このページについて配信会社から提供された企業や団体等のプレスリリースを原文のまま掲載しており、朝日新聞社が取材・執筆した記事ではありません。お問い合わせは、各情報配信元にお願いします。

武蔵小山駅直結 「エトモ武蔵小山」 が9月14日(木)開業!

  • 配信元:PR TIMES
  • 2017年8月14日

(PR TIMES) - リリース発行企業:東急電鉄

武蔵小山駅ビルを憩いや交流の生まれる施設にリニューアル!

当社は、目黒線武蔵小山駅の駅直結型商業施設「武蔵小山駅ビル」を、駅や街ごとの特色にあわせた店舗や施設デザインをコンセプトとした商業施設ブランド、「エトモ武蔵小山」(以下、本施設)として、9月14日(木)にリニューアルオープンします。

 今回のリニューアルでは、都心でありながら自然が豊かな武蔵小山に、駅前にも落ち着ける場所を作りたいという思いから「Koyama nest~こやまの森の心地よい巣箱~」をコンセプトとし、緑を感じられ、人との交流や新たな楽しみの生まれる空間を目指します。館内各所に休憩スペースや植栽を設置するとともに、屋上庭園にはベンチや緑を増やすなどして、ゆっくりと心地良い時間を過ごせる空間にリニューアルします。さらに、4階に新設する多目的ギャラリー「SUBAKO gallery(すばこギャラリー)」では、地域の方々も参加できるさまざまなイベントを開催します。
 また、テナントは、東急線沿線初出店となる「おむすびcafé ぐぅ」がアルコールを提供する新業態で出店するほか、週替わりで人気のスイーツ店が出店する「マイスイーツ」、「ビアードパパ」、「ゾフ」、「フルーリスト ボンマルシェ」の5店舗が新たに出店します。既存店舗では、無印良品は小型店の「MUJIcom」となるほか、「タリーズコーヒー」、「ブルーブルーエ」、「ドンク」、の計4店舗がリニューアルオープンし、全12店舗の構成となります。

 当社では、沿線の皆さまがイキイキと働き、快適に暮らし、楽しみのある街を実現するために、「いい街いい電車 プロジェクト」に取り組んでいます。その重点施策として、東急線駅構内・高架下・駅ビルの店舗開発およびリニューアルの推進を掲げており、本施設もその一環としての取り組みです。
 今後も、積極的に商業施設開発を進め、さらなる生活の利便性・快適性の向上に努めることで、「日本一住みたい沿線 東急沿線」を実現します。

 エトモ武蔵小山の詳細は別紙の通りです。
[画像: https://prtimes.jp/i/10686/201/resize/d10686-201-730669-0.jpg ]

以上

PR TIMESプレスリリース詳細へ

(提供:PR TIMES

画像

この記事を気に入ったら
「いいね!」しよう

今、あなたにオススメ(PR)

Pickup!

#prt_esi_parts("/and/esi/dtm2_and_utf8.htm")