蜷川幸雄さん三回忌に藤原竜也主演「ムサシ」を再演

  • 記事提供:日刊スポーツ
  • 2017年7月17日
  • 写真:舞台「ムサシ」のけいこ中に笑顔を見せる藤原竜也(左)と故蜷川幸雄さん(2009年2月23日撮影)

    舞台「ムサシ」のけいこ中に笑顔を見せる藤原竜也(左)と故蜷川幸雄さん(2009年2月23日撮影)

[PR]

 藤原竜也(35)が主演し、昨年5月に死去した演出家蜷川幸雄さん(享年80)が手がけた舞台「ムサシ」が再演されることが17日、決定した。

 蜷川さんの三回忌追悼記念公演として来年、再演される。

 藤原が、主演の宮本武蔵を引き続き演じ、対する小次郎は溝端淳平。ほか鈴木杏、六平直政、吉田鋼太郎、白石加代子らが再結集する。14年の上演時、藤原が劇中の宮本武蔵と同じ35歳になったら「もう1度『ムサシ』をやろう」と蜷川さんと約束したメンバーが勢ぞろいする。

 藤原は「ムサシには“レクイエム”の要素が詰まっています。昨年、蜷川さんがお亡くなりになり、来年三回忌を迎えます。今年、35歳になりました。今、この時に上演することにとても意味のある作品だと思います、しっかりと丁寧に演じたいです」とコメントした。

 公演は来年2月から3月、Bunkamuraシアターコクーン、彩の国さいたま芸術劇場大ホールなど、大阪、中国でも上演予定。

日刊スポーツ

Copyright(c)日刊スポーツ新聞社 記事・画像の無断転用を禁じます

画像

この記事を気に入ったら
「いいね!」しよう

今、あなたにオススメ(PR)

Pickup!

Columns