このページについて配信会社から提供された企業や団体等のプレスリリースを原文のまま掲載しており、朝日新聞社が取材・執筆した記事ではありません。お問い合わせは、各情報配信元にお願いします。

アルバータ大学が持続可能なエネルギーと経済多様化で中国の研究者らと連携

  • 配信元:共同通信PRワイヤー
  • 2017年4月24日

(共同通信PRワイヤー) - アルバータ大学が持続可能なエネルギーと経済多様化で中国の研究者らと連携

AsiaNet 68272 (0593)

【エドモントン(カナダ・アルバータ州)2017年4月22日PR Newswire=共同通信JBN】
*最近のカナダ・アルバータ州訪中ミッションの際、アルバータ大学が中国のトップ研究機関である精華大学と「Joint Centre for Future Energy and Environment(未来エネルギー・環境共同研究センター)」の創設で提携

カナダのアルバータ大学は、低炭素で持続可能なエネルギー・ソリューションの開発で中国の研究パートナーと協力し、グローバルな環境問題に取り組んでいる。

Photo - http://mma.prnewswire.com/media/493013/UA_COLOUR.jpg

アルバータ大学と精華大学(http://www.tsinghua.edu.cn/publish/newthuen/ )の当局者は4月20日北京で、Joint Research Centre for Future Energy and Environmentを創設する協定を締結した。この協定は、アルバータ大学が中国側パートナーと締結した幾つかの重要な協定の1つで、アルバータ州が第2位の貿易相手国である中国との関係を強化するため派遣したレイチェル・ノトリー州首相を団長とするアルバータ州政府拡大貿易ミッションの一環である。

アルバータ大学のデービッド・ターピン学長は「アルバータ大学は中国および精華大学との長年にわたる提携関係を高く評価しており、この提携関係はクリーンエネルギー、環境、気候変動などの世界的に重要な課題に取り組むための世界をリードする人材を集めている。この協力関係をさらに強化することにより、さらに多くの発見への道が開かれ、両国および世界にとって有益な新たなアイデア、技術、イノベーションにつながることになろう」と述べた。

アルバータ大学のラリー・コスティーク副学長は、Joint Research Centre for Future Energy and Environmentは同大学と中国で最も優れた研究機関で世界のトップクラスに入るとされる精華大学との間の20年以上にわたる提携関係における最新の展開であると述べた。2012年には、アルバータ大学と精華大学はSino-Canadian Energy and Environment Research and Education Initiative(中国カナダ・エネルギー環境研究教育イニシアチブ、https://www.ualberta.ca/news-and-events/newsarticles/2012/10/leadinguniversitiesteamuponglobalchallenge )を創設、その結果、クリーンエネルギー、環境、水、エネルギー輸送、政策の分野で30以上のパートナーシップが形成された。

コスティーク氏はまた、今回の新共同研究センターは精華大学との関係を「まったく新しいレベル」に高めることになったと指摘、研究者らはエネルギー、環境、気候変動、再生可能エネルギー、最新の電力システム、エネルギー輸送など幅広い問題で協力することになるという。

協定締結のため訪中したコスティーク氏はさらに「これはカナダの一大学にとって、これほどまでに深く精華大学との提携関係を結んだケースとしては極めて稀有な機会である。われわれはお互いに異なった場所およびバックグラウンドを持つが、われわれはともに協力し、互いの異なった視点を活用して共通の課題の解決に当たりたい」と語った。

同センターの本拠は、最先端の研究施設がある精華大学に置かれる予定。運営が開始されればセンターは、全国に戦略的な国際研究センターを構築中の中国教育省を通じて資金調達の申請が可能となる。このセンターはカナダの大学との提携関係により創設されたものとしては唯一のものとなる。

コスティーク氏は新センターの副所長に就任するが、同時に現行のアルバータ大学の「Future Energy Systems(未来エネルギーシステム)」イニシアチブ(https://www.ualberta.ca/news-and-events/newsarticles/2016/september/ualberta-awarded-75m-for-energy-research )のディレクターの職務は維持する。このイニシアチブは、新しい低炭素エネルギー技術を向上、開発し、それらを今日のインフラストラクチャーに統合し、その適用による社会的、経済的な影響を理解するために、あらゆる分野の研究者を呼び集めるものだ。

コスティーク氏は、このアルバータ大学・精華大学のセンターは、必ずしもエネルギーとは結び付かない環境や水問題にも取り組むなど、Future Energy Systemsよりも対象範囲がより幅広いものになろうと指摘、「精華大学はクリーン、低炭素、再生可能エネルギーの研究および技術で世界的リーダーであり、われわれは皆、双方の極めて優れた人々とともに働くことになることを楽しみにしている」と語った。

精華大学のリサーチ・バイスプレジデントのキクン・シュー氏は「われわれはエネルギーシステム研究で世界的に評判の高いアルバータ大学とともに働けることをうれしく思う。われわれは、それぞれが持つ強みを持ち寄って、この地球が直面している多くの重要課題に取り組むことを期待している」と述べた。

パートナーシップは経済多様化、訓練を拡大

この共同研究センターに加え、Faculty of Rehabilitation Medicine(リハビリテーション医学部、https://www.ualberta.ca/rehabilitation )は、Guanghua International Education Association(光華国際教育連合会)との間で、中国がリハビリテーション能力を強化、拡大するのに役立つ保健従事者の訓練を発展させるための覚書に署名した。

TEC Edmonton(http://www.tecedmonton.com/ )は、精華大学の研究イノベーション・インキュベーターであるTusPark/TusStarとの間で、新しい共同インキュベーターに関する協定を締結した。TusPark/TusStarは、世界最大の大学サイエンスパークを運営しており、新たな提携によりそのグローバルリーチが拡大、エドモントンとアルバータ州にとって新たな経済的機会が創出されることになろう。

ノトリー州首相は「中国のこのような革新的なパートナーと関係を構築することによって、アルバータ大学やTEC Edmontonを支援することができて極めて誇らしく思う。このパートナーシップが成功し、さまざまな分野でアルバータの専門知識・技術を見ることができるようになり、アルバータ州住民のための機会を創出するだけでなく、世界中で状況が改善されることを期待している」と述べた。

ソース:University of Alberta

▽問い合わせ先
Bryan Alary
Communications Manager
Marketing & Communications
University of Alberta
Office: Tel: +1-780-492-0336
Email: bryan.alary@ualberta.ca

(提供:共同通信PRワイヤー

画像

この記事を気に入ったら
「いいね!」しよう

今、あなたにオススメ(PR)

Pickup!

Columns