このページについて配信会社から提供された企業や団体等のプレスリリースを原文のまま掲載しており、朝日新聞社が取材・執筆した記事ではありません。お問い合わせは、各情報配信元にお願いします。

津田梅子の父、津田 仙の生誕180年記念企画として、ダブル講演会「 WHO IS SEN? ~近代日本の先駆者~ 」を千葉県佐倉市で開催(8/6)

  • 配信元:PR TIMES
  • 2017年6月30日

(PR TIMES) - リリース発行企業:佐倉市


「WHO IS SEN? ~近代日本の先駆者~ 」と題した講演会をダブル講師により開催します。
[画像: https://prtimes.jp/i/24449/14/resize/d24449-14-449905-0.jpg ]


 津田仙は明治期に活躍した佐倉の先覚者。講師一人目は津田仙が創立にかかわった青山学院大学の文学部教授 シュー土戸 ポール氏。二人目は津田仙の曽孫にあたる津田道夫氏が登壇します。本講演会は、佐倉・城下町400年記念事業佐倉学リレー講座【特別編】として、仙の誕生日とされる8月6日に行われます。
 農学者、キリスト者、通信販売を日本で最初に行った人物、イチゴ、ブロッコリー、アスパラガスなど西洋野菜を日本に広めた人物、娘である津田梅子の海外留学など女子教育に力を注いだ人物、足尾鉱毒事件や視覚障がい者教育への関わりなど、多面的な活動を行った津田仙。津田仙とはいったい何者なのか、何をなしたのかを改めて知ることで、人物像、生き方から学びを得ることを目的としています。講演後には、仙をより知るために質疑応答の時間を設ける予定です。質疑応答の進行役は敬愛大学国際学部教授村川庸子氏が務めます。

●開催概要
日程:平成29年8月6日(日)13:30~16:00  入場無料
場所:佐倉市立中央公民館(千葉県佐倉市鏑木町198-3)
講演1「時代を超え、世界を変えるチャレンジャーとしての津田仙」
 講師:青山学院大学文学部教授 シュー土戸(つちど)ポール氏
講演2 タイトル「近代化へ 実行の人 津田仙」
 講師:津田道夫氏(津田仙の曽孫)
【後援予定】青山学院大学、津田塾大学
【協力】敬愛大学

●申し込み方法
佐倉市社会教育課
電話・FAX・E-mail(氏名・ふりがな・連絡先を明記)
TEL. 043-484-6189 / FAX. 043-486-9401
E-mail shakaikyoiku@city.sakura.lg.jp
定員200 名(先着順) / 入場無料
7月3日(月)申込開始、締め切り7月31日(月)
定員になり次第締め切り
http://www.city.sakura.lg.jp/sakura/sakura400/200event/index.htm

PR TIMESプレスリリース詳細へ

(提供:PR TIMES

画像

この記事を気に入ったら
「いいね!」しよう

今、あなたにオススメ(PR)

Pickup!