三池監督、哲学者だったら「木村拓哉論」書きたい

  • 記事提供:日刊スポーツ
  • 2017年5月20日
  • 写真:カンヌ国際映画祭の公式会見で記者の質問に答える三池崇史監督(撮影・横山慧)

    カンヌ国際映画祭の公式会見で記者の質問に答える三池崇史監督(撮影・横山慧)

[PR]

 開催中の第70回カンヌ映画祭で18日(日本時間19日)、特別招待作品に選ばれた木村拓哉(44)主演映画「無限の住人」(三池崇史監督)が、公式上映された。

 三池監督は木村の気持ちのぶれなさについて、「僕らにもその(騒動や解散の)気配というかにおいを一切見せないし、25年間スーパーアイドルとして君臨してきた人なので、そこは活動の中で鍛えてきた部分があると思う」と語った。その上で「僕が哲学者や心理学者だったら、木村拓哉論を書きたいね。貴重な人間だと思う」と笑った。

日刊スポーツ

Copyright(c)日刊スポーツ新聞社 記事・画像の無断転用を禁じます

画像

この記事を気に入ったら
「いいね!」しよう

今、あなたにオススメ(PR)

Pickup!