クリス・ブラウンが猿を無許可で飼育、逮捕の可能性

  • 記事提供:日刊スポーツ
  • 2018年1月14日
[PR]

 元恋人の歌手リアーナへの暴行など数々のトラブルを起こしてきた米歌手クリス・ブラウン(28)が、許可なく猿をペットとして飼育していたことが発覚し、逮捕される可能性が浮上している。

 米メディアによると、ブラウンはロサンゼルスの自宅で飼っているスニーカーサイズほどの小さなカプチンモンキーのフィージーと愛娘ロイヤリティちゃん(3)のツーショット動画をインスタグラムに掲載したことが発端で、カリフォルニア州の法律で定められている許可を取得せずに飼っていたことが発覚したと言う。ネットでは子供に危害を加える可能性なども指摘されており、これを知ったカリフォルニア州魚類野生生物局がブラウンの自宅を家宅捜索し、猿を保護したと芸能情報サイトTMZは伝えている。

 飼育許可を取り忘れたこと自体は軽犯罪であるものの、ブラウンは09年にリアーナを殴った罪で有罪判決を受け、16年には女性に銃を突き付けたとして逮捕されるなど数々の事件を起こしているだけに、無許可飼育で有罪判決が下った場合は最高で禁錮6カ月の実刑判決が言い渡される可能性もあると米メディアは伝えている。(ロサンゼルス=千歳香奈子)

日刊スポーツ

Copyright(c)日刊スポーツ新聞社 記事・画像の無断転用を禁じます

画像

この記事を気に入ったら
「いいね!」しよう

今、あなたにオススメ

Pickup!