ノジュール

<第9回>記念日には特別な旅を

  • 文 竹内寛文
  • 2014年1月31日
スタッフ全員でもてなす「星のや 軽井沢」の「集落の寿(ことほぎ)」プラン。事前に打ち合せて心をこめたサプライズを(写真 染谷學)

写真:定期購読誌『ノジュール』2月号は発売中。写真は滋賀県余呉湖畔の料理宿「徳山鮓」。湖国の幸や珍味と地酒で至福の時……定期購読誌『ノジュール』2月号は発売中。写真は滋賀県余呉湖畔の料理宿「徳山鮓」。湖国の幸や珍味と地酒で至福の時……

写真:志摩半島・鳥羽の祝い料理。鳥羽市では結婚30年を祝う「真珠婚式」のもてなしに力を入れている(写真 竹中稔彦)志摩半島・鳥羽の祝い料理。鳥羽市では結婚30年を祝う「真珠婚式」のもてなしに力を入れている(写真 竹中稔彦)

写真:13万トン超の客船「ボイジャー・オブ・ザ・シーズ」(写真 ノジュール編集部)13万トン超の客船「ボイジャー・オブ・ザ・シーズ」(写真 ノジュール編集部)

写真:しまなみ海道を自転車で。尾道駅前にレンタサイクルがある(写真 ノジュール編集部)しまなみ海道を自転車で。尾道駅前にレンタサイクルがある(写真 ノジュール編集部)

 結婚記念日、家族のお祝い、定年退職など人生の節目に訪れる記念日。お祝いや感謝の意をこめた贈り物に「旅」はたいへん有効です。豪勢な旅でなくてもOK。いつもより少し特別な時間や体験を共有する“きっかけ作り”と考えて、計画してみてはいかがでしょう。

■宿のお祝いプランを利用する

 顔なじみの宿があれば「特別な旅だから」と相談もしやすいですが、どなたでも利用できる「記念日プラン」を用意している宿があります。特別な食事や客室、ちょっとした演出やプレゼントの準備を相談できたり、専門スタッフが応援してくれる宿も。誰のための、どういうお祝いで、どんなことをしたいのか。ご夫婦、家族、友人同士と、シチュエーションに応じた事前の打ち合わせが肝心です。

■家族で賑やかにショートクルーズ

 小さい子供もいる三世代旅行など賑やかな旅には、数泊程度で楽しめる豪華客船のショートクルーズがおすすめ。クルーズというと世界一周……といった大旅行のイメージがありますが、昨今は、数日間のカジュアルクルーズが気軽に楽しめるようになりました。価格も雰囲気もカジュアルな大型船やプレミアムクラスの豪華客船、安心して楽しめる国内船など、日本を発着する船の選択肢も多様。昨春メディアで話題になった超大型客船が今年も寄港します。

■夫婦で行く「フルムーンパス」の旅

 夫婦あわせて88歳以上であれば、全国のJR新幹線・特急列車のグリーン車に乗り放題(一部除外列車あり)という夢のきっぷ「フルムーン夫婦グリーンパス」で大旅行を。何といってもおトク度抜群。5日用から発売されているので、日程のやりくりを付けて北へ、西へ、ふだんの旅の行動圏内から思いきって飛び出してはいかがでしょう。飛行機とは異なる鉄道旅ならではの旅情も楽しめ、適宜途中下車を楽しみながらの行程作りも楽しめます。

■いつかやりたかったチャレンジ旅

 心を奮い起こして、プチ冒険に挑むチャレンジ旅も、記念旅行の選択肢のひとつ。四国霊場めぐりや旧街道踏破など長期間の旅もありますが、数日間で達成感を味わえる小さな冒険も。鉄道で日本縦断、絶海の孤島探訪、あるいは、BS番組で人気の自転車旅もおすすめ。瀬戸内のしまなみ海道では、レンタサイクルで島々をめぐりながら本州〜四国の走破も可能です。

 ふだんとちがう顔ぶれで、あるいはひと工夫ある旅先へ。キッカケしだいで、ちょっと特別な旅はすぐ楽しめるところにあるもの。相手の喜ぶ顔を思い浮かべながら考えをめぐらすひと時も、満喫したいものです。

■ノジュール:鉱物学の専門用語で硬くて丸い石球(団塊)のこと。「団塊の世代」の語源となったもので、球の中心にアンモナイトや三葉虫などの化石が入っていることがある。(下記PROFILE画像)

■定期購読専門誌『ノジュール』最新刊をもっと見る(http://www.nodule.jp/

このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

PROFILE

竹内寛文(たけうち・ひろふみ)

1999年JTB出版事業局(現・JTBパブリッシング)入社。旅行ガイドブック、月刊誌『旅』の編集を経て、2007年から定期購読専門誌『ノジュール』事業部で編集、物販などを担当。2013年より同誌編集長。


美人記念日

Shopping