TRAIN GALLERY

  • 写真

    JR留萌線 留萌―増毛間廃止直前の姿 2016/12/2

    北海道の深川―増毛間を結ぶJR留萌線。同線のうち、日本海に面した留萌―増毛間が2016年12月4日で運行を終える。JR留萌線の姿を、廃止される留萌―増毛間の各駅を中心に、紹介する。

  • 写真

    高島平駅・西台駅 都営三田線に現れる「地上の地下鉄」 2016/11/29

    都営地下鉄三田線が地上区間となった志村坂上駅の次の志村三丁目駅から蓮根駅、西台駅まではカーブの連続。西台駅から高島平駅の間には、三田線の車両基地でもある広大な志村検修場がある。

  • 写真

    貨物機関車の臨場感が味わえる中央線の要衝・八王子駅 2016/11/22

    中央特快に乗って新宿駅から約35分の八王子は江戸時代から甲州街道の宿場町として栄えた土地。この駅を通る中央線、横浜線は明治以降、絹製品や生糸を運搬することを重要な役割としてきた。

  • 写真

    水郡線営業所まつりと常陸大子周辺 車両と紅葉を楽しむ 2016/11/18

    水郡線の常陸大子駅に隣接する水郡線営業所車両基地で、一般公開イベント「水郡線営業所まつり」が開催された。イベントでの車両展示などの様子と、常陸大子駅を中心としたエリアの沿線風景を紹介する……

  • 写真

    世界最速記録をつくった新幹線の保存車両を見に国立駅へ 2016/11/15

    中央線国立駅と言えば、以前は赤い三角屋根の可愛らしい駅舎が町のシンボルだったが、高架化工事のため2006年に撤去された。最近ようやく南口駅前に展示観光施設として復元されることが決まった。

  • 写真

    中央線快速の終点高尾駅は由緒ある寺社建築風駅舎 2016/11/8

    オレンジラインの中央線快速や特別快速の下り列車の多くが、行き先表示板に掲げているのが「高尾」という駅名。高尾駅の目の前にそびえる高尾山は都心から気軽に行ける山登りコースとしてたいへんな人気らしい。

  • 写真

    創立70周年を迎えた新京成電鉄 沿線と車両基地 2016/11/4

    千葉県を運行する準大手私鉄、新京成電鉄。1946年の会社創立から今年で70周年を迎えた。新京成電鉄の駅、沿線、車両のほか、くぬぎ山車両基地で開かれた「新京成サンクスフェスタ」の様子を紹介する……

  • 写真

    西武池袋線の豊富な車両バラエティーが楽しめる保谷駅 2016/10/25

    西武池袋線沿線在住の女子に保谷にある車庫はグッ鉄風景満載だとすすめられた。池袋線は新宿線と違って地下鉄副都心線、有楽町線、東急東横線などと乗り入れているため、ホームには様々な会社の車両がやってくる。

  • 写真

    「荒川線の日」イベントと都電荒川線探訪 2016/10/21

    「2016荒川線の日」記念イベントが荒川電車営業所で開かれ、新型車両の展示や、車庫内の見学などが行われた。当日のイベントの様子のほか、都電荒川線の車両や沿線スポットを紹介する…

  • 写真

    上石神井駅で延々と続く留置線を線路沿いに追う 2016/10/18

    西武新宿線の上石神井駅のホームからは、その車庫がよく見える。以前見た、「西武線クラシック」ともいうべき黄色い車体にシルバードアの車両群が朝日に輝いている様子は素晴らしい光景だった。

  • 写真

    蒸気機関車「D51」復活へ いよいよ動輪がお目見え 2016/10/13

    梅小路蒸気機関車館で構内展示運転用に動態保存されてきたSL「D51200」号機が営業路線での運転に向けて大規模修繕中。今回は「車入れ」とそれに先立って行われた「軸箱・軸受」へのメタル盛りです。

  • 写真

    田園風景にオレンジラインの中央線列車が並ぶ豊田駅 2016/10/11

    JR中央線の豊田駅は八王子駅と日野駅の間にある。東京駅から新宿や吉祥寺を経て走ってきた中央線の車窓風景も、このあたりではかなり田園の趣を感じるものとなってくる。

  • 写真

    カープ優勝を祝う電車が行き交う 広島電鉄 2016/10/7

    広島東洋カープが25年ぶりにリーグ優勝を果たし、祝勝ムードに沸く広島。広島市の市街地を走る広島電鉄が、カープ優勝を祝い、花電車やラッピング電車を運行している。記念電車、新旧車両などを紹介する……

  • 写真

    雪が谷大塚駅前の踏切は多くの留置車両を一望できるポイント 2016/10/4

    五反田と蒲田を結ぶ東急池上線は大正から昭和初期にかけて開業。沿線は古くからの東京の郊外住宅地として今も落ち着いた雰囲気を保ち続ける。その池上線と多摩川線の車庫があるのが大田区の雪が谷大塚駅だ。

  • 写真

    久我山駅から富士見ヶ丘駅で京王井の頭線車庫の攻略法を探る 2016/9/27

    井の頭線の車庫があるのが富士見ヶ丘駅から久我山駅にかけての線路沿い。この車庫の車両群をじっくりと観察する方法がないか、今まで何度か富士見ヶ丘駅―久我山駅間を歩き回った結果、私なりの攻略法を見つけた。

  • 写真

    下板橋駅は東武東上線の留置線が見られる各駅停車の穴場 2016/9/20

    東武東上線の池袋から二つ目の下板橋駅も他の駅に劣らず見どころが多い。駅周辺には、線路のカーブがあり、踏切と跨線橋(こせんきょう)があり、そして東上線のさまざまな列車の並んでいる留置線がある。

  • 写真

    復旧後の西武多摩湖線 沿線を訪ねて 2016/9/16

    市街地と遊園地を結ぶ西武多摩湖線。台風の影響で一部区間が不通となったが、予定よりも早く復旧した。国分寺―西武遊園地間の各駅や沿線の様子のほか、復旧工事の現場、かつて存在した駅などを紹介する…

  • 写真

    鉄道入り交じる宿場町・南千住は貨物列車好きの楽園 2016/9/6

    南千住駅は千住宿の入り口で江戸の境界にあたる。JR常磐線の線路と平行して地下鉄日比谷線、つくばエクスプレスと3線が走っていて、昔から交通の要衝だった場所は21世紀になっても変わりない。

  • 写真

    首都圏を走るおなじみの車両が集合 JR東京総合車両センター公開 2016/9/2

    東京都品川区にあるJR東日本の車両基地「東京総合車両センター」の公開イベントが開かれた。デビュー10周年となるE233系車両の展示、試乗会のほか、工場内でのクレーンを使った作業実演などが行われた…

  • 写真

    蒸気機関車「D51-200」復活へ(5) 2016/8/25

    梅小路蒸気機関車館で構内展示運転用に動態保存されてきたSL「D51200」号機が営業路線での運転に向けて大規模修繕中。今回は炭水車の台車入れ作業と主台枠への担バネ取り付け作業などをお届けします。

  • 写真

    「夏の甲子園」の観客輸送を担う阪神電車 2016/8/19

    連日熱い試合が繰り広げられる「夏の甲子園」。阪神甲子園球場の観客の輸送を担う阪神電車。甲子園駅へは、大阪の梅田や難波、神戸三宮、姫路からの列車が直通している。夏の甲子園を支える阪神電車を紹介する…

  • 写真

    多摩動物公園へ夢を乗せた電車が行き来する高幡不動駅 2016/8/9

    京王線高幡不動駅は新宿から特急で30分ほど。検車区があるので、ホームの上り下り両方向には大規模な車庫が広がる。駅前には、高幡不動・金剛寺参道の入り口が見えて、立派な五重塔の姿も目立つ。

  • 写真

    ポケモンやワンピースのラッピング車両が公開 盛岡車両センターまつり 2016/8/5

    JR東日本の盛岡車両センターが27年ぶりに公開された。車両展示では「コミックトレイン」、「POKEMON with YOUトレイン」はじめ、各種機関車、ジョイフルトレインなどが集結した……

  • 写真

    日野駅 多摩川鉄橋を越えた先に河岸段丘に囲まれた水の郷 2016/8/2

    中央線日野駅は、都心方向から多摩川鉄橋を渡った先にある。東中野駅手前から立川駅までをほぼ直線で走ってきた中央線の線路は、立川駅を過ぎるといきなり南下。そしてその先で多摩川鉄橋を渡る。

