たんこぶちん吉田円佳、初の写真集に「別の自分を」

  • 記事提供:日刊スポーツ
  • 2017年8月13日
  • 写真:写真集を手に笑顔の吉田円佳(撮影・山崎安昭)

    写真集を手に笑顔の吉田円佳(撮影・山崎安昭)

[PR]

 5人組ガールズバンド・たんこぶちんのボーカル&ギター担当のMADOKAこと吉田円佳(21)が13日、都内で初の写真集「MADOKAと円佳」(小学館)発売記念イベントに出席した。

 撮影は夏の沖縄と冬の長野という対照的な2つのロケーションの中で行った。撮影前日まで炭水化物を抜くダイエットなどを行って臨み、沖縄では露出度の高いショットも披露した。「普段そんなに露出する方ではないので、今回が初めて。(ダイエットの成果は)出たということで。普段の私とはまた別の自分を見せられました」と振り返った。

 バンドは今年で結成10周年を迎えた。佐賀県唐津市出身の同級生5人で活動しており、13年7月にメジャーデビュー。憧れは同じガールズバンドのチャットモンチーだといい「結成当時はよくチャットモンチーさんのカバーをたくさんやらせていただきました。この先もより自分たちのオリジナリティーを出して、5人の個性が際立つバンドになれたらいいなと思います」と意気込む。

 15年8月にメンバー全員で上京した。2月発売のシングル「遠距離恋愛爆撃ミサイル」が、吉田の映画初出演作の映画「二度めの夏、二度と会えない君」(来月1日公開、中西健二監督)の挿入歌になるなど、個人、グループともに勢いに乗っている。東京生活については「楽器を持って移動するので、いまだに満員電車に慣れません」と苦笑いし、「今回の写真集で私のことを始めて知る人も多いと思うので、ライブにも来てもらって、グループのことを広く知ってもらうきっかけになればいいな」と話した。

日刊スポーツ

Copyright(c)日刊スポーツ新聞社 記事・画像の無断転用を禁じます

画像

この記事を気に入ったら
「いいね!」しよう

今、あなたにオススメ(PR)

Pickup!