波瑠も日課で聞いてた遠藤憲一の食べたスイーツとは

  • 記事提供:日刊スポーツ
  • 2018年4月16日
  • 写真:テレビ朝日系ドラマ「未解決の女 警視庁文書捜査官」の会見に出席した、下段左から、工藤阿須加、鈴木京香、波瑠、沢村一樹、上段左から、山内圭哉、光石研、遠藤憲一、高田純次(撮影・遠藤尚子)

    テレビ朝日系ドラマ「未解決の女 警視庁文書捜査官」の会見に出席した、下段左から、工藤阿須加、鈴木京香、波瑠、沢村一樹、上段左から、山内圭哉、光石研、遠藤憲一、高田純次(撮影・遠藤尚子)

  • 写真:テレビ朝日系ドラマ「未解決の女 警視庁文書捜査官」の会見に出席した波瑠(撮影・遠藤尚子)

    テレビ朝日系ドラマ「未解決の女 警視庁文書捜査官」の会見に出席した波瑠(撮影・遠藤尚子)

[PR]

 女優波瑠(26)が16日、都内でテレビ朝日系ドラマ「未解決の女 警視庁文書捜査官」(19日スタート、木曜午後9時)の会見に出席した。

 麻見和史氏の「警視庁文書捜査官」シリーズをドラマ化。文字を分析することで未解決事件に挑む、女性刑事2人組の活躍を描く。波瑠は、肉体派刑事の矢代朋を演じる。

 劇中でアクションシーンに挑戦する波瑠。「体力が奪われないように、よく食べ、よく寝るようにしています」と笑顔を見せた。文字にまつわる思い出を聞かれると「中学生の頃メールが流行って、自分の思うように伝わらなかったり、顔が見えないことの難しさを感じました」と振り返った。

 矢代とタッグを組む頭脳派刑事、成海理沙を演じる鈴木京香(49)は、自身の書く文字を「せっかちで、下手」と告白。「大人になったら、万年筆でさらさらと書くようになりたかったのですが、今も消しゴム付きのシャープペンシルを使ってます」と恥ずかしそうに話した。

 撮影中のエピソードを聞かれると、波瑠は遠藤憲一(56)との日課を明かした。「前日に遠藤さんが召し上がられたスイーツを聞きます。安定した答えが返ってきます」。最近スイーツにはまっているという遠藤は、「昨日はプリンです」と笑顔。「もなかもパサパサしてると思ってたけど、食ってみたらすげーうまい。体質変わったみたいです」と、コワモテの見た目とはギャップのある回答で笑わせた。

 会見には、沢村一樹(50)工藤阿須加(26)山内圭哉(46)高田純次(71)光石研(56)も出席した。

日刊スポーツ

Copyright(c)日刊スポーツ新聞社 記事・画像の無断転用を禁じます

画像

この記事を気に入ったら
「いいね!」しよう

今、あなたにオススメ

Pickup!