  • 写真

    海と山に囲まれた伊豆急行線2016/7/22

    夏らしさがあふれる伊豆急行線を紹介する。伊豆半島の東部を走る伊豆急行線は、海と山に囲まれた、伊東―伊豆急下田間を走る路線。新しいリゾート列車「IZUCRAILE」も運転を開始し、注目を集めている…

  • 写真

    豪徳寺・山下駅 小田急線と世田谷線の交差が織りなす風情2016/7/12

    東京都世田谷区にある小田急線豪徳寺駅の高架下出口を出てすぐに東急世田谷線山下駅がある。小田急線と世田谷線の線路は、ほぼ垂直に交差する形でこの場所で連絡している。

  • 写真

    2016年夏を彩る 水色系の車両たち2016/7/8

    鉄道車両の外観にはさまざまな色が使われている。青系統、とくに流行色にちなんだ水色またはそれに類する色が使われている車両を20種類集めてみた。テーマは、車両のカラーリングで流行と涼を感じる……

  • 写真

    曳舟駅・京成曳舟駅 激変した駅で見つけた近未来的風景2016/7/5

    墨田区にある「曳舟」と名のつく駅には東武スカイツリーラインの曳舟駅と、京成押上線の京成曳舟駅がある。この二つの駅は徒歩5分ほど。駅周辺では、大型再開発と京成押上線の高架化工事が行われてきた。

  • 写真

    関屋駅・牛田駅 双子のような2駅近くのガードはどれも個性的2016/6/28

    東京都足立区にある京成本線の関屋駅と東武伊勢崎線の牛田駅はお互い向かい合わせの位置にある。それぞれの駅を行き来する人も多く、「同じ駅名を名乗ったほうがわかりやすいのに」と思うほどだ。

  • 写真

    国鉄特急色485系車両 最後の雄姿を追う2016/6/24

    国内で唯一の国鉄特急色485系車両が引退した。引退を記念した「ラストラン」の企画が組まれ、南東北エリアを485系の団体専用列車が駆け抜けた。。485系のラストランの様子を紹介する…

  • 写真

    東京スカイツリー開発前の東武、京成の痕跡をたどる2016/6/21

    東京スカイツリーの足元である業平橋、押上あたりは2012年のツリー開業前後にずいぶんと様変わりした。東武伊勢崎線は東武スカイツリーラインとなり、業平橋駅はとうきょうスカイツリー駅になった。

  • 写真

    三河島駅・新三河島駅 貨物時刻表を調べて常磐貨物線を堪能2016/6/14

    常磐線の三河島駅は、日暮里駅と南千住駅の間にある小さな駅だ。改札口は一つしかないのだが、15両編成の車両のための長い長いホームがあり、その両側それぞれに常磐貨物線の線路が見える。

  • 写真

    「きゃりー」電車も登場 西武武蔵丘車両検修場公開2016/6/10

    西武鉄道の武蔵丘車両検修場で、「西武・電車フェスタ2016」が開催された。同検修場の内部が公開され、車体や車両部品などを間近に見ることができたほか、9000系車両の2本のラッピング電車も展示された……

  • 写真

    立川駅は中央線、青梅線、南武線が行き交う多摩の大都会2016/6/7

    中央線特別快速に乗って立川駅までやってきた。時折この街に来ると、駅構内、周辺の人混みのすごさに圧倒される。中央線沿線では吉祥寺あたりも大変な混雑ぶりだが、それよりも立川は駅も街もスケールが大きい。

  • 写真

    武蔵野線の西国分寺駅ホームで通過する貨物列車を眺める2016/5/31

    中央線の国分寺駅と国立駅の間に1973年に新設された駅が西国分寺駅だ。首都圏を外環する貨物線専用だった線路が旅客用としても供用され武蔵野線として開通し、中央線との連絡駅として設けられた。

  • 写真

    JR西日本の山陽新幹線車両が集結2016/5/27

    JR西日本の博多総合車両所岡山支所で「山陽新幹線ふれあいデー」が開催された。N700系、500系などの営業用車両のほか、「ドクターイエロー」も並び、多くのファンや家族連れでにぎわった…

  • 写真

    国分寺駅は武蔵野の風景と広大な西武線ワールドの入り口2016/5/24

    東京駅を出た中央線特別快速が新宿、中野、三鷹を過ぎ、車窓の風景に武蔵野の趣を感じ始めたあたりで停車するのが国分寺駅。最近ようやく、この駅が東京西部の西武線ワールドの入り口となっていることを知った。

  • 写真

    蒸気機関車「D51-200」復活へ(4)2016/5/20

    大規模修繕中のSL「D51200」号機の修復過程4回目は、3月に梅小路第2SL検修庫で行われたケーシング作業と前回の続きとなる大阪市の「サッパボイラ」で行われてきたボイラー本体の修繕作業です。

  • 写真

    起伏に富んだ坂の街・信濃町駅に現れた秘密の異空間2016/5/17

    神宮外苑の最寄り駅として都心の緑に包まれた環境にある信濃町駅。この駅では、新宿寄りの地形は高台であるため線路は切り通しを、反対側の東京側では、急な谷底に高架が築かれていて電車はそこを走る。

  • 写真

    大型連休に走った臨時列車 国鉄型も多数活躍2016/5/13

    ゴールデンウィークには、JRで数多くの臨時列車が運転された。定期列車からは退いた国鉄型車両も各線を走り、現役さながらの活躍ぶりを見せた。連休期間中に東京近郊を走った臨時列車や特急列車を紹介する……

  • 写真

    ユーラシア大陸縦断、列車旅172016/5/11

    ユーラシア大陸の最南端から最北端までの列車旅。最後の国、ロシアに入った。最初の街、キャフタは湖北省周辺でつくられた茶が集められた街。ここから遠くサンクトペテルブルクまで運ばれていった。

  • 写真

    千駄ケ谷駅で新宿御苑の緑を眺めつつ、線路下のガードを探索2016/5/10

    千駄ケ谷駅は新宿御苑と神宮外苑地区に挟まれていて環境良好。ホームに沿って首都高速新宿線と東京オリンピックの時に設けられた臨時ホームがある。線路と並んで高速道路が見える風景は近未来的だっただろう。

  • 写真

    蒸気機関車「D51-200」復活へ(3)2016/4/21

    2017年度の営業路線運転に向けて大規模修繕中のSL「D51200」号機。その修復過程を写真でお届けする企画の3回目は、主台枠へのボイラー載せ作業と、ボイラー本体の修繕作業風景です。

  • 写真

    南武線の支線約4キロをめぐる 南武支線と小田栄駅2016/4/15

    JR南武線には、尻手駅から分岐し、浜川崎駅までを結ぶ約4キロの支線がある。路線の名前は南武支線。浜川崎支線とも呼ばれる。南武支線に新たに開業した駅を含む五つの駅と、同線を走る列車などを紹介する……

  • 写真

    北京からウランバートルへ、ユーラシア大陸縦断、列車旅152016/4/13

    最後のシルクロードと呼ばれるティーロードは、フフホトからエレンホト、モンゴル平原を北上していく。中国からモンゴル、ロシアへと延びる鉄道は、そのルートとほぼ重なるのではないかといわれている。

  • 写真

    青梅街道をくぐり、環八を渡る中央線を荻窪駅でチェック2016/4/12

    JR荻窪駅は中央線の都内駅としてはめずらしく高架ではなく線路が地上と同じレベルにある。これは電車が駅の前後で、青梅街道と環状8号線という二つの幹線道路と交差しているためだ。

  • 写真

    京都鉄道博物館がまもなくオープン2016/4/8

    「京都鉄道博物館」が4月29日にオープンする。昨年閉館した「梅小路蒸気機関車館」に隣接する形で建設され、20両の蒸気機関車をはじめ2014年に閉館した大阪の「交通科学館」の展示車両や資料も移設した。

  • 写真

    意外に面白い中野駅新宿寄りホームからの眺め2016/4/5

    JR中央線は中野駅の隣・東中野駅から立川駅までは、ほぼ直線で高架も多い。その鉄道風景は、あまりおもしろみのないものという先入観を持っていたが、最近、中野駅1・2番線ホームというグッ鉄ポイントを発見。

  • 写真

    北海道新幹線開業で役割を変えた青函トンネル2016/4/1

    北海道新幹線が3月26日に開業し、青函トンネルを新幹線車両が走るようになった。一方で、在来線の特急列車「白鳥」、「スーパー白鳥」、急行列車「はまなす」は引退。青函トンネルをめぐる列車の動きを紹介する…

