春の鉄道特集

京成電鉄の「行商専用車両」が廃止に

  • 2013年3月29日
駅では、他の乗客は別の車両を使うよう案内される

写真:普通の通勤電車が使われる。最後尾の1両が「行商専用車両」普通の通勤電車が使われる。最後尾の1両が「行商専用車両」

写真:行商専用車両にかかる標識行商専用車両にかかる標識

写真:駅の時刻表では、女性専用車両と並んで案内が掲示されている駅の時刻表では、女性専用車両と並んで案内が掲示されている

写真:京成電鉄各駅に掲示されている「行商専用車」の案内板京成電鉄各駅に掲示されている「行商専用車」の案内板

写真:千葉県八千代市内にある京成電鉄大和田駅から、行商専用車両に乗って出かける女性たち=1984年撮影、同市提供千葉県八千代市内にある京成電鉄大和田駅から、行商専用車両に乗って出かける女性たち=1984年撮影、同市提供

 京成電鉄が、戦前から70年以上にわたって運行してきた「行商専用車両」が、今月で廃止される。平日のみの運行のため、29日が最後となった。

 千葉で獲れた新鮮な農産物を、都心の得意客に届ける「行商」に向かう人々のための車両で、1935(昭和10)年に始まった。1メートルをゆうに超える高さの荷物を背負う行商の人々がスムーズに乗り降りできるよう、他の乗客は別の車両に乗るように案内されている。

 現在のダイヤでは、平日の朝、芝山千代田駅(千葉県芝山町)を7時46分に出る普通上野行きの最後の1両が、「行商専用車両」だ。車両そのものは通勤電車と同じだが、窓には「嵩高荷物専用車」の標識がかかる。かつては専用列車として走っていたが、行商人の減少にともない、編成の一部を専用車両として運行していた。

 京成電鉄は、廃止の理由について「該当するお客様が減少したため」としている。

おすすめ

東日本大震災で被災しながら、逆境をバネに大躍進を遂げたフィギュアスケート界の新星

乗るだけ約4秒で体組成を測定。通信機能搭載でスマホやPCでのデータ管理も楽々

懐かしの国鉄ダイヤ改正を振り返る

肉眼では見えないものをアップで見せるほどの高倍率モデルを徹底比較

限定品 200系 東北新幹線大宮開業30周年記念号セット(Nゲージ動力車入り)

今月号の時刻表は軒並み売り切れ。来月号を早めに予約(※画像はJTB時刻表2013年3月号)


Shopping