このページについて配信会社から提供された企業や団体等のプレスリリースを原文のまま掲載しており、朝日新聞社が取材・執筆した記事ではありません。お問い合わせは、各情報配信元にお願いします。

インドのオンライン旅行会社に出資 インドNo.1のOTA「Make My Trip社」の子会社と共にインドの海外旅行市場を強化

  • 配信元:PR TIMES
  • 2017年9月7日

(PR TIMES) - リリース発行企業:株式会社エイチ・アイ・エス

 株式会社エイチ・アイ・エス(本社:東京都新宿区 代表取締役会長兼社長:澤田 秀雄 以下、H.I.S.)は、インドにおける旅行事業の拡大と、新たなオンライン旅行ビジネスの成長機会の創出を目的に、インドを拠点にしたオンライン旅行事業を展開するBONA VITA TECHNOLOGIES PRIVATE LIMITED社(本社:インド・デリー 創業者兼CEO:アミタバ・ミスラ 以下、BONA VITA社)の第三者割当増資により株式取得しました。これにより、急成長するインド市場での旅行事業拡大を加速させ、H.I.S.が持つ世界の旅の素材を提供すると共に、BONA VITA社が持つ様々なテクノロジーの日本市場における活用を視野に入れ検討をすすめてまいります。

BONA VITAが展開するGoFro.Comサイトの特徴

[画像: https://prtimes.jp/i/5110/489/resize/d5110-489-804251-0.jpg ]

 「GoFro」は、2015年に技術革新者でもあり旅行好きのアミタバ・ミスラ氏によって設立されたBONA VITA社が開発した主力サイトであり、旅行者とサプライヤーや旅のアドバイザーを結ぶオンライン旅行マーケットプレイスです。「Make My Trip(インド)」、「Yatra(インド)」、「TUI(ドイツ)」などの主要な旅行会社より提供された商品などを、ひとつのプラットフォーム上で組み合わせて提供することにより、旅行者の利便向上・需要創出を目的に展開しています。

急成長するインドの旅行市場獲得にむけてH.I.S.が持つ世界の旅の素材を提供
 2015年のインドにおける海外渡航者数は、1,667万人であり、2020年にはインド経済の力強い成長と共に2,690万人に達すると予想されています。(出典:UNWTO&Renub Research)その背景には、13億人を超える人口の約半分が25歳以下であり、連邦準公用語が英語ということもあり、海外旅行市場に高いポテンシャルがあると考えられます。そのような環境下の中、2015年インド最大のECサイトCTOを務めた人物とOTA出身者によって創業されたBONA VITA社は、最新のテクノロジーとインドの旅行業界を熟知したメンバーで構成されており、インドのレジャー市場でシェア拡大を目指しています。既に主要株主であるインド最大のOTAである「Make My Trip社」と同様にONA VITA社へ出資をする事により、H.I.S.が展開する海外66ヵ国157都市278拠点が持つ旅の情報や各都市の旅のインバウンド素材をサプライヤーとして提供しつつ着地でのサポートを行うことで、インド市場での事業拡大を図ります。

<BONA VITA社 概要>
■会社名:BONA VITA TECHNOLOGIES PRIVATE LIMITED
■所在地:インド デリー
■主要株主:Make My Trip Limited
■事業内容:インド人向けの国内旅行、海外旅行商品をオンライン上で販売

PR TIMESプレスリリース詳細へ

(提供:PR TIMES

画像

この記事を気に入ったら
「いいね!」しよう

今、あなたにオススメ(PR)

Pickup!