試乗記

スバルBRZ GT 進化は洗練とともに

  • 2017年1月6日

  

写真:インパネやメーターバイザー、ニーパッドなどに、赤いステッチを施したレザー調素材を採用。上質感を演出している インパネやメーターバイザー、ニーパッドなどに、赤いステッチを施したレザー調素材を採用。上質感を演出している

写真:試乗車のボディーカラーはWRブルー・パール 試乗車のボディーカラーはWRブルー・パール

写真:「GT」グレードにはアルカンターラと本革のコンビネーションシートが装着される 「GT」グレードにはアルカンターラと本革のコンビネーションシートが装着される

写真:トランスミッションは6段MT(写真)のほか、6段ATも設定される トランスミッションは6段MT(写真)のほか、6段ATも設定される

写真:「GT」グレード専用の17インチアルミホイールを履く 「GT」グレード専用の17インチアルミホイールを履く

写真:リアコンビネーションもフルLED式 リアコンビネーションもフルLED式

[PR]

 「スバルBRZ」のラインナップに新たに設定された走りのグレード「GT」に試乗した。ZF製のザックスダンパーやブレンボのブレーキがおごられて操縦安定性に磨きがかかっただけでなく、フラッグシップグレードにふさわしい洗練をも手にしていた。

新たなフラッグシップグレード

 発売以来、すでに買った人をがっかりさせることがないよう、大きな形状変更を伴わずに何度か手が入れられてきた「トヨタ86/スバルBRZ」。2016年7月に“大幅改良”と称したマイナーチェンジが実施された。その際に新設されると発表されていた最上級グレードのGTを試乗した。

 GTにはZF製ザックスダンパー、ブレンボ製ブレーキ(フロント:17インチ対向4ポット、リア:17インチ対向2ポット)、専用17インチアルミホイール、専用リアスポイラー、アルカンターラ/本革シート(フロントシートヒーター付き)が標準装備される。最上級グレードだけに331万5600円(6MT)と値が張る。ひとつ下の「S」が297万円(同)だから34万5600円の差だ。

 早速乗り込む。ホールド性が高く、着座位置が低いシートに腰を下ろすと、“前へならえ”の位置にステアリングホイールがある。そこから左手を自然に下ろした位置にシフトレバーがある。ペダルレイアウトも適切だ。見える視界も良好。ステアリングホイールが変に楕円(だえん)になっていたり、わけのわからないD型になっていたりしないのがいい。少しも我慢する必要のないドライビングポジションを獲得できるのは、ハッチバックやセダンやSUVをスポーティーに仕立てたモデルではなく、最初からスポーツカーとして開発されたモデルならでは。走らせる前から気分を盛り上げてくれる。

ザックスダンパーの効果は絶大

 街中をゆっくり走らせる。スプリングはスポーツカーに必要な程度にはレートが高いが、ボディーもしっかりしていて、足まわりの組み付け精度も高いからだろう、しなやかによく動く。ザックスダンパーは微小な入力を正直に全部伝えるが、ひとつひとつ丁寧に角を丸めてから伝えてくれるので不快じゃない。高価な個別包装の和菓子のような仕事だ。BRZ史上最も乗り心地がよい。

 山道でペースを上げる。街中でよい仕事をしてくれたダンパーは、飛ばすとさらに印象が上がる。コーナーで車体をじわりと傾けながら支えるのだが、ロールの速さと量が絶妙。右へ左へとリズミカルに車体を傾けながら駆け回ることができる。「ダンパーをザックスにしただけで別のクルマのよう!」と表現すると、急に夜中の青汁テレビショッピング的になってしまうので避けたいが、でもそんな感じ。

 エンジンのスペックは変わっていないが、上までスムーズに回るようになったので、速くなったように感じさせる。かつては回せば回すほどつらそうな音と振動が増してきて回すのがためらわれたが、リファインが進んだのか、高回転域でも振動は抑えられ、回したくなるエンジンになっていた。近ごろターボエンジン搭載車が増え、電気自動車も出てきて、踏めばどこからでも力強く加速することに慣れてしまった。たまに高回転まで回る自然吸気(NA)エンジン搭載車に乗ると、大掃除中に昔よく遊んだオモチャを見つけてしまったように、ついつい遊んでしまう。きっちり回さないと速く走らせられないこの面倒くささを思い出し、これこれ、これが楽しかったんだよな、と。NAエンジンをMTで操るスポーツカー以上の回春装置はない。86/BRZに乗っている人のオジサン率が高いのもうなずける。

続けてこそ意味がある

 2年ほど前に乗ったモデルよりも格段に刺激的なスポーツカーに、BRZは成長していた。ガラリと姿を変えるマイナーチェンジとかフルモデルチェンジといった計画的陳腐化ではなく少しずつ改良を重ねていくやり方は、そのこと自体は大きな収益にはつながらないかもしれないが、確実にファンを増やし、長期的にプラスになると思う。

 売れないモデルをすぐに放置して自然消滅を待つメーカーもあるが、マツダはつらくても「ロードスター」をつくり続けた結果、今やマツダが誇るというより、日本が誇るスポーツカーに育った。こうなるとロードスター自体が収益を生むかどうかはさして問題ではなくなる。その存在がどんどんマツダの企業価値を高めてくれるからだ。スポーツカーは途中でやめるから金食い虫なのだ。86/BRZもこれを目指すべき。この先いつの時代も、ベーシックなスポーツカーとして、頑張れば手が届く価格のスポーツカーであり続けてほしい。トヨタ/スバルはマツダと違って巨大だから少々売れない時期が続いても存続が難しいということはないはずだ。

(文=塩見 智/写真=高橋信宏/編集=竹下元太郎)

テスト車のデータ

スバルBRZ GT

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4240×1775×1320mm

ホイールベース:2570mm

車重:1250kg

駆動方式:FR

エンジン:2リッター水平対向4 DOHC 16バルブ

トランスミッション:6段MT

最高出力:207ps(152kW)/7000rpm

最大トルク:21.6kgm(212Nm)/6400-6800rpm

タイヤ:(前)215/45R17 87W/(後)215/45R17 87W(ミシュラン・プライマシーHP)

燃費:11.8km/リッター(JC08モード)

価格:331万5600円/テスト車=331万5600円

オプション装備:なし

テスト車の年式:2016年型

テスト開始時の走行距離:1586km

テスト形態:ロードインプレッション

走行状態:市街地(2)/高速道路(7)/山岳路(1)

テスト距離:231.6km

使用燃料:22.6リッター(ハイオクガソリン)

参考燃費:10.2km/リッター(満タン法)/10.0km/リッター(車載燃費計計測値)

webCGの記事はこちら

&Mの最新情報をチェック


&Mの最新情報をチェック

Shopping