荻野目洋子「みゆき」で共演、鶴ひろみさん偲ぶ

  • 記事提供:日刊スポーツ
  • 2018年1月13日
[PR]

 昨年11月に大動脈剥離のため亡くなった声優の鶴ひろみさんを送る会が13日に東京青山葬儀所で執り行われた。歌手の荻野目洋子(49)らがツイッター上で故人を偲んだ。

 荻野目は中学生時代、アニメ「みゆき」の若松みゆき役の声優に抜てきされて、鹿島みゆき役を演じる鶴さんと共演した。共演はそれきりだったらしいが、荻野目は、「その後も第一線でご活躍されている姿を視聴者として見続けていたし、あんなに魅力的な声は唯一無二だと思います。心よりお悔やみ申し上げます」と追悼した。

 また、声優の古川登志夫は、「鶴ちゃんの遺影に悲しみも新た、やはり、、、ボロ泣きが止まらん」とツイート。声優の古谷徹は、「抜けるような青空とピリッとした空気、彼女に相応しい冬晴れだなぁ、、、辛いけど、もう事実を受け止めなければならないかな」とつづった。

 鶴さんは、アニメ「それいけ!アンパンマン」のドキンちゃん役などで知られる声優。昨年11月、大動脈剥離で亡くなった。57歳だった。

日刊スポーツ

Copyright(c)日刊スポーツ新聞社 記事・画像の無断転用を禁じます

画像

この記事を気に入ったら
「いいね!」しよう

今、あなたにオススメ

Pickup!