  • 写真

    蒸気機関車「D51200」復活へ(2)2016/3/23

    SL「D51200」号機の修復過程を写真でお届けする企画の2回目は、主台枠の搬入風景と修復された主台枠のディテール、修復された運転台と修復作業前の搬出風景、そして動輪の搬入風景です。

  • 写真

    高田馬場駅 学生街の活気みなぎる駅前ガード風景2016/3/22

    高田馬場駅前の鉄道風景は活気に満ちている。JR、西武両線のガードがあり、常に走行音があたりに響き渡っている。また、駅直前ではそのJR、西武線ともが神田川を渡っていて鉄橋風景も味わえる。

  • 写真

    相鉄の車両がリニューアル 都心直通に向けて2016/3/18

    相模鉄道が、イメージを大きく変えた9000系リニューアル車両を公開。車体は「ヨコハマネイビーブルー」と称するネイビー色に変わり、車内はグレートーンの落ち着いたデザインになった。相鉄の現車両も写真で紹介する。……

  • 写真

    ユーラシア大陸縦断、列車旅132016/3/16

    お茶が運ばれたモンゴルを経てロシアに運ばれていったルートに沿って北上をはじめる。まずめざしたのは山西省の省都、太原(タイユェン)。ロシア国境までのお茶の運搬を仕切ったのは山西省の商人たちだった。

  • 写真

    目白橋からの眺めは鉄道マニアのお墨付き2016/3/15

    山手線の全駅で2番目に乗降客数の少ないのが目白駅。この駅には山手線しかとまらないし、他線との乗り換えもない。周辺は住宅地だ。しかし駅前には学習院、日本女子大や川村学園も最寄りで学生の乗降客は多い。

  • 写真

    蒸気機関車「D51200」復活へ(1)2016/3/9

    梅小路蒸気機関車館で構内展示運転用に動態保存されてきたSL「D51200」号機が、2017年度の営業路線での運転に向けて大規模修繕中です。この様子を解体作業を交えながら数回に分けてお届けします。

  • 写真

    電車は見えないけれど轟音が響く御徒町駅の巨大ガード下街2016/3/8

    上野―御徒町間の「アメ横」は、JRの線路ガード下を中心とする大商店街。あらゆる店が市場か露店のような活気で道の両側にひしめいている。その高架上を常に何本もの電車が轟音(ごうおん)を響かせ行き来する。

  • 写真

    山手線探訪 駅や沿線の見どころとともに2016/3/4

    東京の中心部にある29駅を環状に結んで走る山手線。約35キロを1時間余りで一周する。山手線探訪をテーマに、同線の駅や沿線スポットを、品川駅を起点に時計回りにたどりながら、紹介する…

  • 写真

    由緒ある墓地とラブホテル群の聖俗隣り合う街・鶯谷2016/3/1

    鶯谷は山手線全29駅でもっとも乗降客の少ない駅。線路を隔てた東西で土地に高低差があり、西側の高台には徳川将軍家の菩提(ぼだい)寺・寛永寺、東側の坂下は都内随一のラブホテル街という聖俗が隣り合う街並み。

  • 写真

    ユーラシア大陸縦断、列車旅122016/2/24

    中国のお茶の世界に入り込むユーラシア大陸縦断の旅。羊楼洞近くにあったかつての下放の村のそばで、ロシア人が建てたお茶工場を発見した。ここでお茶をつくり、北に向けて運んでいった証拠だ。

  • 写真

    西日暮里駅は千代田線乗換駅のみならず各方面線路の要衝地帯2016/2/23

    1971年にできた西日暮里駅は山手線で一番新しく、69年にすでに開通していた地下鉄千代田線との乗換駅として開業。駅構内に千代田線駅へのエスカレーターが堂々と開けていて、改札口の存在を見失うほど。

  • 写真

    関東大手私鉄を走る名車両 昭和生まれの現役電車たち2016/2/19

    昭和時代に造られた電車のうち、今なお現役で走る車両がある。デビュー当時の原形をとどめているもの、リニューアルを経て最新技術を採り入れたものなど、関東の大手私鉄区間を走る一般形の電車20種類を紹介する……

  • 写真

    山手線の重要拠点大崎駅周辺で新幹線の走りを眺める2016/2/16

    JR大崎駅はここ10年で大変貌(へんぼう)を遂げた。駅周辺には工場が立ち並んでいたが、2002年にりんかい線、埼京線と湘南新宿ラインが開通した頃から続々と再開発され、今や一大オフィス街となった。

  • 写真

    ユーラシア大陸縦断、列車旅112016/2/10

    ユーラシア大陸を南から北への列車旅。中国では長沙から茶の世界に入り込んでいく。これから北上する道は、かつて、最後のシルクロードといわれたルート。長沙で中国茶の基礎的な味を舌で覚え、列車に乗って赤壁へ。

  • 写真

    五反田駅<2> 東急池上線は木造駅舎で目黒川の流れも一望2016/2/9

    東急池上線五反田駅、ここのホームは眺めのよいことで都内随一だ。地上4階の高さにあり、山手線や山手貨物線の線路上を跨(また)いでいるので、そこを行き交う列車を見下ろせるほか、目黒川の流れも一望できる。

  • 写真

    16駅目は何駅? 関東の鉄道10路線2016/1/22

    2016年の西暦にちなんで、16駅目の鉄道駅をクイズ形式で出題。対象は、首都圏の大手私鉄8社とJR線、あわせて10路線の駅。難易度の低い順から出題。あなたは何問正解できる?

  • 写真

    大本山のおひざ元、木造柱の駅舎が歴史を感じさせる池上駅2016/1/19

    大本山池上本門寺の最寄り駅東急池上線の池上駅には、今も大正・昭和の風情が漂っている。木造の柱と屋根と壁、構内踏切、木製ベンチ。3両編成の路面電車のような車両が行き来する駅はのどかな感じだ。

  • 写真

    ユーラシア大陸縦断、列車旅92016/1/13

    ユーラシア大陸縦断の旅は中国に入る。ミャンマーから中国へは陸路で国境を越えることはできない。いったん帰国し、中国の昆明へ。そこから乗り合いバンに乗って、ミャンマー国境の街、瑞麗へ。

  • 写真

    明治神宮への小田急線からの参拝駅「参宮橋駅」2016/1/12

    日本一の初詣参拝者数を誇る明治神宮の最寄り駅というと、JR原宿駅、東京メトロ明治神宮前駅がまず思い浮かぶが、この小田急線参宮橋駅を忘れてはいけない。

  • 写真

    鳥居と鉄道 関東・関西14スポット2016/1/8

    全国には、鉄道の近くに位置する神社や鳥居が数多くある。通り過ぎる列車と、それらを組み合わせた写真を撮るファンも多く、全国的に知られたスポットも少なくない。鉄道車両や駅とともに収めた鳥居を紹介する…

  • 写真

    寅さんの故郷・柴又をお参り電車で訪問2016/1/5

    映画「男はつらいよ」の主人公フーテンの寅さんの故郷、柴又帝釈天のある葛飾柴又の街は東京の最果てにあるというのは有名な話。日暮里から京成本線に乗り、高砂駅で京成金町線に乗り換えて1駅目が柴又駅だ。

  • 写真

    長い長い商店街の途中にある戸越銀座駅の木造駅舎2015/12/22

    東京都内の繁盛商店街として知られている品川区の戸越銀座。町歩きや観光目的でのお客さんも多い街だ。東西に約1.3キロという東京一長い商店街。その中ほどにあるのが東急池上線の戸越銀座駅だ。

  • 写真

    ユーラシア大陸縦断、列車旅82015/12/22

    マンダレーからスムーズにラーショーまで列車が走ったとすれば、夕方には着く。線路があるのはここまで。ここから中国国境までは車になる。かつてはチェックポイントも多く国境までは行けなかったが、いまは問題ない。

  • 写真

    仙台市2番目の地下鉄が開業 初日の東西線2015/12/18

    仙台市の東西を結ぶ新しい路線、東西線が開業した。路線は、仙台市太白区の八木山動物公園駅から、同市若林区の荒井駅までの約14キロ。駅数は、仙台駅を含めて13ある。開業初日の駅や沿線の様子を紹介する…

  • 写真

    地元商店街にお店のように存在する大山駅2015/12/15

    大山駅は東武東上線の始発駅である池袋から3駅目。各駅停車の普通列車しかとまらないが、駅の周りには板橋区内でもかなりにぎやかな商店街があり、その真ん中を東上線の線路と踏切が貫いている。

