#100 RAYBRIG NSX-GT(山本尚貴/ジェンソン・バトン組)との接戦を制し、チームにとって2010年7月の第5戦菅生以来の勝利をものにした。

 GT300クラスは予選9番手からスタートした#18 UPGARAGE 86 MC(中山友貴/小林崇志組)がチーム創設以来初の勝利を挙げている。

 スーパーGT第2戦は5月3、4両日に静岡県の富士スピードウェイで行われる。
 
(文・末廣和久、写真・K.KOBAYASHI、企画・モータースポーツフォーラム)

写真をクリックすると、大きな画像が表示されます。環境によっては表示に時間がかかる場合があります。

    [PR]