このページについて配信会社から提供された企業や団体等のプレスリリースを原文のまま掲載しており、朝日新聞社が取材・執筆した記事ではありません。お問い合わせは、各情報配信元にお願いします。

住む家を失った、子どもたちに居場所をーネパール洪水緊急支援ー

  • 配信元:PR TIMES
  • 2017年8月16日

(PR TIMES) - リリース発行企業:公益財団法人プラン・インターナショナル・ジャパン

国際NGOプラン・インターナショナルが寄付募集を開始

ネパール南部で8月11日以降に発生した、断続的な豪雨による洪水や土砂崩れの被害に対して、プラン・インターナショナルは、被災した人々へ食料や水、仮設テントや衛生用品などを届ける緊急支援を開始。現在、皆さまからの寄付を受け付けています。

ネパール内務省の新たな発表によると、死者123人、行方不明者35人、負傷者39人に達し、3561世帯以上が  浸水による避難を余儀なくされており(現地時間8月15日)、道路や通信が遮断されている地域が多いことから、今後さらに被害状況は拡大するものと見られています。
[画像1: https://prtimes.jp/i/12939/59/resize/d12939-59-698081-1.jpg ]

ずぶ濡れのままで過ごす子どもたち
被災した23地域のうち7つの地域でプランは活動をしており、政府とも連携をとりながら、ラウタハットにおいてすでに食料やビニールシートなどの支給を行っています。現地に入ったプランの職員は、「村の80%は浸水してしまい、大半の人たちが家を失っています。子どもたちはずぶ濡れのままで、口にする食べ物もない状況です」と 深刻な被害の状況を伝えています。

「水ですべてがおおわれてしまい、夜も寝ることができませんでした。昼間は目に見えて水かさが増し、雨で崖が崩れてきたときには、本当に不安でいっぱいになりました」と、プランの支援を受けて安全な場所に逃れた8歳の女の子マニシャさんは恐怖を語りました。
[画像2: https://prtimes.jp/i/12939/59/resize/d12939-59-260793-2.jpg ]


食料や水、仮設テントや衛生用品の支給、子どもたちの見守りを支援
家や所持品を失った子どもたちには、食料や水、仮設テントや衛生用品などに加えて、安心を取り戻すサポートや見守りが欠かせません。また、女の子は災害時の混乱に乗じた人身売買などの性被害にあいやすいことがわかっており対策が必要です。

ネパールはモンスーンの最中にあり、引き続き豪雨や長雨が発生することも懸念されているなかで、プランは被災した人々への緊急物資の支給、生活再建のため支援を行なっています。皆さまからのご支援をお願い申し上げます。


[表1: https://prtimes.jp/data/corp/12939/table/59_1.jpg ]



[表2: https://prtimes.jp/data/corp/12939/table/59_2.jpg ]


PR TIMESプレスリリース詳細へ

(提供:PR TIMES

画像

この記事を気に入ったら
「いいね!」しよう

今、あなたにオススメ(PR)

Pickup!

#prt_esi_parts("/and/esi/dtm2_and_utf8.htm")