新車情報

トヨタ、未来の車社会を具現したコンセプトカーを発表

  • 2017年1月10日

トヨタConcept-愛i

写真:     

写真:     

写真:     

写真:     

写真:     

[PR]

 トヨタ自動車は1月4日(現地時間)、アメリカ・ラスベガスで開催されるCES 2017(一般公開日:2017年1月5日~8日)のプレスカンファレンスで、モビリティー社会の未来像を具現したコンセプトカー「トヨタConcept-愛i(コンセプト・アイ)」を発表した。

 トヨタ、モビリティー社会の未来像を具現した「Concept-愛i」を発表の画像拡大Concept-愛iは、クルマは愛車と呼ばれることがあるように、“愛”がつく工業製品であるというトヨタが大切にしている思いのもとに開発されたコンセプトモデル。

 人工知能がドライバーの感情を理解し、嗜好(しこう)などのデータを蓄積。ドライバーのことをより理解し、常に支え続けるかけがえのないパートナーとなることを目指す。また、そのデータを自動運転やエージェント技術と組み合わせることで、ドライバーに対して安全・安心と移動の楽しさを充実させる新たな体験を提供するという。デザインはトヨタのアメリカのデザイン拠点であるCaltyが手がけている。また、数年内に公道実証実験を計画しており、今回の出展内容の一部を搭載した実験車両が日本の都市を走行する予定。

【主要諸元】

・ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4430×1830×1475mm

・ホイールベース:2700mm

・乗車定員:4人

・パワートレイン:ゼロエミッションのパワートレインを想定

(webCG)

webCGの記事はこちら

&Mの最新情報をチェック


&Mの最新情報をチェック

Shopping