  • 写真

    マンダレーからシーポーへーユーラシア大陸縦断、列車旅72015/12/9

    列車の終点であるマンダレーからラーショーまで行こうとした。しかし、大雨で線路が崩れ、途中のシーポーまでしか行けないという。ここまで来て……。しかし行くしかなかった。

  • 写真

    商店街に囲まれた沿線一の下町風景が味わえる京成立石駅2015/12/8

    京成立石駅は押上から京成押上線で4駅目。ここは葛飾区の中心地でもあり、区役所のある街でもある。駅前にはにぎやかな商店街が広がっていて、最近は安くていい店のそろう飲み屋街として知られている。

  • 写真

    懸垂式の新旧車両が行き交う 湘南モノレール2015/12/4

    大船―湘南江の島間を結ぶ湘南モノレール。日本では数少ない「懸垂式鉄道」の一つで、カーブや勾配を軽快に駆け抜ける。沿線と駅の様子、車両基地で開かれた新旧車両の撮影見学会の模様などを紹介する……

  • 写真

    商店街に囲まれた十条駅のまわりには踏切がいっぱい2015/11/24

    埼京線で池袋から2駅目の十条駅。今年は、埼京線開業30周年だそうだが、池袋―板橋―十条―赤羽の区間は、いまだ地上の線路と踏切が多く、かつての「赤羽線」という路線名のほうが似合う感じがする。

  • 写真

    浅草線車両基地ならではの車両が集う 都営交通フェスタ2015/11/20

    東京都交通局の馬込車両基地で、「都営交通フェスタ2015 in浅草線」が開かれた。車両展示では、浅草線や大江戸線を走る車両のほか、浅草線での営業運転がない車両も登場し、注目を集めた…

  • 写真

    ビビッドな大井町線とレトロな池上線が交差する旗の台2015/11/17

    東急大井町線と池上線が交差する旗の台駅。この二つの路線の線路とホームは、同じ旗の台駅という名前でありながら、一方は21世紀の今風、一方は昭和レトロ風で、それぞれまったく異なる個性を持っている。

  • 写真

    ユーラシア大陸縦断、列車旅52015/11/11

    ミャンマーのダウェイから列車で北上。この列車は2年前、外国人も乗ることができるようになった。そして2014年4月から運賃が、ミャンマー人と同じ値段に、これも民主化のおかげと列車に乗り込んだのだが……

  • 写真

    東横線と大井町線が交差する自由が丘駅の風景を味わう2015/11/10

    おしゃれな街・自由が丘はグッ鉄風景の宝庫。東急の東横線と大井町線が立体交差し、駅付近には2路線の踏切がいくつも点在している。線路と電車、街中を行く人々がいきいきとした風景をつくり出している。

  • 写真

    日章旗つきの機関車に注目集まる 高崎鉄道ふれあいデー2015/11/6

    JR高崎駅の留置線などで、「高崎鉄道ふれあいデー」が開催された。蒸気機関車「D51」、日章旗つきの電気機関車とディーゼル機関車、保守用車両などが展示され、朝から多くのファンが詰めかけた……

  • 写真

    ユーラシア大陸縦断、列車旅42015/10/28

    バンコクに着き、これからどの方向に進むか。東はカンボジア、北はラオス。西はミャンマー。だがどのルートも中国までの鉄道はない。できるだけ列車で中国へ。選んだのは、西に向かうコースだった……

  • 写真

    昭和の温かい風景が残る東武東上線「ときわ台駅」2015/10/27

    東武東上線のときわ台駅の北側一帯には、昭和初期に東武鉄道によって開発された住宅地が広がっている。ここは私鉄沿線の高級住宅地として、東武線における田園調布のような存在。

  • 写真

    10周年のロマンスカーVSEが間近に 小田急ファミリー鉄道展2015/10/23

    小田急電鉄の海老名電車基地などで、「小田急ファミリー鉄道展2015」が開かれた。車両展示では、10周年を迎えたロマンスカー「VSE」、リニューアルされた通勤車両などが展示され、盛り上がりを見せた…

  • 写真

    小田急線の地下化で変わる下北沢駅の街に残る昔ながらの風景2015/10/20

    下北沢は小田急線と京王井の頭線が交差する世田谷の繁華街。迷路のように路地が入り組む街には若者たちが行き交う。小田急線の線路が地下化したため、駅周辺の踏切は井の頭線西口の一つとなっている。

  • 写真

    海峡植民地の旅ーユーラシア大陸縦断、列車旅32015/10/14

    独立50年を迎えたシンガポール。世界遺産のマラッカ。工業化が進むペナン。現在に至る道筋は平坦(へいたん)ではなかった。それぞれをつなぎ合わせていくと、植民地時代からいままでの足跡がほのかに見えてくる。

  • 写真

    駅前のにぎやかな商店街と踏切の風景が残る街・下高井戸2015/10/13

    鉄道の高架化や地下化が進む昨今、京王線と東急世田谷線の下高井戸駅のようにいまだに駅前ににぎやかな商店街と踏切の風景の残る街は、人と鉄道の触れ合いが感じられて、たいへん味わい深い。

  • 写真

    検測車「East―i」も登場 JR東日本新幹線工場公開2015/10/9

    宮城県利府町にあるJR東日本新幹線総合車両センターが公開された。E7系、E6系、E5系などの新幹線車両や、検測車「East―i」が展示された。新幹線を間近に見られるイベントで、家族連れでにぎわった……

  • 写真

    太宰治も愛した三鷹の名展望スポット「陸橋」を歩く2015/10/6

    新宿から西に向かう中央線特別快速電車に乗ると、中野駅の次が三鷹駅。特快は、高円寺、阿佐ケ谷、荻窪、西荻窪、吉祥寺という個性的な駅をすべて通過していきなり三鷹に到達というなんとも豪快な走り方をする。

  • 写真

    ユーラシア大陸縦断、列車旅22015/9/30

    ユーラシア大陸を縦断する列車旅は、マラッカからマレー半島を北上。クアラルンプールは素通りしてペナンへ。そこから再び列車で北上し、タイに入国してバンコクをめざす。

  • 写真

    JR奥羽線全通110周年 国鉄型が多数運行2015/9/18

    JR奥羽線が福島―青森間で全線開通して、110周年を迎えた。110周年を記念し「国鉄型」と呼ばれる583系や485系車両、そしてSLが奥羽線に乗り入れた。臨時列車を含めて、奥羽線の路線を紹介する。

  • 写真

    シンガポールからマラッカへーユーラシア大陸縦断、列車旅12015/9/16

    長い旅がはじまる。ユーラシア大陸を縦断する列車の旅。地図を眺め、ユーラシア大陸の最南端にある鉄道駅を探す。シンガポールだった。ここが旅の始発駅。はたしてどんな旅になるのか。

  • 写真

    碁盤目状の街を斜めに突っ切る線路が織りなす神田駅の景色2015/9/8

    JR神田駅ではいつも自分の目指すべき方向がどちらなのかわからなくなる。駅前はどこもガード下の橋脚か飲み屋の並ぶ風景。碁盤目状に並んでいる街路と線路は斜めに交差しているため、ますます混乱が深まるのだ。

  • 写真

    山手線新型車両も JR東京総合車両センター公開2015/9/4

    東京都品川区のJR東京総合車両センターで夏休みフェアが開催され、車両工場が一般公開された。当日は、山手線の新型車両E235系が初めて一般公開され、来場した鉄道ファンら約2万7000人を喜ばせた…

  • 写真

    東京名所を背景に走り抜ける新幹線を有楽町から眺める2015/9/1

    JR有楽町駅前でもっとも注目してしまうのは、東海道新幹線が都心のにぎやかな街並みを走り抜けていく風景だ。銀座にほど近い街。東京名所を背景にした新幹線の姿は見ごたえがある。

  • 写真

    梅小路蒸気機関車館、43年の歴史に幕2015/8/21

    京都にある梅小路蒸気機関車館が、8月30日で閉館する。2016年春の京都鉄道博物館の開設に備えるためで、梅小路蒸気機関車館としての43年の歴史に幕を閉じることになる。閉館前の梅小路蒸気機関車館を紹介…

  • 写真

    北海道新幹線、開業まであと半年余り2015/8/7

    2016年3月の北海道新幹線の開業まであと半年余り。新たに開業する新青森―新函館北斗間の新幹線の様子を紹介するとともに、新幹線開業に伴う在来線の変化、列車の動向などを写真で紹介する…

