小泉今日子「気を抜かずきちんと生きていかなきゃ」

  • 記事提供:日刊スポーツ
  • 2017年9月14日
  • 写真:「第33回講談社エッセイ賞」を受賞し笑顔を見せる小泉今日子(撮影・大友陽平)

    「第33回講談社エッセイ賞」を受賞し笑顔を見せる小泉今日子(撮影・大友陽平)

  • 写真:「第33回講談社エッセイ賞」などの授賞式が行われ笑顔を見せる小泉今日子(中央)。左から梯久美子氏、中村計氏、1人おいて穂村弘氏、中川毅氏(撮影・大友陽平)

    「第33回講談社エッセイ賞」などの授賞式が行われ笑顔を見せる小泉今日子(中央)。左から梯久美子氏、中村計氏、1人おいて穂村弘氏、中川毅氏(撮影・大友陽平)

  • 写真:「第33回講談社エッセイ賞」を受賞し笑顔を見せる小泉今日子(中央)(撮影・大友陽平)

    「第33回講談社エッセイ賞」を受賞し笑顔を見せる小泉今日子(中央)(撮影・大友陽平)

[PR]

 女優小泉今日子(51)が「第33回講談社エッセイ賞」を受賞し、14日、都内で授賞式に出席した。

 昨年4月に発売したエッセー集「黄色いマンション 黒い猫」が受賞。同書は、雑誌「SWITCH」で07年から連載の「原宿百景」をまとめた自伝的エッセー集だ。

 賞状や記念品を受け取った小泉は「初めてエッセーの連載を書いたのは20代の頃でした。その時に、演出家の久世光彦さんが『まだあなたは、今言っていい明るいことしか書いてないでしょ。いつかそうじゃないところまで書けるといいね』と言ってくださっていた。今回は、テーマはその時と一緒なんですけど、おっしゃってくれていたことが書けて楽しかった」と笑顔を見せた。

 また、今後についても「今回このような賞をもらえるなんて思ってなかった。これからも気を抜かずにきちんと生きていかなきゃと思います」と話した。

日刊スポーツ

Copyright(c)日刊スポーツ新聞社 記事・画像の無断転用を禁じます

画像

この記事を気に入ったら
「いいね!」しよう

今、あなたにオススメ(PR)

Pickup!