ホンダが満を持して投入した新250スーパースポーツ「CBR250RR」

写真

 今年4月にホンダが発表した250ccスーパースポーツモデル「CBR250RR」。2015年の東京モーターショーでコンセプトモデルを発表。また16年にはインドネシア市場で先行発売され、期待度が高まってからの日本発売となった。エンジンは新設計のDOHC4バルブ直列2気筒250cc。ホンダのMotoGPマシン/RC213Vの設計ノウハウも取り入れ、コンパクト化とともに軽量化も実現した。またクラス初の電子制御スロットルを採用。そして走りに集中できるライディングポジション、荷重コントロールなど操作の自由度を高めるため、シャシーや足周りも徹底的に作り込まれている。[記事詳細]

写真をクリックすると、大きな画像が表示されます。環境によっては表示に時間がかかる場合があります。

    PROFILE

    河野正士(こうの・ただし)ライター

    二輪専門誌の編集部員を経てフリーランスのライター&エディターに。現在は雑誌やWEBメディアで活動するほか、二輪および二輪関連メーカーのプロモーションサポートなども行っている。ロードレースからオフロード、ニューモデルからクラシック、カスタムバイクまで好きなモノが多すぎて的が絞れないのが悩みのタネ

    [PR]