このページについて配信会社から提供された企業や団体等のプレスリリースを原文のまま掲載しており、朝日新聞社が取材・執筆した記事ではありません。お問い合わせは、各情報配信元にお願いします。

【8.29 世界同時公開】ブロックチェーン暗号通貨革命、次世代クラウドファンディング2.0「 KICKICO 」が ICOスタートで日本へ上陸。

  • 配信元:PR TIMES
  • 2017年8月29日

(PR TIMES) - リリース発行企業:KICKICO

※KICKICO-日本向け限定記事

 ICO(Initial Coin Offering、仮想通貨発行による資金調達手法)、クラウドファンディング及びクラウドインベスティング向けに総合的なソリューションを提供し、世界初のブロックチェーン資金調達プラットフォームの開発を手掛けるKICKICO(本社 : ロシア、CEO : Anti Danilevski、社名 : KICKICO キックアイシーオー、以下KICKICO )は、当社の使命として、生まれや家庭環境、クリエイターの所在地や社会経済的地位に関わらず、革新者、開発者、デザイナー、起業家の未来を見据えた人たちのアイディア実現の支援を世界規模へ拡大していくためにKICKICOによるICOキャンペーンをスタートします。


◇K I C K I C O
世界初クラウドファンディング仮想通貨
公式サイト(日本語版)
https://www.kickico.com/ja/

調達手段/機能
1.ICO |Pre ICO
2.クラウドファンディング
3.クラウドインベスティング

[画像1: https://prtimes.jp/i/27912/1/resize/d27912-1-293641-0.jpg ]

KICKICOは革命家、開発者、ブロックチェーンの先導者、起業家、デザイナーやクリエイターは、自らのアイデアを実現させるために必要となるリソースやサポートを今までよりもシンプルに見つけることができるようになります。そして、暗号通貨だけでなく、コミュニティのサポートやKICKONOMYによって、数多くのアイデアが実現できるようになります。

[動画: https://www.youtube.com/watch?v=OPiVkdlSmT4 ]



 2000年代後半にKickstarter(2009年)とIndiegogo(2008年)がローンチされて以来、クラウドファンディングは急成長を遂げています。クラウドファンディング・プラットフォームは、気まぐれなベンチャーキャピタルからの投資に頼る必要のない、シンプルな資金調達方法として多くのプロジェクト・クリエイターたちから注目されています。

 しかし、実は多くの制限や障害が存在するのです。まず第一に、従来のクラウドファンディング・プラットフォームは、拠点のない国からのプロジェクトに対応しません。第二に、プラットフォームおよび寄付を行うための決済システムの使用には高額な手数料(15~20%)がかかります。第三に、支援者およびプラットフォーム自体の期待を裏切る「失敗したプロジェクト」が大量に存在します。第四に、大規模なクラウドファンディング・プラットフォームはマーケティングに長けた大企業からの案件が中心になってしまい、優れたアイデアを持ちながらマーケティング予算のないクリエーターが見落とされがちになっています。

 現在起こっている暗号革命は、様々なものに変化をもたらし、簡単でシンプルな資金調達の本来の姿を実現させてくれます。分散化、暗号通貨およびスマートコントラクトは、プロジェクトの資金調達を支援する新しいソリューションです。よって資金調達者はプラットフォームに依存する必要がなくなります。 
 
KICKICOは、ICO、クラウドファンディング及びクラウドインベスティング向けの総合的なソリューションを提供する、世界初のブロックチェーン資金調達プラットフォームなのです。


" たった3時間で、167億円を調達 " ICO記録を更新した「Bancor」バンコールが全面協力

(参照)
http://www.newsbtc.com/2017/08/28/together-stand-bancor-becoming-strategic-partner-kickico/
http://irishtechnews.ie/why-icos-are-booming-blockchain-crowdfunding-and-initial-coin-offerings-insights-with-anti-danilevski-kickico/
[画像2: https://prtimes.jp/i/27912/1/resize/d27912-1-630411-12.jpg ]

[画像3: https://prtimes.jp/i/27912/1/resize/d27912-1-616775-6.jpg ]


ICO市場はまだ歴史が浅い反面、BancorやStatusなど大規模キャンペーンに見られるように、目まぐるしいペースで発展を遂げています。大規模キャンペーンにおいても発生しうる深刻な問題がいくつか存在し、これらが原因でEthereumのブロックチェーン全体を機能させなくしてしまう可能性があります。その結果、事業の活動停止、大勢のユーザーの不満、そしてETH通貨やその他の通貨の価値の低下が引き起こされる可能性があります。そのような状況が継続した場合、Ethereumブロックチェーンを処理している企業は正常に機能することができず、投資された資金は失われてしまいます。

