このページについて配信会社から提供された企業や団体等のプレスリリースを原文のまま掲載しており、朝日新聞社が取材・執筆した記事ではありません。お問い合わせは、各情報配信元にお願いします。

ホンダ、日本赤十字社より「社長表彰」を受賞

  • 配信元:JCN
  • 2017年5月29日

(JCN) -

TOKYO, May 29, 2017 - (JCN Newswire) - Hondaは、日本赤十字社(本社:東京都港区、社長:近衛忠輝)が主催する「平成29年全国赤十字大会」において、「社長表彰」を受賞しました。今回の受賞は、日本赤十字社に対する継続的な寄付、及び社会貢献活動が総合的に評価されたことによるものです。表彰式は、5月25日(木)に東京都渋谷区にある明治神宮会館で行われました。

全国赤十字大会は、日本赤十字社が赤十字事業を日々推進する人々を労うとともに、顕著な功績を残した個人や団体を表彰し、赤十字のさらなる普及を目的として毎年開催される大会です。また、「社長表彰」は、寄付やボランティア活動を通して日本赤十字社の推進に貢献した団体や個人を表彰する制度です。

Hondaは、独自に発行する「Honda Cカード」のチャリティー(社会貢献)機能を通して、カードの年間総利用額に一定の割合を課した金額を1996年4月より約20年以上にわたり日本赤十字社に寄付してきました。寄付金の累計額は、2017年3月末時点で約4億5000万円となります。

また、Hondaが主催するファンへの感謝イベント「Enjoy Honda」の会場で、AED講習会や献血ブースを設置し、日本赤十字社の活動に協力しています。さらに、平成28年熊本地震の被災地で、支援活動を行う日本赤十字社に四輪車両を貸し出すなど、社会貢献活動にも積極的に取り組んできました。

Hondaは、今後も「存在を期待される企業」を目指し、「Honda Cカード」会員が寄付活動に参画できる取り組みを継続して行っていくとともに、社会貢献活動により一層力を入れて取り組んでいきます。

<Honda Cカードの概要>

- 国内のお客様に最適なサービスを提供することを目的として、1995年に発行開始
- クレジット機能に加え、ポイントのキャッシュバック、会員限定のサービス、チャリティー(社会貢献)機能を付加したカードで、2017年3月末時点での総会員数は約70万人※
- 年間総利用額に一定の割合を課した金額を日本赤十字社と公益財団法人日本ユニセフ協会に寄付。両団体への寄付金の累計額は、1995年から2017年3月末までで約9億円以上

※クレジット機能付きカードのみの会員数

概要:本田技研工業株式会社

詳細は www.honda.co.jp をご覧ください。

Source: Honda

Copyright 2017 JCN Newswire. All rights reserved.

(提供:JCN)

画像

この記事を気に入ったら
「いいね!」しよう

今、あなたにオススメ(PR)

Pickup!