ノジュール

<第6回>ひとり旅のすすめ

  • 文 竹内寛文
  • 2013年10月31日
瀬戸内海の島旅へ。大崎下島にて(写真:清澤謙一)

写真:定期購読誌『ノジュール』11月号は発売中。写真は飛騨古川(岐阜県飛騨市)定期購読誌『ノジュール』11月号は発売中。写真は飛騨古川(岐阜県飛騨市)

写真:能登半島には輪島塗でもてなす小さな宿も能登半島には輪島塗でもてなす小さな宿も

写真:飛騨高山を散策する岸本葉子さん(写真:中田浩資)飛騨高山を散策する岸本葉子さん(写真:中田浩資)

写真:瀬戸内を旅する町田忍さん、郵便ポストと遭遇!(写真:清澤謙一)瀬戸内を旅する町田忍さん、郵便ポストと遭遇!(写真:清澤謙一)

写真:『ノジュール』の読者が夫婦ひとり旅を実践! 松本城で(写真:佐藤佳穂)『ノジュール』の読者が夫婦ひとり旅を実践! 松本城で(写真:佐藤佳穂)

 様々な場面で「お一人様」向けサービスが定番化しつつある中、気ままに楽しむ「ひとり旅」への注目も、年々高まってきています。『ノジュール』では、数年前からオトナのための「ひとり旅」のノウハウや宿の特集を組んできました。最新号の11月号でひとり旅特集を組むにあたって、事前に読者アンケートを行いましたが、ひとり旅に出てみたいが未経験という方が3割弱。はじめて出かける方でも、こんなコツを知っておくと、気軽にひとり旅が楽しめます。

コツ<1>【目的を定めること】

 ひとり旅の最大のよさは、同行者の意向を気にしなくてよいこと。温泉、宿、美術館、町並み、城、グルメ、島……などなど、これを見に(しに)行く、それがあるから出かけるという、具体的な目的を定めることで計画が立てやすくなります。寄り道先なども、設定したテーマにあった場所を選ぶようにすると、充実度もアップします。

コツ<2>【旅先での出来事を楽しむこと】

 小さな出あいやハプニングは旅を印象深くしてくれます。ひとり旅では地元の人や隣り合った人とのちょっとした会話から行き先を変えてみたり(まさに映画の“寅さん”のように)、列車に乗り遅れたりしたことで、偶然出あえた光景や人が、旅の思い出になることも。意外な出来事を積極的に楽しむ気持ちになって出かけたほうが、素敵な出あいを呼び込みやすい? かもしれません。

コツ<3>【ひとり旅向きの宿を選ぶ】

 1泊する場合、ひとりでの宿泊者を快く迎えてくれる“宿選び”は大切なポイント。『ノジュール』でも紹介していますが、規模が小さくて料金も手ごろな旅館や民宿、ひとり旅を想定した宿泊プランのあるホテルなどが、各地に増えてきました。最近は、女性でも安心して泊まれる快適なビジネスホテルが各地に登場。旅館でひとり旅情を味わうもよし、朝食付きのホテルに宿泊し、食事は外のお店でお好みのものを、という組み立て方もできます。

 たとえばこんなひとり旅、いかがですか? 『ノジュール』で掲載した企画から3つの旅をご紹介。

■飛騨路の昔町を、気ままに散歩

 かつて小京都ブームの定番だった飛騨高山。かつて仲間と賑やかに旅した……という方もおられるでしょう。そこを、ひとりで訪ねてみるとまた異なる風情が感じられます。名古屋から特急で高山までは2時間半。飛騨の匠の工芸品や雑貨、合掌造りの民家園や高山陣屋などの歴史に触れながら、ぶらぶら町並み散歩を。快適なシティホテルで1泊し、翌朝は名物の朝市へ。15分ほど列車に乗ると、清流のある飛騨古川の町並み地区へ足を伸ばすことができます。

■瀬戸内の港から港へ、ぶらり旅

 江戸時代から“風待ち”の港として栄えた大崎下島・御手洗(みたらい)地区。広島駅から橋を渡るバスで2時間ほどの港町では、懐かしい光景に出あえます。小さいお社に寄ったり、レトロな時計店でカリスマ的な職人技に触れたりと、路地をぶらぶら歩き。海辺の船宿で1泊し、少し奮発して地魚を堪能したら、翌日はフェリーで海を渡り、酒どころの竹原へ。さらに、海軍さんの町・呉を散策し、表情の異なる港町をめぐる旅はいかが?

■夫婦ひとり旅。たとえば信州へ……

 夫婦でひとり旅とは? 日中は気ままに別行動、でも夕方には合流して一日の成果を分かち合う。ひとり旅の自由さを満喫しつつ「旅は道連れ……」の良さも取り入れた、いいとこどりの「ひとり旅」をペアで楽しんでみては? 成功のヒケツは、互いの行動を尊重できるおふたりの関係と、それぞれの目的を満たす旅先選び。たとえば信州・松本のように、国宝の城跡、アート、温泉、民芸雑貨など、多彩な魅力を備えた町はそんな旅先にピッタリ。それぞれのひとり旅をアレンジする、計画段階も楽しみです。

 ご紹介した旅先は、いずれも、首都圏・中京・京阪神の主要駅から1泊2日で出かけられます。あなたもチャレンジしてみては?

■ノジュール:鉱物学の専門用語で硬くて丸い石球(団塊)のこと。「団塊の世代」の語源となったもので、球の中心にアンモナイトや三葉虫などの化石が入っていることがある。(下記PROFILE画像)

■定期購読専門誌『ノジュール』最新刊をもっと見る(http://www.nodule.jp/)

■『ノジュール』では創刊7周年を記念して、購読料が定価の50%OFFになるWEB申し込み限定・購読料割引キャンペーンを実施中(2013年11月17日まで)。詳細はHPでご確認ください。(http://www.nodule.jp/)

このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

PROFILE

竹内寛文(たけうち・ひろふみ)

1999年JTB出版事業局(現・JTBパブリッシング)入社。旅行ガイドブック、月刊誌『旅』の編集を経て、2007年から定期購読専門誌『ノジュール』事業部で編集、物販などを担当。2013年より同誌編集長。

おすすめ

駅弁をテーマにした料理と鉄道をこよなく愛する主人公が日本全国の名物駅弁を食べつくす!

今すぐできる45の自分改造術。カリスマ予備校講師・林修先生が教える人生のアドバイスがつまった一冊

新米では、ほどよい粘りと甘みとつややかな炊きあがりで人気上昇中の品種・北海道産「ゆめぴりか」がおすすめ

毎秒30回の脈動ジェット水流が頭皮をたたき、シャンプーだけでは落としきれなかった皮脂汚れを強力に洗浄

フィリップスのヌードルメーカーを使って、究極のラーメンを作ることはできるのか?


美人記念日

Shopping