KICKICOはICO、プレICO、クラウドファンディング、そしてクラウドインベスティングを安全かつ簡単に行うためのプラットフォームです。私たちの目的は、大量の資金を調達した場合でもEthereumブロックチェーンを崩壊させることのないプラットフォームを作り出すこと、そして世界各地の人々が自身のプロジェクトへの投資を促すための簡単で便利な手段を提供することです。

市場に数多く参入している類似のプロジェクトとは異なり、KICKICOはICO市場、クラウドファンディング市場の問題点や、作成者が直面する問題、投資者や支援者のニーズをよく理解した上で作られていいます。KICKICOは、ICOキャンペーンの作成時やトークンの分配時に作成者が直面するすべての困難に対処し、雑務が多いクラウドファンディングプロジェクトの作成者や異常に高い手数料を軽減します。しかし、それでいてKICKICOは独自のKickCoin仮想通貨に基づく経済システムを持つ他にはないプラットフォームです。これは「クラウドファンディング」のセクションで後述されるように、投資者や支援者を失敗や不正なキャンペーンから守るために設計されたものです。


◇Message for Japan by CEO

KICKICOによって、イノベーター、開発者、ブロックチェーンの先導者、企業家、デザイナー、クリエイターは、自らのアイデアを実現させるために必要となるリソースやサポートを今までよりも簡単に見つけることができるようになります。そして、暗号通貨だけでなく、コミュニティのサポートやKICKONOMYの力によって、数多くのアイデアを実現できるようになります。

• ICO、プレICO 、クラウドファンディングキャンペーンの立ち上げ
• ICO、プレICO 、クラウドファンディングキャンペーンに関連する様々なサポートサービスの提供
• 暗号通貨であるKickCoinをプラットフォーム内の支払い手段として利用することによって、プレICO、ICO およびその他のクラウドファンディングキャンペーンの安全性を保障

従来型のクラウドファンディング、私たちはそれを「クラウドファンディング1.0」と呼ぶのを好んでいますが、そこには3つの大きな特徴的な問題が存在しています。

第1に、開発者や潜在的な投資家にとって、クラウドファンディングという方法は利用しにくいものであり、しかもそのアクセスが制限されてしまっているという問題があります。

第2に、成功したキャンペーンの出資金から徴収される手数料や税金の問題があります。その金額は、プラットフォームではなく、そのプラットフォームの属する管轄区域に依存しており、そのことが大きな障害にもなっています。なぜ非営利団体の寄付金に40%もの所得税を払わなければならないのでしょうか?

最後に、特に重要なこととして、信用の問題があります。現在のICOの状況はまさにワイルド・ウェストの様相を呈しており、すでに成熟しきっていると思われるクラウドファンディング市場においてさえ、依然として詐欺やキャンペーンの失敗といった問題が頻発しています。

弊社では、上記のような問題だけでなく、クラウドファンディングやICO のマーケットを取り巻く多くの問題を解決するためのプラットフォームを構築しています。.

KICKICOにより、ユーザーは場所、管轄区域、支払いオプションなどに関係なく、自由にキャンペーンに参加することができます。弊社のプラットフォーム上では、暗号通貨と法定通貨の両方を広範囲に受け入れていく予定です。その結果、キャンペーンで調達された資金は、ユーザーの選択した通貨で蓄積されることになります。そのため、どこでどのようにして暗号通貨を法定通貨に変換するのかを自分で決めることができ、またどの国の管轄区域や税金を選択するのかも決定することができるようになります。これにより、ユーザーの所得税を削減することができるだけでなく、弊社自体の手数料も調達資金の4%にまで減らすことが可能となります。

プラットフォーム上で行われるすべての投資は、弊社独自のトークンであるKickCoinによって支えられています。これにより、支援者はキャンペーンの作成者からキャンペーン用のトークンや成功の約束を得ることができるだけでなく、プラットフォーム上で利用可能な価値のある資産を手に入れることになります。このKickCoinという資産はKickconomyのサポーターとの間で利用することもでき、また様々な取引所で取引することもできます。Kickconomyとは弊社のプラットフォーム上で立ち上げられた様々なプロジェクトから構成されるエコシステムであり、プロジェクトの製品やボーナスの支払いオプションとしてKCを受け入れています。そして、その見返りとして、Kickonomyに参加しているプロジェクトには、プラットフォーム上で特集されるといった特典が与えられるとともに、弊社のコミュニティのメンバーやその他のトークンホルダーが絶え間なく訪れるようになります。

さらに、KCトークンの価値はトークンファンドの作成によっても支えられます。KICKICOは、プラットフォーム上のICOキャンペーンによって生み出されたトークンや暗号通貨の4%を手数料として受け取ります。キャンペーン用のトークンを利用するこのようなファンドはセキュリティとして機能し、プロジェクトの一部の価値が上がって行く時にKCトークンの価値を裏付けることになります。

KICKICOのプラットフォーム上では、既に世界中の様々な業界のプロフェッショナルたちによって立案されたプロジェクトが待機しており、KICKICO上には現時点ですでに250以上ものドラフトプロジェクトが存在しているのです。


◇プロジェクト第一弾は?

