藤田紀子「覚悟があって」貴乃花親方の被害届提出に

  • 記事提供:日刊スポーツ
  • 2017年11月15日
  • 写真:藤田紀子(2013年1月13日撮影)

    藤田紀子(2013年1月13日撮影)

[PR]

 日馬富士の暴行問題で、貴ノ岩の師匠貴乃花親方が鳥取県警に被害届を出したことについて、親方の母でタレントの藤田紀子(70)がコメントした。

 藤田は15日放送のテレビ朝日系「ワイド!スクランブル」に出演。かつて不祥事が相次いだ角界では改革が推し進められているが、「目に見えないところ、公にならない部分でも、まだ改善できてないところがあるのではないかな」と推測した上で、今回の被害届提出に「貴乃花親方の性格ですから、これは公にするなり、正式な手順を踏まなければ、いつまでも相撲界を改革できないんじゃないかなという判断かなと思う」と述べた。

 また、貴乃花親方が被害届を取り下げない意向を示していることについて「届けを出す時点で、その覚悟で出しているような気がします。(過去には)うやむやになりかねないし、なってきたこともいっぱいありました。でもどこかでそれを直していかないと、いつまでも何十年経っても変わらないと思う。(被害届提出は)その覚悟があってなのかと思う」と推し量った。

日刊スポーツ

Copyright(c)日刊スポーツ新聞社 記事・画像の無断転用を禁じます

画像

この記事を気に入ったら
「いいね!」しよう

今、あなたにオススメ

Pickup!