このページについて配信会社から提供された企業や団体等のプレスリリースを原文のまま掲載しており、朝日新聞社が取材・執筆した記事ではありません。お問い合わせは、各情報配信元にお願いします。

子どもの貧困対策や子育て支援など、助成先20団体が決定しました!

  • 配信元:PR TIMES
  • 2017年3月27日

(PR TIMES) - リリース発行企業:一般財団法人 九電みらい財団

九電みらい財団「平成29年度 次世代育成支援活動への助成」助成団体の決定について 

九電みらい財団は、九州地域の未来に広く貢献するため、「環境活動」と「次世代育成支援活動」を行う財団として九州電力(株)が昨年5月に設立した一般財団法人です。
今回、当財団として2度目となる次世代育成支援事業(助成事業)において、九州内の103団体から申請があり、選考の結果、20団体への助成が決定しました。

当財団では、少子高齢化や共働き世帯の増加、地域のつながりの希薄化などにより、子どもたちの育成環境が大きく変化する中、九州の未来を担う子どもたちの 健やかな成長を応援するため、九州各地で次世代育成支援活動に取り組まれている諸団体に対する助成事業を実施しています。
今回で2度目となる当助成事業についても、昨年に引き続き、九州各地の諸団体からたくさんのご応募をいただき、外部の有識者等で構成する選考委員会において検討した結果、以下のとおり助成団体を決定しましたのでお知らせします。

1 助成テーマ
九州地域において、非営利団体が、子どもたちの健全育成や子育て世帯の支援に向けて取り組む以下のような活動
【子ども達への支援活動】
体験を通じて、子どもの社会性や協調性、規範意識などを育むこと、及び九州地域を大切にする子どもの育成を目的とした活動
【子育て世帯への支援活動】
共働き世帯や非正規雇用の増加、地域のつながりの希薄化など、子育て世帯を取り巻く厳しい状況を緩和することを目的とした活動

2 選考結果
103件の応募に対して、20件を決定
(助成総額 約1,400万円)
[画像: https://prtimes.jp/i/21861/5/resize/d21861-5-119954-0.jpg ]



3 助成団体(関連Webページ http://www.kyuden-mirai.or.jp/support/2017/result.html

【子どもの貧困対策】
団体名:NPO法人 抱樸(※)
活動名:困窮状態にある子ども・家族への訪問型相談支援事業
主な活動エリア:北九州
活動概要:困窮状態にある子どもだけでなく、その家庭への訪問相談による包摂型の家庭支援により、子どもの貧困、貧困の世代間連鎖を防止する。

団体名:NPO法人 心音(※)
活動名:離島の生活困窮世帯の子どもへの学習・就労支援事業
主な活動エリア:鹿児島
活動概要:沖永良部島は学習塾が少ないことから無料の学習塾を設けるとともに、ひとり親家庭などで悩む親が子育てについて相談できる場を作る。

団体名:NPO法人 いじめ対策プロジェクト
活動名:経済的、精神的困難を抱える親子の学習・心理支援
主な活動エリア:鹿児島
活動概要:小中学生への無料の学習支援を通じて子どもや保護者へのカウンセリングを行い、子どもの学習意欲の向上や親子が抱える不安の解消を図る。

【子育て支援】
団体名:NPO法人 poco a bocco(※)
活動名:ママの明日をデザインしよう!
主な活動エリア:佐賀
活動概要:産後女性の子育て支援や、復職や就職のサポートを行うほか、多彩な専門分野の講師を迎え、親の悩みを解決する講座やワークショップを開催。

団体名:NPO法人 心ゆるり
活動名:産後の母子を対象にした宿泊滞在型心身サポート事業
主な活動エリア:佐賀
活動概要:無料の24時間宿泊滞在型の産後ケアとして、食事の提供や沐浴サービスのほか、ストレスケア等も実施することで産後女性の心身をケアする。

団体名:NPO法人 子育てネットワークわ・わ・わ
活動名:ママと地域をつなぐ「ママの輪」大作戦
主な活動エリア:熊本
活動概要:「お産フェス」や「子育てフェスティバル」などのイベントを通じて、ママと地域をつなぐとともに、妊娠・出産・育児に関する意識啓発を図る。

団体名:NPO法人 あぽり
活動名:赤ちゃんと一緒にね!ベビーマッサージとおしゃべり会
主な活動エリア:熊本
活動概要:おしゃべり会を定期的に開催することで、ママ同士のコミュニティを作り、育児や家庭での喜びや不安を共有し、育児等でのストレスをケアする。