 日本初となるプロジェクトの第一弾は、インフルエンサーに関連するソフトウェア開発やマーケティング支援などを行なう EXTRAVAGANZA INTERNATIONAL, INC. (エクストラバガンザインターナショナル )が手掛ける資金調達プロジェクトです。

彼らのもとには数多くの日本のインフルエンサーが加盟しています。インフルエンサーを迅速かつ効率的に見つけ、インフルエンサーのメディアを全世界の人々へ開放していくことで、更に価値が得られるような新たなプラットフォームを開発しています。

KICKICOは、日本のスタートアップのみなさまに、新たなマーケットやオーディエンスに手を伸ばすための素晴らしい機会をご提供していきます。

ある意味、KICKICOはミステリアスだと思われているのかもしれません。

しかし、日本の何十何百もの優れた起業家のために、グローバルな世界へとつながる扉を開いていきます。日本という素晴らしき国には、世界にシェアすべき優れたアイディアや実行力を持った数多くのスタートアップが存在するのだということ。

KICKICOによって、あなたの夢や目標やアイディア実現のための一役となれれば幸せです。

            Anti Danilevski


◇KICKICO ICOスタート 8.29-9.29
https://www.kickico.com/ja/campaigns/999/ico

[画像4: https://prtimes.jp/i/27912/1/resize/d27912-1-343602-1.jpg ]



News
http://www.newsbtc.com/2017/07/21/kickico-taps-blockchain-to-offer-easy-and-advanced-fundraising/
http://www.huffingtonpost.com/entry/get-the-skinny-on-digital-currency_us_59692270e4b022bb9372b172?ncid=engmodushpmg00000003
https://www.coinspeaker.com/2017/06/28/kickico-releases-whitepaper-addressing-ico-market-problems/
http://irishtechnews.ie/business-showcase-kickico/
https://bitcoinmagazine.com/partners/kickico-launching-token-sale-support-new-crypto-crowdfunding-platform/
https://www.cryptocoinsnews.com/kickico-allows-ico-investors-hedge-poorly-executed-projects/
https://www.cryptopoint.nl/nieuws-archief/213214_kickico-taps-blockchain-to-offer-easy-and-advanced-fundraising
https://cointelegraph.com/news/serious-fundraising-as-ethereum-wobbles-icos-need-a-firm-hand
https://rb.ru/opinion/kikstarter-dlya-ico/
https://dtf.ru/8007-mnenie-problemy-kraudfandinga-reshayutsya-s-pomoshchyu-kriptovalyut

http://www.forbes.ru/tehnologii/346793-ico-vs-kraudfanding-kak-haypy-prevrashchayutsya-v-antihaypy :
http://www.forbes.ru/tehnologii/346793-ico-vs-kraudfanding-kak-haypy-prevrashchayutsya-v-antihaypy


KICKICOについて 
【会社概要】
会社名 : KICKICO  (キックアイシーオー)
所在地 : Tverskaya St, 7, Moskva, Russia, 125009
代表者 : Anti A. Danilevski
設立年 : 2015
サイト : https://www.kickico.com/ja/
事業内容 : KICKICOはクリプトコラボレーションにおけるクラウドファンディングとクラウドインベストメントの企業です。KICKICOは集中プラットフォーム(Kickstarterなど)からEthereumベースのスマートコントラクトへのクラウドファンディングを推進しています。これにより、オーバーヘッドを大幅に削減する分散型のクラウドファンディングモデルを実装できるだけでなく、失敗したプロジェクトからバッカーを保護するメカニズムも提供されます。KickCoinsと呼ばれるブロックチェーンベースのトークンによる投資を保証します。 KICKICOは、ICOとクラウドファンディングキャンペーンの両方に強力で便利で最新のプラットフォームを提供します。

PR TIMESプレスリリース詳細へ

(提供:PR TIMES

画像

この記事を気に入ったら
「いいね!」しよう

今、あなたにオススメ(PR)

Pickup!