  • 写真

    有楽町線の車両が一堂に 東京メトロ新木場車両基地公開2015/7/24

    東京メトロの新木場車両基地で、子供向けのイベントが開催された。東京メトロの新木場での車両基地公開は6年ぶり。東京メトロ、東武、西武の代表的な車両が集まったほか、ふだんは入線しない南北線の車両も登場……

  • 写真

    赤い電車が水色の鉄橋を渡る、六郷土手の愛らしい多摩川風景2015/7/21

    京浜急行本線の六郷土手駅は、東京から見て多摩川の手前、川を渡った向こう側は神奈川県川崎市という位置にある。ホームの端からは多摩川鉄橋の水色のトラスが見える。

  • 写真

    沼部駅周辺は様々な線路が多摩川を渡る「鉄橋銀座」2015/7/14

    東急多摩川線沼部駅は、その路線名のごとく多摩川の土手近くにある。この駅の何よりの魅力は、ホーム上を東海道新幹線の線路が横断していること。頻繁に行き来する新幹線は多摩川線とは明らかに違う。

  • 写真

    青函トンネルの「海峡号」が復活 貴重車両の展示会も2015/7/10

    JR津軽海峡線で「海峡号」が一日限りで復活した。あわせてJR青森車両センターの一般公開が行われ、今では貴重となった列車や車両が数多く披露された。当日は各地から訪れた鉄道ファンでにぎわった…

  • 写真

    名作の舞台にもなった堀切駅前の荒川土手を巡る2015/7/7

    東武スカイツリーラインの堀切駅は、浅草と北千住の間に位置する小さな駅。周辺は小津安二郎監督の名作「東京物語」やドラマ「3年B組金八先生」の舞台にもなっていて、荒川土手の風景が味わい深い。

  • 写真

    アジアで日本のローカル列車旅32015/6/24

    山を眺めながら進んだ身延線と中央線、大糸線。同じように山を眺めながらローカル列車が走る路線が台湾にある。南東部の枋寮から台東を結ぶ南廻線だ。LCCを利用し、台湾に向かった。

  • 写真

    おしゃれな街・恵比寿に残る古びた橋と踏切を巡る2015/6/23

    渋谷と目黒に挟まれた恵比寿駅。ヱビスビールの工場があったために名付けられたもので、以前は工場の中まで鉄道の引き込み線が続いていたが、ガーデンプレイスに再開発され、駅周辺もおしゃれな街に生まれ変わった。

  • 写真

    東日本に残る115系電車と横須賀YYフェスタ2015/6/18

    国鉄時代に製造され、近郊型車両として活躍した115系は、年々数を減らしている。前半では東日本に残る115系電車を紹介。後半では「よこすかYYのりものフェスタ2015」で見られた車両を紹介する。

  • 写真

    大塚駅で都電荒川線線路の曲線と勾配を堪能2015/6/2

    JR大塚駅前は、山手線と都電荒川線の線路が交差するグッ鉄ポイント。山手線大塚駅の北口側、南口側ともに、都電がアクロバティックに急カーブを曲がっていく「名所」がいくつも見られる。

  • 写真

    機関車が集結、大宮鉄道ふれあいフェア2015/5/29

    大宮駅周辺で、「鉄道のまち大宮 鉄道ふれあいフェア」が行われ、JRの車両工場が公開された。当日は、蒸気機関車やディーゼル機関車、電気機関車など、各機関車が展示され、来場した鉄道ファンらを喜ばせていた……

  • 写真

    アジアで日本のローカル列車旅12015/5/27

    韓国の列車はKTXという日本でいう新幹線のほか、京釜(キョンブ)線、中央線などの幹線、そしてそこから延びるローカル線がある。ローカル線の各駅停車は、日本同様、乗客の減少に悩んでいる。

  • 写真

    新橋駅ホームから見える新幹線のシャープな肢体2015/5/19

    新橋は明治5年、日本で鉄道が発祥した記念すべき地である。ただしそれは、今はなき汐留にあった駅において。東京駅が開業した大正3年、汐留の駅は貨物駅に転じ、現在の新橋駅(旧烏森駅)が旅客専用となった。

  • 写真

    ふれあいミニフェスタと大雄山線12駅の旅2015/5/15

    伊豆箱根鉄道の大雄山駅で、「ふれあいミニフェスタ」が開催され、大雄山線のイベントが行われた。伊豆箱根鉄道は、箱根山を挟んで二つの路線を運行している鉄道会社で、「いずっぱこ」の名で親しまれている…

  • 写真

    東海道新幹線と並走する常磐線特急の姿が新鮮な浜松町2015/5/12

    浜松町駅ホームから見える東海道新幹線の走行は美しい。まっすぐに伸びた線路上をすべるように進んでいく。その新幹線や山手線など、8本の線路の上を東京モノレールが斜めに横切ってゆく景色もダイナミックだ。

  • 写真

    昭和初期の姿を残す鉄道 上毛電気鉄道2015/5/1

    群馬県の前橋と桐生を結ぶ上毛電気鉄道で4月26日、イベントが行われた。当日は、国の登録有形文化財にも登録されている大胡(おおご)電車庫が公開されたほか、保存車両のデハ101号が本線運行した……

  • 写真

    明治神宮の森と若者の街のアンサンブルが楽しめる原宿駅2015/4/28

    JR原宿駅の風景の美しさは、明治神宮の緑の森とのアンサンブルによって生まれるものだ。駅ホームの片側はうっそうと茂った森。反対側には巨大なビルボードが並ぶ。眺める方向で印象が異なるのが味わい深い。

  • 写真

    代々木駅前の二つの踏切は都心有数のグッ鉄ポイント2015/4/17

    代々木駅付近で見るべき鉄道風景でまず思い浮かべるのは駅前の二つの踏切だ。メガシティー新宿の隣という都心に、いまだに踏切があるというのもちょっと意外だが、この周りにはグッとくる鉄道風景が満載なのだ。

  • 写真

    相鉄の往年車両も公開 相鉄車両基地見学会20152015/4/16

    相模鉄道(相鉄)のかしわ台車両センターが公開された。車両センターでは、SLや2000系などの往年の車両のほか、相鉄の「ドクターイエロー」車両、メンテナンス中の車両の様子などを見ることができた…

  • 写真

    貨物好きには必見の北王子支線廃線跡を訪ねる2015/4/14

    京浜東北線の赤羽と王子の間にあるのが東十条駅。ここはあまり目立たない存在だが、意外に「グッ鉄度」の高い駅なのだ。特に貨物好きがぜひ見ておきたいのが、北王子支線という貨物線の廃線跡。

  • 写真

    明治時代の舶来品であるドイツ製架線柱が並ぶ水道橋駅2015/3/31

    JR水道橋駅は東京ドームの最寄り駅。発車前に流れるのはジャイアンツの球団歌「闘魂込めて」のメロディーだ。上下ホームの間に規則的に並ぶY字型の架線柱の整然としたたたずまいが美しい。

  • 写真

    無人駅鉄道の旅12 宗谷線2015/3/25

    地方交通線の旅も最後の路線を走る。日本でいちばん長い地方交通線である宗谷線。旭川から稚内まで259.4キロ。しかし天候は荒れ模様が続いた。日本海からの風雪を直接受けるこの路線も、しばしば運休になる。

  • 写真

    ホームが急カーブのただ中に位置する飯田橋駅2015/3/24

    久しぶりにJR飯田橋駅にやってきた。ここは、私が「グッとくる鉄道風景」としても特に一目を置いている、都内有数の急カーブのある地点。何より駅のホーム自体がカーブのただなかに位置しているところがすごい。

  • 写真

    北陸を結ぶ列車「はくたか」の転機、特急から新幹線へ2015/3/19

    首都圏と北陸地方との輸送を担う列車「はくたか」が大きな転機を迎えた。在来線最速の時速160キロで運転していた特急「はくたか」が運転を終了し、同列車名は北陸新幹線で使用されるようになった。

  • 写真

    JRダイヤ改定の動き 2015年春2015/3/5

    2015年3月14日(土)、JR各社がダイヤ改定を行う。寝台特急「トワイライトエクスプレス」の廃止、「北斗星」定期列車の運転終了のほか、在来線の特急列車では、「北越」、「はくたか」などがなくなる……

  • 写真

    東急、京急、JR、それぞれに個性的な蒲田駅2015/3/3

    東京23区の南側、多摩川に差し掛かる手前にあるのが蒲田という街。京浜工業地帯の入り口でもあり、駅前には大きなアーケード商店街や、スナック・居酒屋・風俗店などが密集する歓楽街が広がっている。

