このページについて配信会社から提供された企業や団体等のプレスリリースを原文のまま掲載しており、朝日新聞社が取材・執筆した記事ではありません。お問い合わせは、各情報配信元にお願いします。

10社限定!理系・環境系の企業のみの就活イベント 「エコリク2019」が東京・大阪で開催! 出展企業の募集を9月1日よりスタート

  • 配信元:@Press
  • 2017年9月1日

(@Press) - 環境分野に特化した人材派遣・紹介・新卒採用支援および求人広告掲載事業を行う株式会社グレイス(所在地:東京都千代田区、代表取締役:安井 悦子)は、理系・環境系の企業のみが出展可能な就活イベント「エコリク2019」への出展企業の募集を2017年9月1日(金)よりスタートしました。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/136598/LL_img_136598_1.jpg
エコリク2019



■エコリクは「環境ビジネス」という専門性に特化した採用活動の支援
「エコリク2019」は、「環境」をキーワードにした国内唯一の就活イベントです。
環境ビジネスに関わる企業のみが出展し、環境業界で働きたい学生のみが参加することで、大手採用サイトが開催する採用イベントとは異なり、企業の採用に対する熱意も、参加する学生の熱意も高いイベントになります。

エコリクは出展企業様から、学生と企業の距離が近く、しっかりコミュニケーションをとることができるイベントである、とご好評いただいています。2019年度は企業の要望にお応えし、大阪での開催も決定。東京と大阪の2か所で開催することで、より多くの学生にアプローチが可能となります。


■中小企業は新卒採用に苦戦している、という現状
売り手市場と言われて久しい新卒採用において、大卒求人倍率は上昇し続けており、学生の大手志向の高まる中、優良企業であっても中小企業は採用に苦戦する状況が続いています。
さらに、2019年卒の学生の就職活動は「早期化」を超える「超超早期化」とも言われ、インターンシップなどの活動も活発化しています。
中小企業はインターンシップなどの受け入れ体制も整っていない企業が多く、そういった点でも規模の大きい企業に後れを取っているのが現状です。


■なぜ優良企業にもかかわらず採用に苦戦してしまうのか
一般消費者をターゲットとする商社やメーカーなどのBtoC企業は知名度が高く、企業(法人)を相手にして事業や商取引を行う事の多いBtoB企業は、優良かつ将来性のある企業が多く存在しているにもかかわらず、大手求人サイトは知名度が高い企業が目立つ傾向にあり、学生の目に触れる機会が少なく、優良企業であっても採用に苦戦してしまうのです。

環境系企業の中には、新しい技術を取り入れたり、環境分野の発展に新発想のビジネス展開で取り組んだりと、将来性のある取り組みを行っている企業が多く存在します。しかしながら、学生に企業の魅力を知ってもらう機会が少ないのです。


■全ての学生が「大手志向」ではない
理系分野を専攻する学生には「研究を活かして環境問題に貢献したい」「仕事として環境改善に携わりたい」など、環境に対して熱意を持った学生が多い傾向にあります。
就職相談で来社する学生からは、専門性を活かした就職活動を行いたいが希望に合った企業がうまく見つけられない、という情報過多社会ならではの悩みも多く聞かれます。
大手志向が高まる就職活動ではありますが、専門性の高い分野を学ぶ学生は「大手にこだわらず、やりたいことができるかどうか」を目標に就職活動を行う傾向にあります。

環境ビジネスに関心のある学生が多く集まるイベントは多くありません。
理系・環境系の新卒採用をお考えの企業様は、ぜひご出展をご検討ください。


【エコリク2019 環境ビジネス企業研究会 開催概要】
<東京>
日時:2018年2月17日(土)12:00~17:00
会場:コングレスクエア中野(東京都中野区)

<大阪>
日時:2018年2月10日(土)12:00~16:00
会場:うめきたSHIPホール(大阪府梅田)

詳細は下記のWebページにてご確認ください
https://ecoriku.jp/2019/company.html


【お問い合わせ】
エコリク2019に関してのお問い合わせ窓口フォームを開設しています。
出展に関する疑問や新卒採用に関するお問い合わせは下記より受け付けております。
https://goo.gl/NXreEj


@Pressリリース詳細ページ

(提供:@Press

画像

この記事を気に入ったら
「いいね!」しよう

今、あなたにオススメ(PR)

Pickup!