関ジャニ村上信五、SMAPを花にたとえ解説

  • 記事提供:日刊スポーツ
  • 2017年3月21日
[PR]

 関ジャニ∞の村上信五(35)が20日、東京グローブ座で、ひとり舞台シリーズ第9弾「If or…9」の千秋楽公演を終えた。

 政治家や勇者、ゴジラなど9種類の役を演じ、オムニバス形式でコントを展開。教師に扮(ふん)してジャニーズ各グループを花にたとえるパートでは、充電期間中のKAT-TUNは「私を忘れないで」という花言葉があるスイートピーだと説明。解散したSMAPを希少植物のシモツケコウホネにたとえ、「世界に一つだけの花」だと解説。拍手を浴びた。来年も上演されれば第10弾の節目を迎える。「(ラス)ベガスに行きたい。もしくは、(シンガ)ポールのマリーナベイ・サンズホテルでやりたい」と熱望した。

日刊スポーツ

Copyright(c)日刊スポーツ新聞社 記事・画像の無断転用を禁じます

画像

この記事を気に入ったら
「いいね!」しよう

今、あなたにオススメ(PR)

Pickup!