  • 写真

    無人駅鉄道の旅10 五能線、津軽線から北へ2015/2/25

    鈍色の日本海──。ローカル線の車窓に映る冬ざれた風景を眺めながら、東北の日本海岸を北上していった。前回は能代の『駅前旅館』に泊まった。そして五能線を北上していく。

  • 写真

    北陸新幹線開業の光と影 地元鉄道の今後2015/2/19

    北陸新幹線の長野―金沢間が3月14日に開業する。金沢などでは首都圏からの観光客増加の期待が高まっている一方で、新幹線の開業により、地元の鉄道利用者は負担を強いられる面もある。開業後の変化を紹介する…

  • 写真

    都電、新幹線、貨物列車……王子駅は東京北部の「鉄楽園」2015/2/10

    JR王子駅には京浜東北線しか停車しないが、東北線(宇都宮線、高崎線)や、湘南新宿ライン、そして高架上を東北・上越・北陸新幹線などが通過していき、なかなか見応えのある鉄道風景を楽しめる場所なのだ。

  • 写真

    無人駅鉄道の旅9 雪のローカル列車で東北へ2015/2/10

    地方交通線の旅は雪の東北へ。荒れる日本海を眺めながら北上していくルートを選んだ。スタートは古川。東北新幹線から陸羽東線、陸羽西線を走るローカル列車に揺られて日本海側へ。

  • 写真

    東京・神奈川・埼玉の珍しい駅 10選2015/2/5

    駅舎が東京駅そっくりの駅、ホームの長さが足らない駅、目の前が海の駅―― 東京都、神奈川県、埼玉県の1200余りの駅から、他の駅にはない何かが見られる珍しい駅を、10駅紹介する……

  • 写真

    昭和初期のモダンな雰囲気漂う秋葉原2015/2/3

    東北上越新幹線も東京駅まで行くようになり、来春、東北・常磐線も上野東京ラインで東京駅に直通する。上野は事実上終着駅でなくなりつつあるのだが、いまだに駅構内には北の玄関口という風格と歴史が漂っている。

  • 写真

    15駅目はどこ? 首都圏の私鉄・地下鉄クイズ2015/1/29

    あなたは首都圏の私鉄や地下鉄の駅をどのくらい知っていますか? 2015年の西暦にちなんで、都心の起点となる駅から15番目の鉄道駅を、クイズ形式で出題します。あなたは何問正解できますか?

  • 写真

    無人駅鉄道の旅8 四国ローカル線走破22015/1/28

    四国に5つある地方交通線のうち、2回目で乗るのは、予土線、内子線。といっても内子線は5.3キロしかない。日本でいちばん短い地方交通線だ。土讃線から予土線、そして予讃線から内子線。

  • 写真

    昭和初期のモダンな雰囲気漂う秋葉原2015/1/27

    東北上越新幹線も東京駅まで行くようになり、来春、東北・常磐線も上野東京ラインで東京駅に直通する。上野は事実上終着駅でなくなりつつあるのだが、いまだに駅構内には北の玄関口という風格と歴史が漂っている。

  • 写真

    JR上野東京ライン、3月14日開業2015/1/15

    2015年3月14日(土)、宇都宮線、高崎線、常磐線と東海道線との直通運転を行う「上野東京ライン」が開業する。湘南新宿ラインと並ぶ首都圏の新しい動脈が動き出すまで、あとわずか。試運転列車を含めて紹介…

  • 写真

    無人駅鉄道の旅7 四国ローカル線走破12015/1/14

    四国には鳴門線、牟岐線、徳島線、予土線、内子線の五つの地方交通線がある。1回目で乗るのは、鳴門線8.5キロ、牟岐線79.3キロ、徳島線67.5キロ。どの路線も本数は多くない。

  • 写真

    100周年を迎えた東京駅を味わう2015/1/06

    昨年12月に創建から100周年を迎えた東京駅。お正月に来てみると、世界各国の人たちが立派な駅舎を見て感嘆し、記念写真を撮ったりして、たいへんな人出となっていた。

  • 写真

    無人駅鉄道の旅62014/12/24

    九州を走る無人駅鉄道の旅。久大線から大分経由で豊肥線へ。地方交通線を選んでいくと、九州をジグザグに進むことになる。阿蘇山の麓(ふもと)を抜けて熊本。そして肥薩線へと入り込んでいく。

  • 写真

    東京駅開業100周年2014/12/18

    2014年12月20日、東京駅が開業100周年を迎える。東京駅は「中央停車場」として建設され、「東京駅」の名前で1914年12月20日に開業した。現在の様子とともに、歴史や今後を紹介する…

  • 写真

    無人駅鉄道の旅52014/12/10

    無人駅鉄道の旅は九州へ。今回は日田彦山線から九大線を進む旅。九州のおだやかな空気を期待して、まずLCCで博多。そこから鹿児島線の各駅停車で小倉まで。そこから地方交通線を使って南下していく。

  • 写真

    終着駅上野の歴史と風格を味わう2014/12/09

    東北上越新幹線も東京駅まで行くようになり、来春、東北・常磐線も上野東京ラインで東京駅に直通する。上野は事実上終着駅でなくなりつつあるのだが、いまだに駅構内には北の玄関口という風格と歴史が漂っている。

  • 写真

    未開業の地下鉄線を歩く 仙台市の東西線2014/12/04

    建設中の仙台市営地下鉄東西線の線路を歩く「トンネルウオーク」が11月30日、開催された。国際センター駅と青葉通一番町駅の間の約1.5キロを、橋やトンネルなどを見学しながら、約1時間半かけて歩いた…

  • 写真

    無人駅鉄道の旅42014/11/26

    地方交通線というローカル線の車窓から山々を眺める旅。富士山、南アルプスのふもとを走る身延線、中央線から大糸線へ。北アルプスの東側を、列車は北上していく。そして終着の日本海へ。

  • 写真

    北千住の巨大踏切で貨物、特急、地下鉄車両をまとめ見2014/11/25

    北千住駅は、JR常磐線のほか、地下鉄千代田線・日比谷線、東武スカイツリーライン(伊勢崎線)、そして東武線と乗り入れしている地下鉄半蔵門線、つくばエクスプレスといった多路線の集まる巨大ターミナル。

  • 写真

    機関車やブルートレインが間近に JR尾久車両センター公開2014/11/20

    JR東日本の尾久車両センターで、11月15日、「ふれあい鉄道フェスティバル」が開催された。新旧機関車、ブルートレイン、旧型客車のほか、お召し列車の展示もあり、鉄道ファンや家族連れでにぎわいを見せた…

  • 写真

    無人駅鉄道の旅32014/11/12

    ローカル線の車窓から山を見にいく旅に出た。乗るのは地方交通線と呼ばれるJRのローカル線。途中で泊まるのは駅前旅館である。

  • 写真

    近鉄の特急車両が集結 「きんてつ鉄道まつり2014」2014/11/6

    近畿日本鉄道(近鉄)の五位堂検修車庫と高安車庫で、11月1日と2日、「きんてつ鉄道まつり2014」が開催された。複数の団体臨時列車の運行もあり、集まった鉄道ファンを喜ばせていた…

  • 写真

    無人駅鉄道の旅22014/10/29

    只見線は会津若松と小出をつなぐ。距離は約135キロ。途中、会津川口と只見の間は代行バスが運行している。列車は会津若松と会津川口、只見と小出の間を折り返し運転している。列車の本数は少ない。

  • 写真

    機関車「茶釜」が集結 高崎鉄道ふれあいデー2014/10/23

    JR高崎駅の留置線で「高崎鉄道ふれあいデー」が開催され、「茶釜」と呼ばれる茶色の機関車が集結した。1960年代まで主流だった茶色(ぶどう色)のさまざまな機関車が整列し、来場した鉄道ファンを湧かせた…

  • 写真

    なつかしの東急電車の姿も、東急長津田工場公開2014/10/2

    東急電鉄の長津田車両工場で9月28日、「2014東急電車まつり in 長津田」が開催され、工場が公開された。車両の展示では、現役を退いた車両もみられ、登場時のなつかしい姿に戻された車両もあった…

  • 写真

    北陸新幹線の「鼻」間近に JR東日本新幹線工場公開2014/9/18

    宮城県利府町にあるJR東日本新幹線総合車両センターが13日、一般公開された。当日は工場が公開され、新型のE7系、E6系、E5系などの車両が展示され、新幹線の「鼻」に手で触ることもできた……

