私の一枚

母と川で洗濯をした故郷の思い出 黒木瞳さん

  • 2017年1月10日

4歳か5歳の頃、矢部川のほとりで母親の武子さんと。黒木町(現在は八女市)は、当時2万人ほどの人口だったとか

写真:連続ドラマ「就活家族」(テレビ朝日系、木曜夜9時)で教師である母親役を演じる黒木瞳さん 連続ドラマ「就活家族」(テレビ朝日系、木曜夜9時)で教師である母親役を演じる黒木瞳さん

写真:「就活家族 ~きっと、うまくいく~」は1月12日スタート 「就活家族 ~きっと、うまくいく~」は1月12日スタート

[PR]

 これは私の故郷、福岡県の黒木町の矢部川のほとりで、母と撮影した写真です。背景にあるのが、町を囲んでいた城山で、うちの母は桃太郎のお話のように毎日この矢部川に洗濯に来ていたんですよ。私は母についていき、その横で泳いでいたという、のどかな幼少期でした。

 私は4人姉妹の末っ子として育ち、母は4人の子供の世話と、食堂をやっていましたからとても忙しく、私は母からほったらかしにされていたと感じていました。大人になってから、母にそれを言うと「末っ子だから一番かわいがったのに」と泣かれましたけどね。

 とにかく健康で手がかからなかったとか。実際、山や川で飛び回って遊び、ものすごくおてんばでした。当時、私はお寺さんが経営している保育園に通っていたのですが、園長先生の息子さんが同級生でね。彼と結婚したら保母さんになれると考えたんですが、園長先生に「あんたはおてんばだからうちの息子にはだめよ」と言われてしまいました(笑)。

 外で遊ぶのも好きでしたが、ピアノを習い、詩を書くのも大好き。小学校からは剣道も始めて中と外、両方の時間を楽しむ子でした。

 そんな私が故郷を離れたのは、高校を卒業して、宝塚音楽学校に入学する時です。実は中学の時に女優になりたい夢を持ったのです。でもどうやったらなれるのかわからず、とりあえず高校で演劇部に入って芝居を勉強しました。やがて宝塚という素晴らしい世界の存在を知ったのですが、最初は受験があることさえ知らず。卒業時には熊本の音大へ進学することになり、将来は母校の音楽教師をしようなどと考えていました。でも念のため宝塚に問い合わせたら、高3は年齢的に最後の受験チャンスとわかり、急きょ受けることに。女優への夢をあきらめる記念受験のつもりでした。

 音楽関係は何とか対応できるとして、問題はダンス。体操をしていた姉に相談し、最後にポーズを決めることが大事だといわれ、決めポーズの練習をしていきましたが、全く役に立ちませんでした。でも幸運にも合格。宝塚の一員にしていただいたことは、今でも感謝しています。合格を告げると両親は最初は反対したものの、最終的には賛成してくれ、18歳での旅立ちとなりました。

 初舞台の前に、自分の芸名を決める宿題が出ました。黒木町には樹齢数百年の藤が「黒木の大藤」と呼ばれて有名だったので、「黒木藤子なんてどう?」と、冗談でいっていたんです。すると同郷の五木寛之先生が今の芸名をつけてくださって。実は私の父の姉が幼い頃に亡くなっていて、彼女の名前が「瞳」。なので、その名をいただいた時に「瞳さんが帰ってきた」と家族中が喜んでくれました。

 私にとって故郷とは、父母がいる黒木町でした。でもそこから二人ともいなくなってしまった後は、帰った時に自分の育ってきたすべての思い出を感じられる場所になりました。私を育み、そして夢に向かって一歩踏み出した故郷。私にとって大事な大事な人や思い出がつまったところです。

      ◇

くろき・ひとみ 女優 宝塚歌劇団月組にて、大地真央と組んでトップ娘役として活躍。その後女優に転身。映画「化身」「失楽園」など数多く出演、ドラマも「白い巨塔」「同窓会~ラブ・アゲイン症候群」「おトメさん」など人気ドラマに数多く主演。昨年は映画「嫌な女」で初監督も務める。

◆黒木さんが出演するドラマ「就活家族 ~きっと、うまくいく~」(テレビ朝日系、木曜日夜9時)が1月12日から放送予定。父は大手企業の人事部長、母は私立中学の国語教師、宝飾メーカーに就職した娘と就職活動中の息子。平穏に見えていた家族がふとしたきっかけで崩壊し始める――。主演に三浦友和、その妻役に黒木瞳、娘役に前田敦子、息子役に工藤阿須加を迎え、「人にとって仕事とは何なのか?」などをユーモラスに、ときにミステリアスに問いかける。

 「4人の家族に、いろんな災難が降りかかり、それぞれがぼろぼろになり、これでもかというほど落ちていく。その災難が、ありそうだと思えるリアルさがあるから怖いんです。働く意義、家族とは? 夫婦とは? など撮影をしながら私も学んでいます。小さな勇気、小さな元気を感じていただければうれしいです。そして家族が最後にはこの苦難を乗り越えられるのか? どうしたら災難を乗り切れるのか? 教訓もきっといっぱい詰まっていると思いますので、ぜひご覧くださいね」

(聞き手:田中亜紀子)

&Mの最新情報をチェック


&Mの最新情報をチェック

Shopping