M-1王者となった「銀シャリ」がどん兵衛の“どん”に

  • 2016年12月13日

写真:「2016年M-1グランプリのどん 祝優勝 銀シャリ」のパッケージ
「2016年M-1グランプリのどん 祝優勝 銀シャリ」のパッケージ

写真:優勝直後に「ど」「ん」の人文字をつくる銀シャリ
優勝直後に「ど」「ん」の人文字をつくる銀シャリ

写真:人文字撮影後の鰻和弘さん(左)と橋本直さん
人文字撮影後の鰻和弘さん(左)と橋本直さん

写真:朝日新聞東京本社版朝刊セット版(12月13日付)に掲載の全面広告
朝日新聞東京本社版朝刊セット版(12月13日付)に掲載の全面広告

写真:朝日新聞東京本社版朝刊セット版(12月13日付)に掲載の全面広告
朝日新聞東京本社版朝刊セット版(12月13日付)に掲載の全面広告

写真:「M-1グランプリ2016」決勝戦で12代目王者の栄冠に輝いた銀シャリ
「M-1グランプリ2016」決勝戦で12代目王者の栄冠に輝いた銀シャリ

[PR]

 12月4日、若手漫才の日本一を決める「M-1グランプリ2016」の決勝戦が行われ、銀シャリが12代目王者の栄冠に輝いた。8回目の挑戦での優勝に二人は涙ぐみ、橋本直(はしもと・なお)さんは「M-1で優勝したいと芸人を始めたので夢のよう。まだまだ未熟なのでもっとうまくなりたい」と、鰻和弘(うなぎ・かずひろ)さんは「ずっととれないと思っていたのでメチャクチャうれしい。これで一生食えるかも!」と喜びを語った。

 今年は賞金1000万円のほかに、副賞として協賛社の日清食品「日清のどん兵衛」のパッケージに優勝者が起用されることが告知されていた。どん兵衛は今年発売40周年を迎えたが、これまでパッケージに人物が登場したことはないという。

 銀シャリの二人はM-1グランプリ終了後、パッケージの撮影が行われるという都内のスタジオへ。大勢のスタッフに祝福の拍手で迎えられた。日清食品の担当者から「優勝おめでとうございます。お祝いにどん兵衛のパッケージ出演権をお贈りします」の言葉とともに、なぜか撮影衣装として緑色の全身タイツが渡された。「これじゃ僕らってわからないんじゃない?」と怪訝(けげん)そうな面持ちながらも、二人はタイツに着替えて撮影場所へ。するとどん兵衛の巨大パッケージの上に、寝転がるようスタッフから指示される。優勝後の初仕事は「ど」と「ん」の文字を体で表現することだったのだ。

 しかしそこは芸人、そうと分かると腹をくくり、俄然(がぜん)やる気を出す。まずは鰻さんが体で湾曲をつくり、左足を曲げて「ど」の文字をつくる。スタッフからは「美しい!」との声が。続いて橋本さんが体育(三角)座りのような姿勢で、左手を伸ばして「ん」の文字をつくった。二人の体を張った完璧ともいえる創作によって、撮影は順調に終了した。

 撮影後、鰻さんは「まさか体で文字をつくるとは思わなかったけど、どん兵衛は大好きなのでメチャうれしいです。ほかの人がやっていたらあんなきれいな『ど』にはならなかったでしょう」と、橋本さんは「なぜ鰻が『ど』で僕が『ん』だったのか、日清の人に聞きたいですね(笑)。自分もなかなか良い『ん』ができたと思うけど『うどん』なのに『銀シャリ』でまぎらわしいのが申し訳ないです」と話した。

 銀シャリによる人文字は、朝日新聞東京本社版朝刊セット版(12月13日付)の広告にも掲載。さらに日清食品グループオンラインストアの特設ページでは、ひらがなで文字を入力すると銀シャリの人文字で表現する「どんもじメーカー」が公開されている。

 また二人の「どん」の文字を用いた「2016年M-1グランプリのどん(日清のどん兵衛きつねうどん特別パッケージ)」は4000ケース(1ケース12食入り)限定で、日清食品グループオンラインストアで予約受け付け中。2017年1月中旬には発送されるという。(文 ライター・関川隆)

&Mの最新情報をチェック


&Mの最新情報をチェック

Shopping