  • 写真

    広がる鉄道模型の楽しみ 第15回国際鉄道模型コンベンション2014/9/04

    鉄道模型のイベント「第15回国際鉄道模型コンベンション」が8月22日~24日、東京ビッグサイトで行われ、鉄道模型サークルや模型のメーカーなどあわせて約100のブースが展示された……

  • 写真

    「お召し」車両も登場 JR東京総合車両センター公開2014/8/28

    東京都品川区のJR東京総合車両センターで8月23日、車両工場が一般公開された。「お召し列車」でも使われるE655系車両がサプライズとして展示されるなど、来場した鉄道ファンや親子連れを喜ばせた…

  • 写真

    JR横浜線、世代交代で205系車両引退2014/8/14

    JR横浜線で長年運行してきた205系が、8月23日の運行を最後に、横浜線から退く。205系は、山手線や埼京線などにも投入された国鉄型の通勤形電車で、横浜線では1988年にデビューした……

  • 写真

    「ドクターイエロー」車内が初公開 JR浜松工場のイベント2014/7/31

    浜松市のJR浜松工場で7月26日と27日、「新幹線なるほど発見デー」が開催され、東海道新幹線の工場が一般公開された。開業50年を迎える今年は、「ドクターイエロー」の車内が初めて一般に公開された。

  • 写真

    八ツ場ダム建設で水没するJR吾妻線2014/7/10

    八ツ場ダムの建設に伴い、JR吾妻線の一部区間の線路が、2014年9月に付け替えられる。現在の川原湯温泉駅はダムの完成によって水没し、JRで一番短いとされるトンネルにも列車が通らなくなる。

  • 写真

    日本のSL「貴婦人」が台湾で復活2014/6/26

    台湾の鉄道記念日の6月9日、戦前の日本でつくられた蒸気機関車(SL)CT273(愛称:貴婦人)が30年ぶり復活し、台湾中部の彰化―二水間を走った。

  • 写真

    東京駅に旧型客車が入線 よこすかYYのりものフェスタ2014/6/19

    神奈川県横須賀市で14日と15日、「よこすかYYのりものフェスタ2014」が開催された。鉄道や自動車、海上自衛隊の艦船など、さまざまな「のりもの」が横須賀に集まり、来場した家族連れらを喜ばせた。

  • 写真

    黄色の京急電車も登場 3色が集結2014/6/5

    京急ファインテック久里浜事業所で5月25日、「京急ファミリー鉄道フェスタ2014」が開催され、京浜急行電鉄の車両工場が一般に公開された。

  • 写真

    大宮で鉄道フェア JR車両センター公開2014/5/29

    JR大宮総合車両センターなどの大宮駅周辺で24日、「鉄道のまち大宮 鉄道ふれあいフェア」が行われ、全体でのべ8万人が訪れた。工場内の様子や修繕中の車両が公開され、親子で楽しめるイベントが開催された。

  • 写真

    日本全国難読駅名西日本編2014/5/27

    長く歴史の表舞台だった西日本には、数多くの難読駅名が根付いている。「轟」「特牛」「府中」など、奇想天外な読み方の駅も少なくない。駅名の由来を考えると、訪れなくてもその駅に親しみがわいてくる。

  • 写真

    さようなら江差線 最終運行日とその後2014/5/15

    北海道のJR江差線・木古内―江差間が5月11日の運転を最後に廃止された。最終日は全国から鉄道ファンが駆けつけ、各列車の車内は満員に。地元の人たちが最終列車を見送り、華々しく幕を閉じた。

  • 写真

    日本全国難読駅名東日本編2014/5/12

    全国には、漢字の音読み訓読みどおりに読めない駅名が各地にあります。鉄道ファンでも読めない駅名は少なくありません。今回は東日本の鉄道路線にある難読駅を集めました。

  • 写真

    スタフ交換もさようなら~江差線2014/5/3

    JR北海道・江差線の木古内~江差間(42.1キロ)が、5月11日に営業を終了し、約80年間の歴史に幕を閉じる。1日6往復の列車や沿線は名残を惜しむ鉄道ファンで最後のにぎわいをみせている。

  • 写真

    都市と公園をつなぐ路線 東武アーバンパークライン2014/4/24

    東武野田線は「東武アーバンパークライン」へ―― 4月1日、東武野田線に愛称が導入され、同線は「東武アーバンパークライン」と駅などで案内されるようになった。どんな路線なのか、写真で紹介する。

  • 写真

    桜と共演する7色の「井の頭線」2014/4/3

    渋谷―吉祥寺間を結ぶ京王井の頭線は、計7色のカラフルな電車が運行している。京王井の頭線の車庫、富士見ケ丘車両基地で3月29日に行われた一般公開の様子とあわせて、井の頭線の車両を紹介する。

  • 写真

    まもなく発進「SL銀河」2014/3/27

    4月12日から運行を開始する「SL銀河」の試運転が2月上旬から3月上旬にかけて、JR釜石線(花巻―釜石間90.2キロ)で行われた。土日祝日を中心に一日片道1本、年間約80本走る予定だ。

  • 写真

    新幹線形など観光列車「三兄弟」 四国ローカル線を運行2014/3/19

    2014年3月15日、四国のJR予土線で、0系新幹線に似せた「鉄道ホビートレイン」がデビューした。新たに運行を始めた新幹線形を含め、予土線で走る3種類の観光列車を写真で紹介する。

  • 写真

    さよなら寝台特急「あけぼの」2014/3/14

    3月15日のJRグループのダイヤ改正で、上野と青森を結ぶ寝台特急「あけぼの」が定期運行を終了する。これによりブルートレインの愛称で親しまれ、隆盛を誇った寝台特急は上野と札幌を結ぶ「北斗星」のみとなる。

  • 写真

    JRダイヤ改定の動き 2014年春2014/3/6

    2014年3月15日(土)、JR各社がダイヤ改定を行う。寝台特急「あけぼの」が定期列車の運転を終了するほか、秋田新幹線から初代のE3系車両が引退する。ダイヤ改定に伴う動きを写真で紹介する。

  • 写真

    「上野東京ライン」開業まで一年、東北縦貫線のいま2014/2/20

    2015年春、上野―東京間を結ぶ東北縦貫線が開業し、同線を経由して直通する新ルート「上野東京ライン」が動き出す。開業を一年後に控え、工事が着々と進んでいる東北縦貫線の現地の様子を、写真で紹介する。

  • 写真

    「SL銀河」初公開 盛岡駅で車両展示会2014/2/6

    今年4月以降に運転が始まる「SL銀河」の蒸気機関車と客車が、盛岡駅で初めて一般公開された。展示会には、子供から大人まで約2500人が集まった。当日公開された「SL銀河」を写真で紹介する。

  • 写真

    駅ホームドア新方式 関東・大阪の駅で実験中2014/1/23

    駅ホームから線路への転落を防ぐホームドア。車両によってドアの数が異なる駅にも導入できる、新しいホームドアが複数開発され、いま関東と大阪の4駅で実験が行われている。新しいホームドアを、写真で紹介する。

  • 写真

    さようなら交通科学博物館 大阪・弁天町2014/1/7

    JR大阪環状線の弁天町駅にある交通科学博物館が、今春閉館する。同館は大阪環状線の全通記念事業の一つとして1962年に開館した。閉館まで残り100日を切った交通科学博物館を、写真で紹介する。

  • 写真

    江ノ電のクリスマスシーズン2013/12/19

    神奈川県の藤沢から鎌倉までの約10キロを結ぶ「江ノ電」。クリスマスシーズンに入り、江ノ電の駅にはイルミネーションが、また電車にはクリスマスリースなどが描かれ、観光客の気分を盛り上げている……

  • 写真

    鉄道ファン必見! 空から眺める私鉄駅・車両基地2013/12/10

    大手私鉄16社と準大手私鉄5社、大都市の公営地下鉄などの全2341駅と車両基地149基地を紹介する「週刊私鉄全駅・全車両基地」が創刊した。全号に車両基地の空撮写真が掲載されている。

  • 写真

    東武の半世紀を伝える車両が集う 東武ファンフェスタ2013/12/5

    東武鉄道の工場と車両基地がある南栗橋車両管区で1日、「2013 東武ファンフェスタ」が開催された。 車両展示、架線作業車や車両洗浄線の体験乗車、工場見学、作業車両の実演などが展開された。

