このページについて配信会社から提供された企業や団体等のプレスリリースを原文のまま掲載しており、朝日新聞社が取材・執筆した記事ではありません。お問い合わせは、各情報配信元にお願いします。

VideologyがWhite Opsを使い3年で5000億回のボットリクエストをブロック、広告主は数10憶ドルを節約

  • 配信元:共同通信PRワイヤー
  • 2017年9月19日

(共同通信PRワイヤー) - VideologyがWhite Opsを使い3年で5000億回のボットリクエストをブロック、広告主は数10憶ドルを節約

AsiaNet 70118 (1419)

【ニューヨーク2017年9月18日PR Newswire=共同通信JBN】
*ビデオプラットフォームでマーケット初の入札前防御機能のWhite Opsとの統合を、ますます多くの広告主とメディア企業がプライベート・マーケットプレースで採用

*ボットリクエストのブロックは2018年第1四半期には1兆回を上回る見込み

テレビとビデオの広告コンバージェンスの大手ソフトウエア・プロバイダーであるVideology(http://www.videologygroup.com/ )は18日、ボットによる約5500億回の詐欺リクエストをブロックしたと発表した。この数は、同社が入札前防御機能のWhite Ops(http://www.whiteops.com/)を2015年第1四半期に統合して以来、その広告プラットフォームにおいて着実に増加している。Videologyは、この5500億回のボットリクエストへの広告配信は約100億ドルに相当するアドフラウドへの支出であり、それは過去3年間、無人の広告プレースメントを行っている組織の手にわたるものだったと見積もっている。当社は2018年の初めまでに約1兆回のボットリクエストをブロックする見込みである。

Logo: http://mma.prnewswire.com/media/325753/videology_logo.jpg

このように数が劇的に増加した一因は、デマンドサイドでVideologyの入札前ボット防御機能の使用がこれまでより増えたこと、そしてビデオポートフォリオ全体で採用するサプライヤーが増えたことである。さらにVideologyは、一部の最大手のグローバルメディア・エージェンシー、広告主と日常的に入札前防御機能を使用する大手メディア企業との間でプライベート・マーケットプレース(PMP)取引が増加していると見ている。一般的にPMPの関係ではトップティアにあるデマンド側のパートナーとトップティアのサプライヤーがマッチングするので、品質のコミットメントは高くなる。

このWhite Opsとの統合ではインプレッション・レベルのボットをブロックするが、過去から収集され、蓄積されたインサイトによってVideologyは高いトラフィックを持つ知られたボットを特定、排除し、プラットフォーム内のメディアの全体的な質を向上させる。このようにしてVideologyは2015年以来、17%の平均ブロック率を記録しており、これは毎月、着実に低下を続けている。

Videologyのスコット・ファーバー創立者兼最高経営責任者(CEO)は「Videologyは3年前、ビデオ広告のエコシステムに入札前詐欺防御のWhite Opsを実装した。われわれはこれにより、初期段階で詐欺に対して先回りし、明確な対応ができた。これは大胆な措置であり、顧客は最初、われわれの競合他社と比べてスケールと料金の両方で影響があったと受け止めた。プレミアムな在庫を実在の人に届けるコストは割高だからである。しかしわれわれは、それが実行されるべきと知っていた。そして本当の結果を求めることを希望する顧客は、われわれの努力を評価してくれた」と述べた。

White Opsのサンディープ・スワディアCEOは「Videologyは不正トラフィックとボット詐欺がビデオにおいてまん延していることを早くから認識していた。そこは特に高CPMと複雑なバリューチェーンによりサイバー犯罪者が群れを成す完璧な回避地である。VideologyはWhite Opsを最初に導入したビデオプラットフォームとして、その賢明な先見性とコミットメントで顧客に有意義な影響をもたらし続ける。アドフラウドとの戦いは「長いゲーム」であり、詐欺の防御が広告エコシステム全体に意味ある利益をもたらすことをVideologyの結果が示している」と述べた。

VideologyのプラットフォームはWhite Opsの入札前防御機能との直接統合により、リアルタイムで無人の検知と防御の機能を提供する。このソリューションはVideologyプラットフォームで稼働するすべのキャンペーンとデバイスで利用できる。この統合はVideologyプラットフォームのバイヤーに、キャンペーン期間を通してメディアの品質を確実にする能力を提供し、キャンペーンの主要目的を最適化しながら無人のリクエスト行動をブロックする。

▽Videologyについて
Videology(videologygroup.com )は、世界最大級のテレビとビデオの広告コンバージェンスのソフトウエア・プロバイダーである。同社はビッグデータを簡素化することで、マーケターやメディア企業が各スクリーンの視聴者の価値を完全に取り込める賢明な広告方針を決定できるようにしている。同社の数学と科学に基づいた技術により、顧客企業はデジタルビデオ・テレビ広告を管理、効果測定、最適化して、集束化されつつあるメディア界で最高の成果を達成することができる。

Videology, Inc.はベンチャーキャピタルの出資を得た株式非公開企業である。出資者にはCatalyst Investors、Comcast Ventures、NEA、Pinnacle Ventures、Valhalla Partnersが含まれている。Videologyは本社をニューヨークに置き、支社はボルティモア、オースティン、トロント、ロンドン、パリ、マドリード、シンガポール、シドニー、東京にあり、北米各地に営業所を設けている。

▽White Opsについて
White Opsは自動化された脅威からインターネットを保護する。それは例えば悪意あるボットによるアドフラウド、アカウントの乗っ取りである。世界最大かつ最も賢明なインターネット企業はWhite Opsを利用し、年間で何10億もの被害をもたらす自動化された脅威を検知し、阻止する。同社のHuman Verification技術はボット背後の悪意あるソフトウエア、アドフラウド、アプリ詐欺などの根本的な要因と戦い、自動化された脅威を防ぐ。ボットが実在の人のデバイスの不正使用、人証明への不正アクセス、人の行動の模倣といった洗練された技術を使用しても、White Opsは正確性と信頼性によってこうしたボットを阻止する。さらに詳しい情報については(www.whiteops.com )を参照のこと。

▽報道関係問い合わせ先
Zinnia Gill
Communications Lead, Videology
zgill@videologygroup.com
+1 (845) 807-2799

ソース:Videology

(提供:共同通信PRワイヤー

画像

この記事を気に入ったら
「いいね!」しよう

今、あなたにオススメ(PR)

Pickup!