このページについて配信会社から提供された企業や団体等のプレスリリースを原文のまま掲載しており、朝日新聞社が取材・執筆した記事ではありません。お問い合わせは、各情報配信元にお願いします。

【トラベルコ】2017年4月の国内ツアー検索人気ランキングを発表!鹿児島は3つの離島がTOP20に揃い踏みの大躍進!

  • 配信元:PR TIMES
  • 2017年5月10日

(PR TIMES) - リリース発行企業:株式会社オープンドア

350以上の予約サイトが多彩な旅行プランを掲載中の「トラベルコ」(http://www.tour.ne.jp/)を運営する株式会社オープンドア(東京都港区・代表取締役社長 関根大介)は、本サイトにおける2017年4月の国内ツアー検索人気ランキングTOP20及び人気急上昇の検索キーワードを発表いたします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■トラベルコ 国内ツアー
http://www.tour.ne.jp/j_tour/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆ トラベルコ国内ツアー 検索人気ランキングTOP20
[ 1位] 石垣島 (沖縄)
[ 2位] 札幌 (北海道)
[ 3位] 東京ディズニーリゾート (千葉)
[ 4位] 博多・福岡 (福岡)
[ 5位] 那覇・首里 (沖縄)
[ 6位] 宮古島・伊良部島 (沖縄)
[ 7位] 京都市内 (京都)
[ 8位] 金沢 (石川)
[ 9位] 東京23区内 (東京)
[10位] 大阪市内 (大阪)
[11位] ユニバーサルシティ (大阪)
[12位] 恩納村 (沖縄)
[13位] 函館 (北海道)
[14位] 広島 (広島)
[15位] 名古屋 (愛知)
[16位] ハウステンボス (長崎)
[17位] 仙台 (宮城)
[18位] 奄美大島・喜界島 (鹿児島)
[19位] 与論島 (鹿児島)
[20位] 屋久島 (鹿児島)
※2017年4月1日~30日にトラベルコ国内ツアーの行き先として検索された回数を基に集計。


2017年2月・3月に連続してそれぞれ初のTOP20入りを果たした屋久島、奄美大島に加え、4月はこれまで何度もランキング入りしてきた与論島も19位に食い込み、鹿児島はなんと3つの離島が揃って上位20位以内に登場するという快進撃。

また、2016年4月の国内ツアーの検索キーワード人気ランキングと比較した人気急上昇のキーワードは下記の通りです。3月にも前年同月218位から47位へと急上昇した「雪の大谷」は、雪の大谷ウォークが4月15日の開催初日に吹雪で中止になるという不運に見舞われましたが、それが報道されたことで注目を集めさらに検索数が上昇するという怪我の功名。人気芸能人の出演する複数の旅番組で取り上げられた「伊勢神宮」や、ゴールデンウィークを控えた4月21日に新エリア ミニオン・パークをグランドオープンした「ユニバーサルスタジオジャパン」といったキーワードも検索数を大きく伸ばしました。


◆ トラベルコ国内ツアー 人気急上昇の検索キーワード
[ 57位 → 7位] サンライズ出雲
[ 45位 → 8位] 雪の大谷
[ 圏外 → 18位] 1デーパス付
[ 63位 → 20位] 富士急ハイランド
[ 71位 → 22位] 添乗員付
[ 圏外 → 27位] なんばグランド花月
[ 70位 → 28位] 伊勢神宮
[ 61位 → 29位] JAL
[ 89位 → 32位] 日帰り
[ 75位 → 35位] ルネッサンス
[ 80位 → 36位] ホテル日航アリビラ
[ 93位 → 38位] ラビスタ函館ベイ
[ 91位 → 39位] 花火
[ 圏外 → 40位] 大井川鉄道
[ 82位 → 42位] ユニバーサルスタジオジャパン
[ 98位 → 45位] 喫煙
[107位 → 47位] プール
※2016年・2017年4月のトラベルコ国内ツアー検索キーワード人気ランキングを比較し、前年より30以上順位が上がり、50位以内にランクインしているキーワード。


5月以降も引き続き、トラベルコ国内ツアー検索人気ランキングの発表を予定しております。


[画像: https://prtimes.jp/i/6357/83/resize/d6357-83-509789-pixta_23190966-0.jpg ]



≪株式会社 オープンドア概要≫
代表取締役社長:関根 大介(せきね だいすけ)
創立:1997年4月21日
資本金:6億4,829万円
従業員数:143名(2017年4月現在)
インターネットコンテンツの企画運営、ソフトウェア開発を行う。旅行比較サイト「トラベルコ」、多言語旅行比較サイト「Travelko」、日本の伝統工芸品紹介サイト「GALLERY JAPAN」等を運営。

PR TIMESプレスリリース詳細へ

(提供:PR TIMES

画像

この記事を気に入ったら
「いいね!」しよう

今、あなたにオススメ(PR)

Pickup!