このページについて配信会社から提供された企業や団体等のプレスリリースを原文のまま掲載しており、朝日新聞社が取材・執筆した記事ではありません。お問い合わせは、各情報配信元にお願いします。

「サイバーセキュリティの世界市場:2022年に至るソリューション・セキュリティタイプ別予測」最新調査リリース

  • 配信元:ドリームニュース プレスリリース
  • 2017年7月20日

(ドリームニュース プレスリリース) - 【レポート紹介】
サイバーセキュリティの世界市場規模は2017年段階の1378億ドルから、今後2022年には2319億ドル市場へと拡大すると予測されます。当レポートでは、2022年に至るサイバーセキュリティ市場の世界市場予測(市場規模US$)、ソリューション別市場(ID/IAM、リスク/コンプライアンス管理、暗号化、DLP、UTM、ファイアウォール、アンチウイルス/マルウェア対策、IDS/IPS、セキュリティ/脆弱性管理、ディザスタリカバリ、DDoS緩和、SEIM、その他)、サービス別市場(マネージドサービス、専門サービス各種)、セキュリティタイプ別市場(ネットワーク、エンドポイント、アプリケーション、クラウド、ワイヤレス、その他)、展開モード別市場(クラウド、オンプレミス)、組織規模別市場(中小企業、大企業)、業界別市場(航空宇宙/防衛、政府、銀行/金融サービス/保険、IT通信、医療ヘルスケア、小売、製造業、エネルギー/ユーティリティ、その他)、主要国地域別市場など、詳細な市場予測データと分析を掲載しています。また市場分析、競合状況、主要メーカー企業12社プロフィール動向などの情報も交えて、サイバーセキュリティ市場の現在と今後展開を予測分析していきます。

【英文市場調査レポート】
サイバーセキュリティの世界市場:2022年に至るソリューション・セキュリティタイプ別予測
Cybersecurity Market by Solution (IAM, Encryption, DLP, UTM, Antivirus/Anti-Malware, Firewall, IDS/IPS, Disaster Recovery, DDOS Mitigation, SIEM), Service, Security Type, Deployment Mode, Organization Size, Vertical, and Region - Global Forecast to 2022
http://researchstation.jp/report/MAM/6/Cybersecurity_2022_MAM669.html

【レポート構成概要】
◆ サイバーセキュリティの世界市場予測2015-2022年
・市場規模(US$)

◆ ソリューション/サービス別、市場-2022年
・ソリューション
・サービス
※(市場規模US$)

◆ ソリューション別、市場-2022年
・ID、アクセス管理(IAM)
・リスク、コンプライアンス管理
・暗号化
・データ損失防止(DLP)
・統合脅威管理(UTM)
・ファイアウォール
・アンチウイルス、マルウェア対策
・侵入検知システム(IDS)、侵入防御システム(IPS)
・セキュリティ、脆弱性管理
・ディザスタリカバリ
・分散型サービス拒否(DDoS)緩和
・セキュリティ情報およびイベント管理(SIEM)
・その他ソリューション
※(市場規模US$)

◆ サービス別、市場-2022年
・マネージドサービス
・専門サービス
-コンサルティング
-トレーニング、教育
-サポート、メンテナンス
-設計、統合
-リスク、脅威評価
※(市場規模US$)

◆ セキュリティタイプ別、市場-2022年
・ネットワークセキュリティ
・エンドポイントセキュリティ
・アプリケーションセキュリティ
・クラウドセキュリティ
・ワイヤレスセキュリティ
・その他セキュリティタイプ
※(市場規模US$)

◆ 展開モード別、市場-2022年
・クラウド
・オンプレミス
※(市場規模US$)

◆ 組織規模別、市場-2022年
・中小企業
・大企業
※(市場規模US$)

◆ 業界別、市場-2022年
・航空宇宙、防衛
・政府
・銀行、金融サービス、保険
・IT通信
・医療ヘルスケア
・小売
・製造業
・エネルギー、ユーティリティ
・その他業界
※(市場規模US$)

◆主要国地域別市場-2022年
・北米
・欧州
・アジア太平洋
・中東アフリカ
・南米
※ 地域別に全てのセグメントの細分化データ掲載、詳細は目次参照
※ (市場規模US$)

◆市場分析
・市場ダイナミクス(ドライバー、障壁、機会、課題)
・当局規制
・競合状況

◆ サイバーセキュリティの主要企業プロフィール動向
・INTERNATIONAL BUSINESS MACHINES (IBM) CORPORATION
・HEWLETT PACKARD ENTERPRISE
・MCAFEE LLC
・TREND MICRO, INC.
・SYMANTEC CORPORATION
・CHECK POINT SOFTWARE TECHNOLOGIES
・CISCO SYSTEMS, INC.
・PALO ALTO NETWORKS, INC.
・JUNIPER NETWORKS, INC.
・FORTINET, INC.
・FIREEYE, INC.
・SOPHOS LTD.

(キーイノベータ)
・PRADEO SECURITY SYSTEMS
・WHITEHAT SECURITY
・APPTHORITY INC.
・SITELOCK, LLC

(全179頁)

【レポート詳細目次、データ項目一覧(List of Tables)は下記URLより当社HPを参照ください】
★お問い合わせ先:
当レポートへのお問い合わせは、下記URLより「お問い合わせフォーム」アイコンクリックにてお願いいたします。
http://researchstation.jp/report/MAM/6/Cybersecurity_2022_MAM669.html

発行元:MarketsandMarkets(米国)について
http://researchstation.jp/Publishers/About_MarketsandMarkets.html

日本販売代理店:リサーチステーション合同会社
取扱い開始:2017年7月19日

★関連レポート
「ハードウェア暗号化の世界市場:タイプ・用途・製品別2022年予測」
http://researchstation.jp/report/MAM/4/Hardware_Encryption_2022_MAM417.html

★リサーチステーション合同会社について
リサーチステーション合同会社は、次世代エネルギー分野を主に、グリーン経済・産業に関する各国政府・企業・国際機関などの最新情報、海外業界ニュース、市場調査データなどを収集、ご提供しているリサーチ情報企業です。
海外調査会社が発行している市場調査レポートの輸入販売を幅広くお取り扱いしているほか、完全オリジナルの海外リサーチも企画、ご提案いたします。
世界中のリサーチ会社との幅広いパイプを活用し、様々な分野のリサーチ情報を組み合わせてご提案可能です。
国際マーケット情報のワンストップサービスとして、ぜひご活用ください。
URL:http://researchstation.jp/index.html


(提供:ドリームニュース

画像

この記事を気に入ったら
「いいね!」しよう

今、あなたにオススメ(PR)

Pickup!

Columns