  • 写真

    特急「ひたち」号の歴代車両が集結2013/11/28

    茨城県水戸市で23日、「みと鉄道ふれあいまつり」が開催され、内原(うちはら)電留線が一般公開された。常磐線の「ひたち」号が、登場してから今年で50年になることを記念して、初めて同電留線が公開された。

  • 写真

    浅草線の終点に車両が集結 都営交通フェスタ2013/11/7

    東京都大田区にある東京都交通局の車両基地「馬込車両検修場」で2日、「都営交通フェスタ2013 in 浅草線」が開かれ、浅草線や大江戸線で活躍する車両などが展示された。

  • 写真

    青森~函館間の鉄道のいま2013/10/31

    北海道新幹線の新青森~新函館間の工事が本格化している。新青森駅止まりとなっている新幹線が、2015年度末に新函館駅(仮称)まで延伸し、東京~函館間は現在より1時間短い約4時間で結ばれる。

  • 写真

    JR首都圏電車の工場、新津車両製作所公開2013/10/17

    首都圏のJR路線を走る通勤電車の製作工場、JR東日本新津車両製作所(新潟市)が、一般公開された。新津車両製作所は日本で唯一の鉄道会社直営工場で、当日は埼京線・川越線用の新型車両を製造していた。

  • 写真

    のんびりガタゴト、ドイツローカル線の旅2013/9/30

    ドイツ国鉄が近代的な車両を次々と導入していく一方で、昔ながらの列車に各地で出会えるのもドイツの列車旅の魅力だ。ドイツ北部のリューゲン島を走るSLやリューゲン軽便鉄道など、現役でがんばっているレトロな車体がまだまだある。

  • 写真

    廃止間近の青函トンネル海底駅へ2013/9/26

    本州と北海道を結ぶ、世界一長い青函トンネル。そのトンネル内に設置されている竜飛海底駅が、この秋で営業を終了することになった。見学者専用となっている同駅で、一般の見学コースに参加した…

  • 写真

    夢の高速列車ICEがつなぐダイナミックな鉄道旅2013/9/24

    ヨーロッパで鉄道旅の人気が高まっている。時刻表や路線が欧州連合(EU)統合後に利便性を増し、鉄道パスも使い勝手がよくなり旅行しやすくなっている。また鉄道各社も会議車両の提供などサービスに余念がない。

  • 写真

    JR郡山総合車両センター公開2013/9/5

    5方面の列車が乗り入れる福島県の郡山駅。その郡山駅の近くにあるJRの工場・車両基地「郡山総合車両センター」が8月31日、一般公開された。公開当日の郡山総合車両センター内部と郡山駅周辺の様子を紹介する。

  • 写真

    JR東京総合車両センター公開2013/8/28

    東京都品川区にあるJR東日本の車両基地「東京総合車両センター」が8月24日、一般公開された。埼京線や南武線で運行されている205系や、横須賀色の115系、EF65形電気機関車などが展示された。

  • 写真

    JR浜松工場 新幹線なるほど発見デー2013/7/25

    東海道新幹線唯一の工場である浜松工場が一般公開された。「ドクターイエロー」の展示、新幹線の車体を持ち上げる作業の実演、修繕が進められているN700系車両の様子などを見ることができた。

  • 写真

    旧万世橋駅周辺を写真で振り返る2013/7/19

    東京・秋葉原に近い旧万世橋駅跡地が生まれ変わろうとしている。1912(明治45)年に中央線のターミナル駅として開業したが、1943(昭和18)年に駅としての営業を停止。旧駅周辺の変遷を朝日新聞社所蔵の写真で振り返る。

  • 写真

    北陸新幹線延伸で変わる、北陸・信越地域の鉄道2013/7/4

    2014年度末に北陸新幹線の長野~金沢間が開業する。新しい駅名が決定したり、新幹線の列車名が募集されたりするなど、ますます話題になる北陸新幹線の延伸。開業まであと1年8カ月のいまの様子を写真で紹介。

  • 写真

    白石蔵王駅 新幹線祭り2013/6/20

    JR東日本の検測車「イーストアイ」が6月8日、宮城県白石市の白石蔵王駅であったイベントで展示された。速い速度で走りながら線路や架線の状態を検測できる。運転区間や時刻は公表されておらず、普段はめったに見られない車両だ。

  • 写真

    あまちゃんの「お座敷列車」に乗ってみた(3)2013/6/14

    お座敷列車を管理・運行するのは北リアス線運行部。降車後に取材で訪れると、お座敷列車のほかにもロケで使われた車両や倉庫が……。あまちゃんのオープニングでも登場する灯台や海女センターのある小袖海岸にも足をのばしてみた。

  • 写真

    あまちゃんの「お座敷列車」に乗ってみた(2)2013/6/14

    全席指定のお座敷列車だが、片道はわずか300円。久慈駅-田野畑間を往復することにした。「あまちゃん」でもたびたび登場する沿線の景色。ただ東日本大震災の前が描かれたドラマには出てこない、震災の爪痕がそこには残っていた。

  • 写真

    京急ファミリー鉄道フェスタ20132013/6/7

    「京急ファミリー鉄道フェスタ2013」が5月26日、神奈川県横須賀市の京急ファインテック久里浜事業所で行われ、車両基地と工場が公開された。会場では、数少ない青色の「ブルースカイトレイン」や黄色の保守作業車両を見ることができた。

  • 写真

    JRおおみや鉄道ふれあいフェア20132013/5/29

    「JRおおみや鉄道ふれあいフェア2013」が5月25日、JR大宮駅に隣接した車両基地で開かれ、JR東日本の大宮総合車両センターとJR貨物の大宮車両所が公開された。会場では、蒸気機関車「C11」が検査を受けている様子や、往年の寝台列車や特急列車の…

  • 写真

    フェラーリの新幹線 イタリアの超特急『イタロ』2013/5/15

    マスコミで「フェラーリの新幹線」と話題になりながら開業したイタリアの超特急『イタロ』が、4月28日で開業1年を迎えた。『イタロ』を営業運転しているのは、2006年に設立された、新旅客輸送を意味するヌゥーヴォ・トラスポルト・ヴィアッジャトーリ、略称NTVと…

  • 写真

    梅小路でSLの魅力「鉄だからこそのものがたり」2013/4/19

    「梅小路蒸気機関車館」は、蒸気機関車(SL)の動態保存で知られる人気スポットだ。その隣接地に、2016年春、国内最大級の鉄道博物館ができる。現役車両や様々な形式の「1号機」などを展示する。日本の大動脈を支えたSLが使命を終えたのは1975年。

  • 写真

    小田急線地下線路を歩いた2013/3/21

    小田急電鉄と東京都が長年工事を進めてきた小田急小田原線の立体交差化工事で、3月23日に下北沢駅(世田谷区)周辺が地下化される。運行開始に先立ち、完成したばかりの地下線を実際に歩いてみた。

  • 写真

    観光特急「しまかぜ」いよいよ運行開始2013/3/19

    近畿日本鉄道(近鉄)の新型観光特急「しまかぜ」が3月21日(木)、運転を開始する。「しまかぜ」は、大阪・名古屋と伊勢志摩とを結ぶ、ハイグレード車両を使用した観光特急列車。

  • 写真

    まもなく見納め、地上の東横線渋谷駅2013/3/14

    3月16日、東横線の渋谷~代官山間が地下化され、地上の東横線渋谷駅は85年の歴史に幕を下ろす。まもなく見納めとなる地上ホームなどの様子を写真で紹介する。

  • 写真

    まもなく完成!小田急・下北沢駅地下化工事2013/3/7

    小田急電鉄と東京都が長年工事を進めてきた小田急線の立体交差化工事。最後まで残る下北沢駅(世田谷区)周辺の2・2キロの区間が、いよいよ3月23日から地下化される。2004年に着工されたこの区間では、実際に電車が走る線路の下に、トンネルを掘るという難工事で…

  • 写真

    さよなら200系……国鉄型車両引退2013/3/1

    3月16日のJRダイヤ改定で、200系新幹線や近畿地区の183系、東海地区の117系など、さまざまな国鉄型車両が引退する。その雄姿を写真で振り返る。

  • 写真

    写真で渋谷駅の歴史をたどる2013/2/28

    3月16日、東急東横線と東京メトロ副都心線の直通運転が始まる。1885(明治18)年、日本鉄道品川線(現JR山手線)の駅ができて130年近く。変化を続ける渋谷駅を朝日新聞社所蔵の写真で振り返る。