「フェリシモ地球村の基金」の投票に参加して、「世界をしあわせにするプロジェクト」を応援しよう。【投票期間 2016年11月2日~11月15日】

  • 2016年11月2日
(PR TIMES) - リリース発行企業:株式会社フェリシモ

「フェリシモ地球村の基金」は、毎月一口100円の寄付による参加をいただき、集まった基金で、「貧困からの自立」「自然災害からの救済」「復興の応援」など、世界各地で進められている活動をお客さまとともに応援しています。昨年に続いて、今年の支援プロジェクトを検討するにあたって、みなさまによる投票を受け付けます。


「フェリシモ地球村の基金」が現在検討している「世界をよりしあわせにするための8プロジェクト」をご紹介するページから投票をしてください。それが拠出金額の参考となります。

[画像1: http://prtimes.jp/i/12759/481/resize/d12759-481-454875-0.jpg ]

「世界をよりしあわせにするための8プロジェクト」の詳細ならびに投票はこちら
>>> http://www.felissimo.co.jp/s/pr1611012/1/


◆概要
タイトル:2016年「フェリシモ 地球村の基金」みんなでプロジェクトを応援しよう!
投票期間:2016年11月2日~11月15日
投票方法:投票ページから回答してください(複数回答可)
>>> http://www.felissimo.co.jp/s/pr1611012/1/

「フェリシモ地球村の基金」では、「世界をよりしあわせにするプロジェクト」や「世界の今」への関心が高まることで、ひとりひとりが世界に向けて貢献するきっかけができるよう投票を受け付けています。投票ページの「プロジェクトの詳細を見る」 をクリックすると、プロジェクトの記事全文をお読みいただけます。また、記事ページでは応援コメントを投稿していただくこともできます。


◆「世界をよりしあわせにするための8プロジェクト」のご紹介

1)「ラオスの子どもに健康を~村の健康普及ボランティアの活動支援~」<ラオス共和国> 
 認定NPO法人 メドゥサン・デュ・モンド ジャポン(世界の医療団)

[画像2: http://prtimes.jp/i/12759/481/resize/d12759-481-500215-1.jpg ]

世界の医療団は、これまでラオスで実施してきた小児医療プロジェクトの実績を活かし、同じラオスのフアパン県という貧困率の高い地域で、新たに子どもたちの健康を守るプロジェクトを開始します。


2)「ルワンダ子どもの健康プログラム2017」 <ルワンダ共和国>
 特定非営利活動法人 ルワンダの教育を考える会

[画像3: http://prtimes.jp/i/12759/481/resize/d12759-481-832021-2.jpg ]


ルワンダに昨年初めて導入した小学校の健康診断を定着させ、今後は周辺の学校にも広める取り組みをします。また子どもたちの衛生教育を学校で行い、地域の衛生環境の普及に努めます。


3)「カンボジアに寺子屋教室を建てて、村の子どもの勉強をサポート!」<カンボジア王国> 
 認定NPO法人 エファジャパン

[画像4: http://prtimes.jp/i/12759/481/resize/d12759-481-120216-3.jpg ]

カンボジアの国境地帯には、小学校が無い僻地の村が多くあります。このプロジェクトでは、そうした村の子どもたちが寺子屋教室で小学校課程を修了できる環境を整えるため、教室を建設整備します。


4)「カンボジア・農村部の保育所での給食とおやつ支援」<カンボジア王国> 
 認定NPO法人 幼い難民を考える会

[画像5: http://prtimes.jp/i/12759/481/resize/d12759-481-335753-4.jpg ]

農村の保育所で提供する給食とおやつ、園児のこころとからだを支えるために不可欠なものです。給食とおやつによる支援を通して、子どもたちと教育を繋ぎ、子どもたちの未来を支援します。


5)「シリア難民の子ども達に心身の健康を届ける緊急支援」<トルコ共和国>
 Hopeful Touch(ホープフル・タッチ)

[画像6: http://prtimes.jp/i/12759/481/resize/d12759-481-476489-5.jpg ]

戦火から異国の僻地へ。ある日突然難民となり、慢性的な物資不足のなか生活を強いられるシリア人の子ども達。彼らの発達を支えるため、食糧、保健、教育、遊びを提供するスペースを運営します。


6)「子どもたちの学びが途切れないように、カンボジア青少年自立支援」<カンボジア王国>
 認定NPO法人 国境なき子どもたち

[画像7: http://prtimes.jp/i/12759/481/resize/d12759-481-540380-6.jpg ]

カンボジアでは学校を辞め働く子どもたちが多数存在し、人身売買の被害も後を絶ちません。私たちは彼らを保護し、安心できる生活と、教育や訓練を通じ自立できるようサポートします。


7)「もっと多くのマニラの路上の子どもたちに愛情溢れた生活を!」<フィリピン共和国>
 認定NPO法人 アイキャン


[画像8: http://prtimes.jp/i/12759/481/resize/d12759-481-592004-7.jpg ]

フィリピンの首都マニラにおいて、ソーシャルワーカーによるアウトリーチ(見回り)活動とカウンセリング活動を強化し、より多くの路上の子どもたちの命を守り、安全に過ごせる場を提供します。


8)「ミャンマー・エーヤワディ地域における洪水被災者の生活再建支援」
<ミャンマー連邦共和国>特定非営利活動法人 CWS Japan

[画像9: http://prtimes.jp/i/12759/481/resize/d12759-481-899669-8.jpg ]

洪水の被害にあった家屋の改修、トイレ建設のための資材を提供し、CWSエンジニアの指導のもと、被災家族と近隣住民が協力して再建し、被災家族が安心して暮らせるようお手伝いします。

【投票期間 2016年11月2日~11月15日】
http://www.felissimo.co.jp/s/pr1611012/1/


◆昨年の実績(投票総数1,134票)
1位 難民キャンプの子どもたちに遊びと学びの環境を!  289票
2位 カンボジア王国プレアビヒア県寺子屋教室パイロット事業 243票
3位 ルワンダ子どもの健康プログラム 162票
以上を経て6つのプロジェクトを支援しました。

2015年度の実績はこちら >>> http://www.felissimo.co.jp/s/pr1611012/2/

◆『フェリシモ 地球村の基金』について
毎月一口100円の寄付による参加をいただき、集まった基金で貧困からの自立、自然災害からの救済、復興など、世界各地で進められている活動を支援しています。1993年に基金を設立し、これまでにみなさまから寄せられた基金は累計で3億円を越え、58ヵ国231プロジェクトを支援することができました。(2016年10月現在)これまでの経験で培われたネットワークをもとに、支援を必要としているところに継続的に支援することが可能となっています。地球村基金のページはこちら >>> http://www.felissimo.co.jp/s/pr1611012/3/




PR TIMESプレスリリース詳細へ

(提供:PR TIMES

&Mの最新情報をチェック


&Mの最新情報をチェック

Shopping