このページについて配信会社から提供された企業や団体等のプレスリリースを原文のまま掲載しており、朝日新聞社が取材・執筆した記事ではありません。お問い合わせは、各情報配信元にお願いします。

Daniel Wangの愛をたっぷりと詰め込んだ虹色のパーティーDISCO! DISCO!! DISCO!!!開催。

  • 配信元:PR TIMES
  • 2018年5月8日

(PR TIMES) - リリース発行企業:株式会社グローバル・ハーツ

1年に1度の虹色のパーティー“DISCO! DISCO!! DISCO!!!” 再びDaniel WangがContactに帰くる。


Daniel Wang @ RTS.FM - 03.06.2011 ▼


[動画: https://www.youtube.com/watch?v=-p3GN6OS0go ]



[画像1: https://prtimes.jp/i/24165/302/resize/d24165-302-494623-0.jpg ]

Daniel Wang
昨今のハウス・シーンにおけるダブ・ハウス系のムーブメントと共に再評価されたレーベルBalihuのオーナーでありディスコ・ダブ・サウンドのオリジネーターであるDaniel Wang。80年代後期のニューヨーク在住時に耳にしたファンキーなハウス・ミュージックに衝撃を受け、自らのレーベルBalihuを設立。ムーグやテルミン、ヤマハのシンセサイザーなどを駆使し、100%オリジナルのトラックを制作。2003年に拠点をベルリンに移動。ハウス/イタロ/クラシックなどを織り交ぜるユニークなDJスタイルで世界中のフロアーを賑わせ、ここ日本でも野外フェスなどのビッグ・パーティから、アンダーグラウンドなクラブまで場所を選ぶことなく、ダンス・フロアを笑顔で埋め尽くしている。彼のスタイルは、決して奇抜なものや派手なものではなく、むしろどこか懐かしくノスタルジックな感覚を持ち、しかしながら懐古趣味のガラージ回帰とも違うソウル・ミュージックのような温かみと愛情が溢れている。


イベント詳細

5月12日(土)DISCO! DISCO!! DISCO!!! supported by bal
Open 22:00
Before 11PM ¥1000, Under 23 ¥2000, GH S Members ¥2500, w/F ¥3000, Door ¥3500

《前売券》
◎Resident Advisor https://jp.residentadvisor.net/events/1098993
◎clubberia https://www.clubberia.com/ja/events/278186-Daniel-WANG-presents-Disco-Disco-Disco-supported-by-bal/
◎iFlyer https://iflyer.tv/ja/event/301862/
-------------------------------------------------------------------------------------------
Studio:
Daniel Wang (Balihu Records)
Monkey Timers (Disko Klubb)
Jun Kamoda
bon appétit ($HOW5#テガキ & KAI) -Opening DJ

produced by PRIMITIVE INC.

Contact:
EUG (Public Release | Face | SF)
EZ, FRAZER, FRAN-KEY, KUN & MAXXRELAX from MILD BUNCH SOUNDSYSTEM
SAM FITZGERALD (TNP | vendor)

[Photo]
Niiiyan

[Food]
Edie (青山蜂)

[Relaxation]
NUUMO

[Disco Hell]
NAGOYA
Supported by COCALERO

『Daniel Wangの愛をたっぷりと詰め込んだ虹色のパーティーDISCO! DISCO!! DISCO!!!』

1年に1度の虹色のパーティー“DISCO! DISCO!! DISCO!!!” 再びDaniel WangがContactに帰ってきます。古くはニューヨーク、現在はベルリンへと、つねに最先端のダンスミュージックが生まれる場所を拠点にしつつも、全く影響を感じさせない七色のパフォーマンスはダンスフロアを笑顔で埋めつくし、音楽を通して喜びを伝えることができるDJとして世界中から愛されています。Daniel Wangと一晩を過ごす国内陣は(((さらうんど)))としての活動やラッパーのイルリメとしても知られるJun Kamodaと、新世代のブライテストホープMonkey Timers。さらに来日を記念して作られたDaniel Wangが主宰する”Balihu Records”とbalのアイテムも数量限定で販売をします。ラウンジには野村訓市が率いるMild Bunch Sound Systemが、サンフランシスコから話題のレーベル”Public Release Recordings”主宰のEugene “Eug” Whangを迎えて登場。強力ラインナップと共に徹底的にディスコする一夜です。
文: Yoichi Oyama (PRIMITIVE INC.)

[画像2: https://prtimes.jp/i/24165/302/resize/d24165-302-653769-1.jpg ]

[画像3: https://prtimes.jp/i/24165/302/resize/d24165-302-443085-2.jpg ]



========================================================
Contact
東京都渋谷区道玄坂2-10-12 新大宗ビル4号館地下2階
Tel: 03-6427-8107
http://www.contacttokyo.com
You must be 20 and over with ID.

PR TIMESプレスリリース詳細へ

(提供:PR TIMES

画像

この記事を気に入ったら
「いいね!」しよう

今、あなたにオススメ

Pickup!