このページについて配信会社から提供された企業や団体等のプレスリリースを原文のまま掲載しており、朝日新聞社が取材・執筆した記事ではありません。お問い合わせは、各情報配信元にお願いします。

来日ベトナム人技能実習生向け日本語学習環境の提供について

  • 配信元:@Press
  • 2018年3月28日

(@Press) - JVSグループ株式会社(本社:ベトナムハノイ市、代表取締役会長:グエン・トアン・アン 以下、JVSグループ)、JVSジャパン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:吉原 明俊 以下、JVSジャパン)、西日本電信電話株式会社(本社:大阪府大阪市、代表取締役社長:村尾 和俊 以下、NTT西日本)、は、外国人技能実習制度※1を利用して来日するベトナム人技能実習生を受け入れる企業向けに、ICTを活用した日本語学習環境を提供開始します。
※1.日本の企業や個人事業主等と雇用関係を結び、出身国において修得が困難な技能等の修得・習熟・熟達を図るための制度です。


1.背景
2017年11月に施行された「外国人の技能実習の適正な実施及び技能実習生の保護に関する法律」(技能実習法)によって、外国人技能実習制度の対象職種に「介護職種」が追加されました。介護職種への従事にあたっては、指導員や介護施設利用者等とのコミュニケーションを図る能力の担保を目的に、日本語能力等の要件が定められており、日本在留中における日本語学習環境の整備が必須となっています。
近年、日本に在留する外国人技能実習生は、ベトナム人技能実習生が最も多く※2、介護職種の追加に伴い、更なる増加が見込まれております。このような中、ベトナム人技能実習生送出し機関であるJVSグループは、日本法人のJVSジャパンを通じ、通信サービスを提供するNTT西日本の協力を得て、技能実習先の企業・地域に関わらず、ICTを用いて質の高い日本語教育を享受できる環境を整備することで、ベトナム人技能実習生の受入環境の向上をめざします。
※2.2017年6月時点 出典:法務省 在留外国人統計「国別・地域別 在留資格(在留目的)別 総在留外国人」

<参考:介護職種に従事する技能実習生に求められる日本語能力要件>
来日1年目
日本語能力試験※3の「N4」に合格している者その他これと同等以上の能力を有すると認められる者※4であること。
「N4」:基本的な日本語を理解することができる

来日2年目
日本語能力試験※3の「N3」に合格している者その他これと同等以上の能力を有すると認められる者※4であること。
「N3」:日常的な場面で使われる日本語をある程度理解することができる

※3.日本語能力試験とは、日本語を母語としない人の日本語能力の測定と認定を目的として、国際交流基金と日本国際教育協会(現 日本国際教育支援協会)が1984年に開始した試験です。
※4. 「これと同等以上の能力を有すると認められる者」とは、日本語能力試験との対応関係が明確にされている日本語能力を評価する試験(現在認められているのは「J.TEST実用日本語検定」「日本語NAT-TEST」の2つ)で、上記と同等レベルに相当するものに合格している者をいいます。


2.「JVS光技能実習生支援パック」のサービス概要 【別紙:利用イメージ】
JVSグループが取引する監理団体を通じて来日したベトナム人技能実習生を受け入れる企業に対し提供する、インターネット接続環境、日本語学習コンテンツ、Wi-Fi環境、光BOX+※5をパッケージ化したサービスです。
光BOX+を用いて、技能実習生の寮等のテレビで日本語学習講義を受講しつつ、動画と連携した演習問題をスマートフォン・タブレット等で解くことで、効果的に学習することができます。
※5.本製品によるインターネット利用には、FTTHアクセスサービス、および対応するプロバイダーとの契約・料金、ルーター等が別途必要です。本製品の利用にはHDMI端子付きのTVが別途必要です。詳しくは、NTT西日本HPをご確認ください。 http://www.ntt-west.co.jp/kiki/hikaribox/hb-2000

<日本語学習コンテンツ画面イメージ>※画面は開発中のもので、変更の場合があります。
https://www.atpress.ne.jp/releases/153094/img_153094_1.jpg
https://www.atpress.ne.jp/releases/153094/img_153094_2.jpg

【別紙】「JVS光技能実習生支援パック」利用イメージ
https://www.atpress.ne.jp/releases/153094/att_153094_1.pdf


3.各社の役割
[1] JVSグループおよびJVSジャパン
・「JVS光技能実習生支援パック」の提供
<JVS光技能実習生支援パック構成メニュー>
・FTTHアクセスサービス「日本語学習コンテンツ利用ID付き光インターネット JVS光」(以下、JVS光)
・無線LANルーター
・光BOX+
・日本語学習コンテンツの提供

[2] NTT西日本
・光BOX+の提供
・JVSジャパンが提供する日本語学習コンテンツに対応したアプリ※6の光BOX+アプリマーケットへの搭載
・本サービスの企画
※6.本アプリは、アテイン株式会社にて開発、提供予定です。


4.「JVS光技能実習生支援パック」提供時期・料金
[1] 提供時期
受付開始日:2018年3月28日(水)
提供開始日:2018年4月中旬(予定)
※サービス提供エリアであっても利用できない場合があります。エリアについてはお問合せください。

[2] 1拠点あたりの提供料金(税抜)
(1) JVS光
-ファミリータイプ(日本語学習コンテンツ用ID付※7) 月額4,800円
初期工事費18,000円※8
契約料800円
-マンションタイプ(日本語学習コンテンツ用ID付※7) 月額3,800円
初期工事費15,000円※8
契約料800円
(2) 無線LANルーター 無料(JVS光ご契約特典)
(3) 光BOX+ 12,000円※9
※7.JVS光1契約あたり、日本語学習コンテンツ利用ID(12ヶ月利用分)が1ID含まれます。13ヶ月以降の継続利用または2ID以上ご利用の際は1IDあたり月額980円(税抜)が必要です。
※8.初期工事費は代表的な料金です。お客様のご利用環境等によっては、その他工事費が別途必要となる場合があります。
※9.本製品はNTT西日本からの提供となります。ご利用にはHDMI端子付きのTVが別途必要です。


5.本サービスのお申込み・お問合せ先
JVSジャパン株式会社 教育支援担当
電話番号:03-3507-5669


6.今後の予定
日本語能力試験の各レベルに対応したドリルなど日本語学習コンテンツの拡充を図るとともに、技能実習生が日本での生活や仕事により早く慣れるためのマナー動画など、新規コンテンツの拡充を検討していきます。


@Pressリリース詳細ページ

(提供:@Press

画像

この記事を気に入ったら
「いいね!」しよう

今、あなたにオススメ

Pickup!

Columns