“御守しおり”付き『少年少女 日本の歴史』の限定セット

  • <PR>
  • 2016年12月20日

写真:人気の学習まんが『少年少女 日本の歴史』全23巻セット(左)。特別限定付録として「学業成就 御守しおり」が付く(右) 人気の学習まんが『少年少女 日本の歴史』全23巻セット(左)。特別限定付録として「学業成就 御守しおり」が付く(右)

写真:東大赤門前の櫻木神社で開かれた学業成就を願う祈祷会 東大赤門前の櫻木神社で開かれた学業成就を願う祈祷会

写真:三省堂書店 神保町本店では学習まんがフェアを開催 三省堂書店 神保町本店では学習まんがフェアを開催

 クリスマスに正月と、イベントシーズンが間近に迫っていて、子どもや孫へのプレゼントを探している人も多いのではないだろうか。「知的な贈り物」として知られ、小・中・高と長く役立てられるロングセラー学習まんが『少年少女 日本の歴史』(小学館)に、限定セットが登場した。

 子どもが最初に出合う歴史書として親しまれている「学習まんが」。楽しみながら史実に触れられることに加え、近年では受験対策の参考書としても注目を集めているという。小学館版『少年少女 日本の歴史』の累計発行部数は1948万部以上で、発売以来34年にわたってシェアナンバーワン(※)を誇る。

 大きな要因になっているのが豊富に収められた史料だ。教科書にはない国宝や文化財の写真まで、数多く掲載している。また、人気シリーズのため1年で3回ほど重版され、その度に情報を細かく差し替えることも支持されるポイントだという。学習指導要領や教科書の記述に変更があった場合はもちろん、市町村の合併やノーベル賞受賞者、博物館の休館情報まで対応する徹底ぶりで、受験生や保護者にも喜ばれている。

 シリーズを手に取る小・中・高生の未来に願いを込めて、小学館児童学習局で編集長を務める安達健裕さんは語る。「私たちがこのシリーズを丈夫なハードカバーの装丁にしているのは、とにかく長く読んでもらいたいからです。繰り返し読むことで、シーンが自然と頭に入ってきます。小さいお子さんにはまず、普通のまんがとして楽しんでほしいですね。そして歴史を勉強する学年になったら、教科書の横に置いてください。受験生になったら、得意な分野・時代から読んでみることをおすすめします。写真や図版も豊富に使っているので、そこから前後に知識を広げていくのがいいと思います。ぜひ上手に活用してください」

 限定セットはセンター試験を1カ月後に控えた12月14日から「三省堂書店 神保町本店」などで販売がスタートした。店頭に並べられる前には、学業の神様をまつる櫻木神社(東京・文京区)で、全巻セットと付録「東大赤門前 櫻木神社 学業成就 御守しおり」の祈祷(きとう)会が開かれた。

 御守しおりが付くのは限定1000セット、全国の書店で予約受け付け可。

※小学館調べ

小学館版 学習まんが『少年少女 日本の歴史』
全23巻セット18950円(税別)

&Mの最新情報をチェック


&Mの最新情報をチェック

Shopping