このページについて配信会社から提供された企業や団体等のプレスリリースを原文のまま掲載しており、朝日新聞社が取材・執筆した記事ではありません。お問い合わせは、各情報配信元にお願いします。

「第4回 チャレンジ!糖尿病いきいきレシピコンテスト」受賞者決定!最優秀賞は滋賀県立大学の学生の手に!

  • 配信元:PR TIMES
  • 2017年10月12日

(PR TIMES) - リリース発行企業:公益社団法人日本糖尿病協会

●優秀賞:名古屋学芸大学(愛知県)、徳島文理大学短期大学部(徳島県)、中村学園大学(福岡県)●審査員特別賞:京都聖母女学院短期大学(京都府)●その他の参加7チームにも「審査員奨励賞」を授与

[画像1: https://prtimes.jp/i/26101/3/resize/d26101-3-902268-0.jpg ]


 公益社団法人 日本糖尿病協会(所在地:東京都千代田区麹町2-2-4、理事長:清野 裕・関西電力病院総長)は「第4回 チャレンジ!糖尿病いきいきレシピコンテスト」(後援:厚生労働省・文部科学省等)の「二次実技審査(最終選考)」を2017年10月8日(日)に東京都内で実施し、応募作品387件のレシピの中から入賞作品を決定しました。

 若い世代に糖尿病への関心を高めてもらい、糖尿病予備群や糖尿病患者用のレシピを考える第4回目のコンテストは「おいしい、バランスの良い手作りごはんで、健康&幸せ家族を目指そう!」をテーマとしました。日本在住で栄養士・管理栄養士を目指し学業に励んでいる全国の学生(専門、短大、大学)を対象に、「朝食」「昼食」「夕食」の3部門のレシピを6月から2カ月間募集しました。

 今回も、前年を大幅に上回る応募があり、応募総数387件(前年比117%、「朝食」部門113件、「昼食」部門124件、「夕食」部門150件)に達しました。このうち、一次審査(書類審査)を通過した11校、12チームが二次実技審査(最終選考)に進み、応募者本人によるレシピの再現調理、審査員による試食審査を行いました。

 「最優秀賞」の栄冠に輝いたレシピは、夕食部門に応募した滋賀県立大学(滋賀県)の「夏のさっぱり和風フレンチ」です。この他、「優秀賞」には、朝食部門:名古屋学芸大学(愛知県)、昼食部門:徳島文理大学短期大学部(徳島県)、夕食部門:中村学園大学(福岡県)、「審査員特別賞」に京都聖母女学院短期大学(京都府)がそれぞれ選出されました。さらに、残り7チームにも「審査員奨励賞」を授与し、最終選考に進んだ12チームすべてが受賞する結果となりました。

 当協会では、このレシピコンテストを通じて、糖尿病食の持つイメージを明るいものとし、糖尿病患者さんや予備群の方々の毎日の食生活に貢献したいと考えています。

*当日の写真、受賞作品の写真をご希望の報道関係の方は下記のアドレスまでメールでご請求ください。画像データをお送りいたします。
info-challenge-recicon2014@recicon.jp


「チャレンジ!糖尿病いきいきレシピコンテスト」http://www.recicon.jp/

[画像2: https://prtimes.jp/i/26101/3/resize/d26101-3-669356-1.jpg ]

=「第4回 チャレンジ!糖尿病いきいきレシピコンテスト」概要=

●主催
 公益社団法人 日本糖尿病協会

●共催
 47都道府県糖尿病協会

●後援
 厚生労働省/文部科学省/日本医師会/日本歯科医師会/日本糖尿病学会/
 日本糖尿病対策推進会議/日本病態栄養学会/日本栄養士会/日本糖尿病療養指導士認定機構/
 日本糖尿病財団/全国栄養士養成施設協会/日本生活習慣病予防協会/
 日本小児・思春期糖尿病研究会/日本肥満学会/日本肥満症治療学会/日本糖尿病合併症学会