団体名:延岡男星保育士団
活動名:父親子育て支援「ぱぱ・パーク」
主な活動エリア:宮崎
活動概要:男性保育士で構成されたスタッフの専門性を活かしながら、父親目線のイベントを開催することで、父親の育児参加と父親同士の繋がりを促す。

【子どもの居場所づくり、心のケア】
団体名:きんしゃいきゃんぱす(※)
活動名:地域に開かれた日常的な子どもの遊び場「きんしゃいきゃんぱす」
主な活動エリア:福岡
活動概要:商店街の一店舗を借り、日常的な遊び場を地域に開放することで、年代を問わず、幅広い子どもたちにとっての居場所づくりを行う。

団体名:ぼちぼちの会(※)
活動名:親の支援レクリエーション
主な活動エリア:福岡
活動概要:不登校生の保護者会として、親子による屋外での集団活動を開催し、親と子の両面から課題を解決し、不登校状態の解消・改善を図る。

団体名:NPO法人 くまもとスローワーク・スクール
活動名:小中学校との連携やソーシャルワークを重視した子どもの社会的居場所づくり
主な活動エリア:熊本
活動概要:社会的支援が必要な子どもに寄り添い、食事つきの学習支援や自立支援、キャリア教育など、多様な専門スタッフと連携し、幅広い支援を行う。

【郷土教育を通じた次世代育成】
団体名:山鹿もてなしたい(※)
活動名:「山鹿の子ども達」わくわく発信事業
主な活動エリア:熊本
活動概要:子どもたちが演劇や授業等を通じて、山鹿の魅力を発見し、市民や観光客へその魅力を発信することで、子どもを中心とした町おこしを図る。

団体名:結シアター手舞(※)
活動名:天城町中学生・高校生・青年・保護者と地域の絆づくり
主な活動エリア:鹿児島
活動概要:島の方言「島口」や歴史、文化、伝統芸能などの島の魅力を子どもたちに継承するため、島口でのミュージカル「結シアター手舞」の公演を開催。

【演劇や音楽等を通じた次世代育成】
団体名:児童文化サークル さわらび
活動名:童話学校
主な活動エリア:大分
活動概要:幼児から小中学生、子育て世代、高齢者をつなぐ場として「童話学校」を開催し、地域に伝わる民話の人形劇や童話に関するイベントを実施。

【様々な体験を通じた次世代育成】
団体名:一般財団法人 サンビレッジ茜(※)
活動名:タフな子ども育成塾
主な活動エリア:北九州
活動概要:共働き家庭等の低学年児童を対象に、異年齢集団による共同生活を通じ、体力や忍耐力、学力の向上など「タフな子ども」の育成を目指す。

団体名:いいづか人材育成グループユリシス
活動名:中高生による地域貢献活動を通じた地域課題解決への挑戦
主な活動エリア:北九州
活動概要:地域で暮らす外国人を対象とした日本語教室の支援や、地域の祭り等での「お国料理」の共同出店を通じて、中高生による地域課題の解決を図る。

団体名:ひまわりのびっこクラブ
活動名:夢を叶える魔法を作ろう!「魔法使いの学校 ゆめ」
主な活動エリア:福岡
活動概要:子どもたち自らが考えた「お店」を、店づくりや商品づくりの段階から子どもたち自身で時間をかけて行うことで、生きる力と夢を育む。

団体名:トムテのおもちゃ箱
活動名:アナログゲームで地域で共遊!
主な活動エリア:長崎
活動概要:アナログなおもちゃで遊ぶことを通じて、人と対面して遊ぶ楽しさやルールを守るなどの社会性を学ぶとともに、異年齢交流、多世代交流を図る。

団体名:ステージ中津491
活動名:未来を背負う子どもたちへ、夢、未来「第9回職人フェスティバル」
主な活動エリア:大分
活動概要:商店街を使って、子どもたちにものづくりや職業体験をしてもらうことで、職人文化や子どもたちの就業感を養うとともに商店街の活性化を図る。

団体名:NPO法人 かごしま自然学校
活動名:次世代の廃校活用モデル「あそびのデパート」
主な活動エリア:鹿児島
活動概要:昨年廃校となった小学校を活用し、地域の子どもたちが遊びを通じて生きる力を育むとともに、活動の核となる地域の若手リーダーも養成。

※印の8団体は平成28年度も助成した団体

PR TIMESプレスリリース詳細へ

(提供:PR TIMES

画像

この記事を気に入ったら
「いいね!」しよう

今、あなたにオススメ(PR)

Pickup!