このページについて配信会社から提供された企業や団体等のプレスリリースを原文のまま掲載しており、朝日新聞社が取材・執筆した記事ではありません。お問い合わせは、各情報配信元にお願いします。

第4回「会計事務所博覧会」は10月19日(木)・20日(金)に秋葉原で開催。主要な会計ソフトベンダーらが集結し、クラウドやFinTech、AIなど業界のIT化に関する最先端の情報・ノウハウを一挙公開。

  • 配信元:ドリームニュース プレスリリース
  • 2017年9月22日

(ドリームニュース プレスリリース) - 会計業界のクラウドやFinTech、AIなど、最先端の情報・ノウハウを一挙公開!!

会計業界向け「税界タイムス」を発行する新聞社(株)ゼイカイ(東京都千代田区)は、第4回となる「会計事務所博覧会2017」(http://kaikeihaku.com/)を、10月19日(木)20日(金)の2日間にわたり、JR秋葉原駅直結の「秋葉原UDX アキバ・スクエア」にて開催します。

AI時代を迎え、最新のクラウドサービスをはじめ、FinTechを活用した経理業務の効率化に代表される最新IT情報を盛り込み、会計事務所向けの最新システムの展示で、変化する会計業界の“今”をお伝えします。
今回も主要な会計ソフトベンダーと事務所経営をサポートする企業が出展、会計事務所の顧問先開拓、コスト削減、業務効率化に関連する様々なシステム・サービスをワンストップで検証できます。

IT社会の中で、税理士らが担う新たな役割は、「中小企業のIT化支援」。経理業務を中心とした企業のバックオフィス化を実現するために、様々なツールやサービスが誕生しています。過去最大の出展企業数となった今年の会計博は、会計事務所の新しい仕事の創造、業務改善、顧問先支援についての、そうしたツールやサービスの情報収集と比較検討ができる場所となっています。


会計博でしか聞けない人気のセミナー

会計博の目玉となった「集中セミナー」は、「FinTech(フィンテック)革命がもたらす会計業界への影響」「電子政府の先進国『エストニア』から学ぶ日本の会計業界の未来」「「女性戦力をどう活かすか!」「男性所長も必見のシンポジウム」「税務行政のデジタル化と税理士業務を考える」「クラウド活用で顧客拡大を成功させている若手税理士が本音トーク」の5本立て。先着100名の予約制となっています。

詳しくは、会計博公式サイトをご覧ください。
http://www.kaikeihaku.com

-----------------------------------------------------------------
開催概要
■会期
2017年10月19日(木)~20日(金)の2日間 午前10時~午後5時(最終日は午後4時)

■会場
アキバ・スクエア AKIBA SQUARE
〒101-0021 東京都千代田区外神田4-14-1 秋葉原UDX 2F
JR秋葉原駅 電気街口より徒歩2分(駅より直結)

■主催
 株式会社ゼイカイ
 (特別協力:一般社団法人Fintech協会 後援:一般社団法人租税調査研究会)

■主な出展企業
・財務・経理ソフト・システムメーカー
・クラウドシステム
・コンサルティング
・保険・不動産・リース
・職員採用・教育・福利厚生
・OA機器

■来場対象者 税理士、公認会計士、税理士法人、会計事務所職員 ほか

■入場料
無料

(提供:ドリームニュース

画像

この記事を気に入ったら
「いいね!」しよう

今、あなたにオススメ(PR)

Pickup!