ノジュール

<第5回>日帰りで、とびきりの紅葉狩り

  • 文 竹内寛文
  • 2013年9月30日
栗駒山の紅葉は10月上〜中旬が見頃(写真:富田文雄)

写真:定期購読誌『ノジュール』10月号は発売中。表紙の写真は栗駒山(岩手県一関市)定期購読誌『ノジュール』10月号は発売中。表紙の写真は栗駒山(岩手県一関市)

写真:京都・嵯峨野観光鉄道のトロッコ列車(写真:佐々倉実)京都・嵯峨野観光鉄道のトロッコ列車(写真:佐々倉実)

写真:千葉・養老渓谷の遊歩道(写真:村田正博)千葉・養老渓谷の遊歩道(写真:村田正博)

写真:埼玉・飯能市にある竹寺(写真:飯能市観光協会)埼玉・飯能市にある竹寺(写真:飯能市観光協会)

写真:京都・大河内山荘庭園からの眺望(写真:中田昭)京都・大河内山荘庭園からの眺望(写真:中田昭)

 暑さ寒さも彼岸までの言葉通り、急に涼しくなりました。これから2カ月ほどは、徐々に色づく紅葉が楽しみな季節です。『ノジュール』10月号ではとびきりの紅葉を訪ねる旅を特集していますが、その一部をご紹介します。例えば日帰りでこんな紅葉狩りはいかがでしょう。

■紅葉列車に乗って(写真3番目)

 日本各地に紅葉狩りにぴったりの列車が走っています。例えば京都の嵯峨野トロッコ列車。保津峡の渓谷に沿って走っていた旧山陰本線を使った観光鉄道で、紅葉がダイレクトに楽しめます。先だっての台風の影響で今秋の運行が心配されていましたが、すでに復旧。車内では車掌さんの名調子でのガイドも楽しみ。京都へお出かけの方は足を延ばしてみては?

■渓谷ハイキング(写真4番目)

 川面に映りこむ紅葉が渓谷全体を彩ります。遊歩道をたどって滝巡りができる千葉県の養老渓谷は、首都圏からアクセスしやすく紅葉も見事。房総半島を縦走するローカル線・小湊鉄道で、沿線のイチョウを眺めながらのアプローチがおすすめです。

■小さな古寺巡拝(写真5番目)

 有名な観光地ではない、いわば「穴場」の紅葉寺をハイキングをかねて訪ねてみては? 写真は埼玉県飯能市にある竹寺。ここから奥武蔵の小寺を巡拝して里の秋を満喫できます。なお、西日本では、紅葉が見事な滋賀県の三つの古寺、湖東三山がおすすめ。この時期シャトルバスが運行されるので、歩いて巡る旅にも便利。

■京都のかくれもみじ(写真6番目)

 京都では、ひっそりとしたかくれもみじを。小倉山の山腹にある大河内山荘から、高見の紅葉狩りはいかがでしょう。建築的にも見事な山荘は洛西を一望する好立地。かつての邸主の気分で都を遠望できます。

 なお、写真1番目は「全山紅葉」の栗駒山。『ノジュール』では一度見ておきたい大絶景も厳選紹介しています。とくに人工物のない山上の眺めは圧倒的。高地の紅葉は間もなく見ごろとなりますのでお出かけはお早めに。あるいは、今年のピークがいつ頃かをチェックしておき、来年に向けてじっくり計画を練りたいものです。

■ノジュール:鉱物学の専門用語で硬くて丸い石球(団塊)のこと。「団塊の世代」の語源となったもので、球の中心にアンモナイトや三葉虫などの化石が入っていることがある。(下記PROFILE画像)

■定期購読専門誌『ノジュール』最新刊をもっと見る(http://www.nodule.jp/)

このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

PROFILE

竹内寛文(たけうち・ひろふみ)

1999年JTB出版事業局(現・JTBパブリッシング)入社。旅行ガイドブック、月刊誌『旅』の編集を経て、2007年から定期購読専門誌『ノジュール』事業部で編集、物販などを担当。2013年より同誌編集長。

おすすめ

今すぐできる45の自分改造術。カリスマ予備校講師・林修先生が教える人生のアドバイスがつまった一冊

毎秒30回の脈動ジェット水流が頭皮をたたき、シャンプーだけでは落としきれなかった皮脂汚れを強力に洗浄

フィリップスのヌードルメーカーを使って、究極のラーメンを作ることはできるのか?


美人記念日

Shopping