このページについて配信会社から提供された企業や団体等のプレスリリースを原文のまま掲載しており、朝日新聞社が取材・執筆した記事ではありません。お問い合わせは、各情報配信元にお願いします。

スマートグラス用配信アプリ 「PORECT*(ポレクト)」をパッケージ販売

  • 配信元:@Press
  • 2017年9月7日

(@Press) - 株式会社クレステック(本社:静岡県浜松市、代表取締役社長:高林 彰、以下、クレステック)は、2017年9月15日よりスマートグラス(エプソン製MOVERIO)を使用してグループでARを楽しめる“体験型コンテンツ配信サービス”「PORECT(ポレクト)」の販売を開始いたします。
クレステックは、これまでにG7交通大臣会合やジュビロ磐田、長野県諏訪市とスマートグラスを用いたソリューションを提供してまいりました。(詳細は後述)
このたび、お手持ちのデータ(写真、ビデオなど)から、誰でも簡単にARコンテンツを作成できるパッケージ商品を株式会社システム・サイエンス(代表取締役:牧野 武志)と共同開発いたしました。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/137206/LL_img_137206_1.jpg
PORECT

* PORECTとは、スマートグラスを介して人々を繋ぎ(connect)、コンテンツの同時体験によって感動をもたらす(porter)ことを目指して生まれた造語です。


■商品の特長
Android(TM)搭載のタブレットからエプソン製スマートグラス上のコンテンツの再生・停止を制御し、1台のタブレットからは最大20台までのスマートグラスを管理できます。主に観光ガイドや伝統芸能での観劇、工場見学ツアー等でご利用いただけます。ガイドによる音声案内にスマートグラスの映像コンテンツを付加することで、よりわかりやすい解説ができるようになります。

さらに、お手持ちの写真やビデオがそのままARコンテンツになります。360度カメラRICOH THETAで撮影した写真、ビデオであれば、それぞれのスマートグラスで利用者が向いている方向の映像が表示され、その場にいるような疑似体験が共有されます。
また、Microsoft(R) PowerPoint(R)で誰でも簡単にPORECTのコンテンツを作れる「マニュアルキット」を同梱いたしました。

https://www.atpress.ne.jp/releases/137206/img_137206_2.jpg
https://www.atpress.ne.jp/releases/137206/img_137206_3.jpg


■パッケージ概要
・一斉配信システム(送信アプリ、受信アプリ)

<マニュアルキット>
・オペレーション マニュアル(冊子)
・かんたん動画作成ガイド(冊子)
・サンプルデータ集(CD-ROM)


■システム構成図
https://www.atpress.ne.jp/releases/137206/img_137206_4.jpg


■動作要件
対応スマートグラス: エプソン製MOVERIO BT-300/350
対応タブレット : Android(TM) 5.1搭載、1,280×800ピクセル、
メモリ2GB以上
必要ハードウェア : ネットワーク分離機能を有するモバイルルーター
必要ソフトウェア : Microsoft(R) PowerPoint(R) 2013/2016


■商品構成と販売価格
1台のタブレットと3台までのスマートグラスで使用できる3ライセンスパック(定価38万円)を始め、5ライセンス、10ライセンス、15ライセンスをパッケージとしています。16ライセンス以上のご要望には、追加ライセンスとして別途対応します。尚、全てのライセンスパックには、ソフトウェアのインストールサービスとマニュアルキットが含まれています。


■これまでの取り組み
クレステックでは、次世代マニュアルの表示媒体としてウェアラブル端末に着目し、2015年6月からスマートグラスとAR技術を用いたコンテンツ配信ソリューションの開発を行っています。

2015年6月:エプソン製スマートヘッドセット(業務用モデル)を用いて、遠隔地から実技研修や技術教育を実現する人材育成ソリューションを開発。

2016年10月:国土交通省 自動車局よりエプソン製スマートグラス上の多言語コンテンツ制作および同時配信アプリ開発を受託。G7交通大臣会合にて運用され、端末毎に指定した言語のコンテンツを同時に再生。

2017年4月:サッカー「ジュビロ磐田」を運営する株式会社ジュビロよりコンテンツ配信サービスを受託。スタジアムツアーで20台のスマートグラスへ同時にコンテンツを再生。株式会社システム・サイエンスとアプリを共同開発。

2017年5月:長野県諏訪市 観光課と高島城祭にてスマートグラスを用いた観光ガイドの実証実験を実施。干拓工事前の諏訪湖畔にそびえる高島城をCGで再現して「諏訪の浮城」と呼ばれた所以を実感いただくコンテンツを制作。
スマートグラスとARを活用したコンテンツ配信サービス「UX SERVICES」を発表。( http://www.crestec.co.jp/uxservices/ )


■文中の表記について
・お客様名への敬称は、省略させていただきました。
・Androidは、Google Inc.の商標です。
・MicrosoftおよびPowerPointは、米国Microsoft Corporationの米国およびその他における商標または登録商標です。
・RICOHおよびTHETAは、株式会社リコーの登録商標です。
・PORECTは、株式会社クレステックの商品名です。
・その他の会社名および商品名は、各社の商号、商標または登録商標です。


■会社概要
商号 : 株式会社クレステック
代表者 : 代表取締役社長 高林 彰
所在地 : 静岡県浜松市東区笠井新田町676番地
設立 : 1984年9月
事業内容: マニュアルをはじめ、さまざまなコンテンツの企画・開発から、
原稿執筆、翻訳、さらに印刷・キッティング、再販代行まで
一貫したサービスを世界規模で展開
資本金 : 2億1,540万円
URL : http://www.crestec.co.jp/


@Pressリリース詳細ページ

(提供:@Press

画像

この記事を気に入ったら
「いいね!」しよう

今、あなたにオススメ(PR)

Pickup!