このページについて配信会社から提供された企業や団体等のプレスリリースを原文のまま掲載しており、朝日新聞社が取材・執筆した記事ではありません。お問い合わせは、各情報配信元にお願いします。

国内最大級のゴルフポータルサイトGDO、データ統合基盤の強化にTalend Big Dataを活用

  • 配信元:PR TIMES
  • 2017年9月20日

(PR TIMES) - リリース発行企業:Talend株式会社

‐ 柔軟で拡張性の高いマーケティングデータプラットフォームを実現 ‐

2017年9月20日-クラウドおよびビッグデータ統合ソフトウェアの世界的リーダーであるTalend(米国カリフォルニア州レッドウッドシティ、NASDAQ: TLND、日本法人Talend株式会社<東京都港区、カントリーマネージャー 西村 哲也>、以下Talend)はこのたび、国内最大級のゴルフポータルサイトを運営する株式会社ゴルフダイジェスト・オンライン(東京都品川区、代表取締役社長 石坂 信也、以下GDO)が、デジタルマーケティング基盤の全面クラウド移行に伴いTalendのデータ統合ソリューション「Talend Big Data」を用い、拡張性の高いデータ統合環境を実現したことを発表しました。GDOへの提案、コンサルティング、構築、およびサポートは、販売代理店である株式会社エアー(東京都港区 執行社長COO 森 剛)が担当しました。

GDOでは2016年上期に、ゴルフ用品・サービスのリテールビジネス、ゴルフ場予約サービス、スコア管理サービスなど、さまざまなサービスから取得する膨大なデータを有機的に連携することを目的に、デジタルマーケティング基盤の再構築に着手、2017年上期に構築を完了しました。データソース、データ量の増加、データ分析の高度化、複雑化によるインフラの保守運用課題を解決するため、利用顧客のデータを管理するDMPをオンプレミス環境からAmazon Web Service(AWS)へ移行させ、ETL環境の再構築にあたっては、Talend Big Data製品を活用。GDOクラブ会員情報、リテール情報、ゴルフ場予約情報、スコア管理情報など20種類を超える多様な情報ソースからデータの収集・処理、DWH/BIシステムへのデータ受け渡しにより、柔軟で拡張性の高いマーケティングプラットフォームの運用が可能になりました。
[画像: https://prtimes.jp/i/26223/8/resize/d26223-8-950924-0.jpg ]


同社では、従来のETL製品の限界によりデータベース側でストアドプロシージャ―を多用していましたが、今回のクラウド化をきっかけにDWHやETL製品を見直し、AWS開発環境との適合性の点からTalend製品を選定。選定理由について、同社お客様体験デザイン本部本部長の志賀智之氏は、1.データ統合ハブ機能、オープンソフトウェアとしての高い評価、豊富な企業の導入実績などETLとしての評価、2.開発ユーザーライセンスをベースとしたライセンス体系、3.Amazon EC2インスタンス上のシステム構築、Amazon Redshift専用コンポーネントなどAWSとの高い親和性、4.GUIベースの開発環境下でのデータ統合や連携ジョブ開発など、高い拡張性と保守性、5.国内に拠点を置くベンダーと連携した販売代理店(株式会社エアー)による優れたサポート体制、と説明しています。
Talendは、次世代のクラウドおよびビッグデータ統合ソフトウェアにおける世界的なリーダーです。オープンかつネイティブな統合プラットフォームの活用により、日々進化する最新テクノロジーへの対応や変化するビジネスニーズへの柔軟な対応を可能にし、ビッグデータプロジェクトに要する時間の短縮(最大7分の1)、コストの大幅な削減(5分の1)を実現します。
また、Allianz、Citi、General Electric、Lenovo、Siemensなど、金融サービス、テクノロジー、通信、医療、製造、小売りを中心に、幅広い業界にわたって1,500社を超える企業で採用されているほか、Amazon Web Service、Google、Microsoft、Cloudera、Hortonworks、MapRなど、120社以上のクラウド/ビッグデータ分野のパートナー企業、またAccenture、Capgeminiなど大手システムインテグレーターと連携しています。
GDOにおける製品導入についてTalend株式会社カントリーマネージャーの西村哲也は、「複数のソースからの多様なデータを迅速に統合し、マーケティング施策にすぐに反映させるというということは、まさに時代のニーズでありながら、IT部門と担当部署との調整や、複数のデータプラットフォームの統合といった多くの課題を持つものです。GDO様ではお客様デザイン本部に全社インフラとは別のIT担当部門を構え、現場のスピードとニーズに耐えうるデータ基盤を構築されました。今後はこのような流れが主流になるものとみており、Talendのオープンで柔軟なソリューションがお役に立つことと思います」とコメントしています。

Talend Big Data について
Talend Big Data製品では、ネイティブコードを生成するグラフィカルツールやウィザードを使用することで、ビッグデータの統合をシンプルかつ自動化します。そのため、Apache Hadoop、Apache Spark、Spark Streaming、およびNoSQLデータベースを即座に運用することが可能になります。また、高い拡張性とインメモリ高速データ処理により、さらに多くのデータを活用したリアルタイムの意思決定を可能にします。

Talend Big Dataのメリット
- SparkとHadoopで驚異的な速度と規模を実現
- 誰もがビッグデータへのアクセスとクレンジングができる環境においてのガバナンスを確保
- クラウドでのビッグデータパフォーマンスを最適化
- 将来も安心して利用できるアーキテクチャで投資を保護
- Talendの最新かつ包括的なデータ統合プラットフォームには、Big Data Integration、Data Integration、Application Integration、Integration Cloud、Data Preparationの各製品が含まれています。


ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)について

ゴルフダイジェスト・オンラインは、ゴルフ新品中古用品販売、中古ゴルフショップ「ゴルフガレージ by GDO」運営、ゴルフ場予約サービス、ゴルフ場向けB2Bサービス、ゴルフメディア、広告事業・モバイル事業、レッスン事業及びゴルフテックの運営、子供向けゴルフレッスン事業を展開し、
インターネットでゴルフのワンストップ・サービス(見る・買う・行く・楽しむ)を実現しています。

Talendについて

Talendはクラウドとビッグデータ統合における次世代のリーダーです。企業がデータを戦略的な資産としてリアルタイムに、組織全体で活用し、顧客、ビジネスパートナー、さらには組織の運営におけるインサイトを得るために必要なソリューションを提供しています。Talendが提供するオープンかつネイティブなデータ統合プラットフォームは、日々進化を遂げる最新のテクノロジーへの対応や、刻々と変化するビジネスへの柔軟な対応を可能にし、今企業に必要とされているスピーディなデータ活用を実現します。Talend株式会社は、Talend Inc. 100%の出資の日本法人です。グローバル企業で活用されている最先端のテクノロジーを日本のお客様のビジネスニーズ対応する形で提供すべく、営業、マーケティング、サポート活動を展開しています。
Talendならびに同社製品に関する詳細はホームページhttps://jp.talend.com/ をご覧ください。

【本件に関する報道関係のお問い合わせ先】

Talend広報代理 株式会社トレイントラックス
担当:野田 藍子、遠藤 玲奈
Tel: 03-5738-4177 Fax: 03-5738-4178
E-mail: pr@traintracks.jp

PR TIMESプレスリリース詳細へ

(提供:PR TIMES

画像

この記事を気に入ったら
「いいね!」しよう

今、あなたにオススメ(PR)

Pickup!