このページについて配信会社から提供された企業や団体等のプレスリリースを原文のまま掲載しており、朝日新聞社が取材・執筆した記事ではありません。お問い合わせは、各情報配信元にお願いします。

ラスベガス観光局、8億1千万ドルの収入が見込まれるコンベンションセンターの大々的なリノベーションを発表

  • 配信元:PR TIMES
  • 2017年6月29日

(PR TIMES) - リリース発行企業:ACCORD株式会社

アメリカ随一のビジネスディスティネーション・ラスベガスはコンベンションセンターのリノベーションを発表し、確固たる歴史的地位を確立。

年間2万ものミーティング、コンベンション、トレードショーを開催するビジネスディスティネーション・ラスベガスはデザインコンペにて選考を行い、2023年までにラスベガス・コンベンション・センター・ディストリクト(LVCCD)の拡張とリノベーションを完成させることを発表。そして、現在のトレードショーに加え、10年の間に70の新しいショーを展開する意向を見せた。

[画像1: https://prtimes.jp/i/20619/25/resize/d20619-25-410639-0.jpg ]

[画像2: https://prtimes.jp/i/20619/25/resize/d20619-25-164577-1.jpg ]

ラスベガス観光局(LVCVA)取締役会はラスベガス・コンベンションセンターの拡張とリノベーションを最終的に承認し、世界屈指のビジネスデスティネーションとしてラスベガスの地位を確実にする歴史的な決断の時を迎えました。

「LVCVAだけでなく、すべてのデスティネーションにとって記念すべき日です」と話すラスベガス観光局局長兼CEOのRossi Ralenkotterは、「先見の明を持つ私たちのコミュニティと、ラスベガス・コンベンション・ディストリクト(LVCCD)の重要性を理解してくださった州のリーダーたちに感謝するとともに、私たちはこのプロジェクトに取りかかるのを楽しみにしていました!LVCVAは、皆様がラスベガスに来た際に期待する一流の設備と経験を提供し続けることを保証します」と述べました。

LVCVAの取締役会で提示されるに先立ち、この計画は最近クラーク・カウンティにおけるコンベンションセンター監督委員会(Oversight Panel for Convention Centers in Clark County) と LVCVAの役員会の分科委員会であるLVCCD委員会の両者から承認を得ていました。

LVCVAのスタッフは、拡張&リノベーションプロジェクトに対するビジョンを発展させるため、本局が契約する建築業者代表であるCordell Corporationの社長Terry Miller氏と提携のもと、業務を遂行してきました。

ネバダ州の州議会議員とネバダ州知事Brian Sandoval は、LVCCDの発展の礎を築くための2016年の特別会期中に予算を承認しました。1.4億ドルのプロジェクトによって600,000平方フィートの新しいミーティングスペースを増設し、これは、ラスベガスが今後数十年にわたって世界一のトレードショーデスティネーションの座を確保し続けることを保証するものとしています。LVCCDの資金を調達するため、法令によりクラーク・カウンティの客室税を0.5%増税しました。また、この会期には、ネバダ州南部の将来にとって重要ないくつかのプロジェクトを見直すため、州知事が設立したネバダ州南部観光インフラ委員会による14ヶ月にわたる審査期間を含みました。

「ラスベガスがビジネストラベルの先導的デスティネーションとしての評判を維持し続けてきたのは、私たちのデスティネーションには訪問客とネバダ州南部を地元と呼ぶ人たち両方に利益をもたらすような飛躍的発展を遂げるための長い協働の伝統があるからです」と、LVCVCとクラーク・カウンティ委員会の議長Lawrence Weeklyは述べ、「LVCCDプロジェクトは、この地域で最も入念に審査され、最も承認回数の多いプロジェクトであり、それは莫大な雇用を生み出し、地元の家族を支え、経済を活性化し、ラスベガスを前進し続けさせることを意味しています」と続けていました。

コンベンションセンターの拡張とリノベーションは、完成までに約14,000の建設業務、約7,800のフルタイム正社員をサポートするものとして期待が寄せられています。このプロジェクトは、建設期間中14億ドルの利益をもたらし、毎年追加で100万人の訪問客を呼ぶことによって、8億1千万ドルの財政収入が見込まれるとのことです。

LVCCDの拡張とリノベーションは、2023年に完成予定となっています。第1プロジェクトは、60万平方フィートの展示会スペース、会議室、サポートスペースを伴う新たな1400万平方フィートの拡張工事となっており、2021年に終了の見込みです。第2プロジェクトは、既存の3200万平方フィートの施設の全面リノベーションとなっており、この工事とリノベーションの期間中は、使用が不可能となる予定です。

このプロジェクトは、LVCVAに新たなビジネスの機会や現在開催されているショーの拡大をもたらすものとみられています。LVCVAは、次の10年にわたって提供が見込める70の新しいトレードショーの追加を考えており、これらの70のショーは、ネバダ州南部の10億4千万ドルのミーティング&コンベンション業界において最高約50%増の財政発展をもたらすと考えられています。

このたびのLVCVA委員会による計画の承認によって、当局は地元、地域、そして国の建築業のプロといった有資格者に協力を仰ぎ始めることとなります。この有資格者は、LVCCDにおけるサービスデザインをもって判断基準のもと選考にかけられます。そのため、予選に申し込む会社やチームには、このプロジェクトへのアプローチに関する詳細情報を記載した計画案の提出が求められています。最終候補者には、担当会社またはチームが決定する前に、デザインコンペティションの公の場でプレゼンテーションをしていただきます。また。LVCVAは建設管理者の選出も始める予定です。

LVCCDの開発協力に興味をお持ちの団体様は、下記URLをご覧ください。
www.lvccdistrict.com

ビジネスデスティネーションとしてのラスベガス
・2016年に、約20,000のミーティング、コンベンション、トレードショーを開催しました。
・ビジネスの団体にも対応可能な多様なイベント、ダイニング、エンターテイメントべニューに加え、1,100万平方フィート以上のミーティンスペースも売りとなっています。
・近年トレードショー・ニュースネットワーク(Trade Show News Network)は、北米でトップ250の規模のトレードショーのうち57を23年連続で開催しているラスベガスを、米国一のトレードショーデスティネーションと認めました。
・ラスベガス・コンベンションセンター(LVCC)は、ネバダ州南部を旅行するすべてのコンベンション参加者の22%以上をもてなしています。
・この施設は、直接的に11,800もの地元の雇用と4億9510万ドルの賃金や給料をサポートしています。

LVCCでは2015年に73イベントを開催し、合計で1800万人の来場者がありました。これらの訪問者は、同年の総経済産出高における270億ドルの利益を生み出しました。


ラスベガス観光局(LVCVA)は、ラスベガスコンベンションセンターやキャッシュマンセンターの運営から、ラスベガスを観光や世界的なコンベンションのデスティネーションとして、マーケティングプロモーションを行っています。ラスベガス全体で150,000という宿泊機能、11,000,000 sq.ftに及ぶ展示スペースを持ち、観光客そしてビジネスビジターを魅了し続けることが私たちのメインミッションです。

ラスベガスをバーチャルリアリティー体験できるアプリを配信中。こちらより是非ダウンロードしてください。
http://www.vrtv.vegas/

またより詳細情報はHPをご覧ください。www.lvcva.com または www.visitlasvegas.com。

PR TIMESプレスリリース詳細へ

(提供:PR TIMES

画像

この記事を気に入ったら
「いいね!」しよう

今、あなたにオススメ(PR)

Pickup!

Columns