石原裕次郎記念館が全国巡回計画!まき子さん明かす

  • 記事提供:日刊スポーツ
  • 2017年7月18日
  • 写真:石原裕次郎法要で墓前で記念撮影する前列左から舘ひろし、石原まき子さん、神田正輝ら(撮影・浅見桂子)

    石原裕次郎法要で墓前で記念撮影する前列左から舘ひろし、石原まき子さん、神田正輝ら(撮影・浅見桂子)

  • 写真:石原裕次郎没後30年となる31回忌法要で手を合わせる、左から神田正輝、石原まき子さん、舘ひろし(撮影・浅見桂子)

    石原裕次郎没後30年となる31回忌法要で手を合わせる、左から神田正輝、石原まき子さん、舘ひろし(撮影・浅見桂子)

[PR]

 1987年に52歳で亡くなった俳優石原裕次郎さんの命日である17日、横浜・鶴見の総持寺で法要が営まれ、裕次郎さんの妻で石原プロモーション会長の石原まき子さんをはじめ、舘ひろし(67)神田正輝(66)ら所属俳優、約1000人のファンが参列した。まき子さんは、8月いっぱいで展示を終了する北海道・小樽市の「石原裕次郎記念館」の全国巡回プランを明かした。

 法要に集まった多くのファンを前に、まき子さんは「石原裕次郎が没後30年を迎えました。それでもこのようにたくさんの方がお参りしていただいて、裕次郎という人は本当に幸せな人だと思っております」と、感慨深げにあいさつした。

 そして、同記念館の展示終了をあらためて報告するとともに「裕次郎の世界がなくなるということではなく、これから展示会を全国で、もっと身近で、皆さまのお近くで開ける計画がございます」と話し、ファンも期待の拍手を送った。

 同記念館は91年に開館し、26年間で約2000万人が来場した。裕次郎さんの衣装やレコード、映画のフィルム、撮影現場を再現したセット、ドラマ「西部警察」で使った車両や、私生活の愛用品など2万点以上が展示されている。目玉の1つである愛車のベンツ300SLガルウイングは、54年の発売当時、世界に6台、日本には力道山と裕次郎さんしか持っていなかったという車だ。

 石原プロ関係者は、来年にも全国巡回を開催したいとしており、貴重な展示、品々を見ることができそうだ。

日刊スポーツ

Copyright(c)日刊スポーツ新聞社 記事・画像の無断転用を禁じます

画像

この記事を気に入ったら
「いいね!」しよう

今、あなたにオススメ(PR)

Pickup!

Columns