●協賛
 アクサ生命保険株式会社/大正富山医薬品株式会社/
 日本ベーリンガーインゲルハイム株式会/MSD株式会社/小野薬品工業株式会社/
 株式会社遠藤製餡/株式会社RDサポート

●協力
 旭化成ホームプロダクツ/株式会社アットファースト/ウィナーズ株式会社/協和株式会社/
 株式会社小久保工業所/サンコー株式会社/シチズン時計株式会社/シロカ株式会社/
 タイガー魔法瓶株式会社/ツインバード工業株式会社/株式会社ティ・ユー・エフ/
 株式会社テスコム/株式会社ドウシシャ/株式会社ドリテック/日興リカ株式会社/
 日本ニーダー株式会社/ハイアールジャパンセールス株式会社/ブラザー工業株式会社/
 マルコメ株式会社/株式会社山善/CORED株式会社/HUROM株式会社/
 株式会社mhエンタープライズ

●テーマ
 「おいしい、バランスの良い手作りごはんで、健康&幸せ家族を目指そう!」
 *1日の始まりとなる朝食、午後に向けての活力となる昼食、ゆったりと疲れを癒す夕食
 「糖尿病予備群」「糖尿病患者」向けレシピ。

●応募対象者
 日本在住で、栄養士・管理栄養士を目指す専門・短大・大学生
 個人でもチーム(3名まで)でも可、3部門すべての部門にエントリーも可

●応募部門
 朝食部門/昼食部門/夕食部門

●賞
 ・最優秀賞/1名(1チーム)
 ・優秀賞/朝食部門 1名(1チーム)、昼食部門 1名(1チーム)、夕食部門 1名(1チーム)
 ・審査員特別賞/1名(1チーム)
 ・審査員奨励賞/若干名
 *受賞者には賞状と副賞とトロフィーを贈呈

●募集期間
 2017年6月1日(木)~7月31日(月)

●実技審査参加校
  11校12チーム

●受賞者(敬称略)

[画像3: https://prtimes.jp/i/26101/3/resize/d26101-3-609017-2.jpg ]

[画像4: https://prtimes.jp/i/26101/3/resize/d26101-3-933840-3.jpg ]


●審査員
 清野 裕  (公益社団法人日本糖尿病協会 理事長)
 大部 正代 (公益社団法人日本糖尿病協会 理事/管理栄養士/実行委員長)
 立川 倶子 (公益社団法人日本糖尿病協会 顧問/管理栄養士)
 赤司 朋之 (公益社団法人日本糖尿病協会 医療者教育委員/医師)
 山本 真吾 (公益社団法人日本糖尿病協会 さかえ編集委員/管理栄養士)
 大木 真理子(公益社団法人日本糖尿病協会 インスリンメンター)
 中垣 剛  (アクサ生命保険株式会社 メディカル&プロテクション事業開発部 部長)
 藤田 恵子 (大正富山医薬品株式会社 理事/学術研修センター長)


【本件に関するお問い合わせ先】
「チャレンジ!糖尿病いきいきレシピコンテスト」事務局
株式会社読売エージェンシー内
担当/丸山・原田・尾嶋・伊藤・益田
〒102-0071 東京都千代田区富士見2-1-12
TEL:050-7576-1250 am10:00~pm5:30(土日祝を除く)
E-mail:info-challenge-recicon2014@recicon.jp


【協会に関するお問い合わせ先】
公益社団法人日本糖尿病協会
事務局/堀田
〒102-0083 東京都千代田区麹町2-2-4 8F
TEL :03-3514-1721 FAX: 03-3514-1725
E-mail: hotta@nittokyo.or.jp

PR TIMESプレスリリース詳細へ

(提供:PR TIMES

画像

この記事を気に入ったら
「いいね!」しよう

今、あなたにオススメ(PR)

Pickup!