錦戸亮、次の映画は冬季五輪周期やめ2年後の東京に

  • 記事提供:日刊スポーツ
  • 2018年2月14日
  • 写真:「羊の木」大ヒット御礼舞台あいさつを行った木村文乃と錦戸亮(撮影・中島郁夫)

    「羊の木」大ヒット御礼舞台あいさつを行った木村文乃と錦戸亮(撮影・中島郁夫)

[PR]

 関ジャニ∞錦戸亮(33)が13日、都内で、主演映画「羊の木」(吉田大八監督)大ヒット記念舞台あいさつを行った。

 映画主演は、14年「抱きしめたい」(塩田明彦監督)以来。「僕の前回の映画出演は4年前。今、平昌五輪(ピョンチャンオリンピック)が盛り上がっていますが、(出場選手は)培ってきた練習や経験がモノをいうと思います。僕も次は4年後ではなく、2年後に。冬季限定の理由はないのでしっかり鍛錬、精進し、すてきな映画を届けたい」。五輪に絡め、ユーモアたっぷりに映画への意欲を見せた。木村文乃(30)も出席。本作は公開9日間で動員数は28万人、興行収入は3億6500万円を記録した。

日刊スポーツ

Copyright(c)日刊スポーツ新聞社 記事・画像の無断転用を禁じます

画像

この記事を気に入ったら
「いいね!」しよう

今、あなたにオススメ

Pickup!