異次元酒場

魅力は給食だけじゃない 小学生時代にタイムスリップ!

  • 個室家座香屋6年4組
  • 2016年2月9日

ランドセルを背負っての記念撮影はこの店の定番

写真:入り口では大きな黒板がお出迎え 入り口では大きな黒板がお出迎え

写真:揚げパンに鯨の竜田揚げ、ソフトめんのミートスース、冷凍みかん、ミルメークコーヒー 揚げパンに鯨の竜田揚げ、ソフトめんのミートスース、冷凍みかん、ミルメークコーヒー

写真:2~3人向けの教室「6年1組」座布団や三角定規が懐かしい 2~3人向けの教室「6年1組」座布団や三角定規が懐かしい

[PR]

 雑居ビルのエレベーターを降りると、そこは教室の黒板だった――。「くつは2足ずつ」と大きく書かれたげた箱に靴を入れると教師役の店員がジャージー姿で飛んできて「大きな声であいさつ!」と促される。音楽室や図書室など教室は様々あるが、客の人数や教師の采配によって案内される場所は変わるので、毎回どの教室に通されるかはわからない。さらに入店後には国語や算数のドリルから抜粋した店舗オリジナルの「抜き打ちテスト」まである。でもここは居酒屋……。

もっと写真を見る

 揚げパンなどの給食メニューを出すという飲食店は珍しくないが『個室家座香屋6年4組』はそれらとは一線を画した、小学校というコンセプトをまるごと店に持ちこんだお店だ。10年前に大阪で初出店し、大阪特有の「ノリ」を武器に今や東京、京都、大阪、福岡で7店舗を構えるほどに急成長した。有名アイドルもお忍びで通うという創立5年目の渋谷第一・第二分校へ行ってみた。

『6年4組』の特徴のひとつは、懐かしい給食を食べるだけでは「済まない」という点にある。冒頭のような暑苦しいほどの洗礼を受けるのだが、なぜだかお客はうれしそう。運営する阪神食品の外食事業部長である桧谷耐さんはこういう。「ただ給食を出すだけでは面白くない。そんならランドセル背負わせて、あいさつさせて、テストさせるという小学校にしてしまえという大阪特有の『ノリ』です。でもお客さんは一度その世界に入ると、意外と喜んでやってくれます。抜き打ちテストの時は不思議とシーンとなってまじめに取り組むんです」

 名誉校長でもある社長が6年4組だったからという店名もまさしく「ノリ」。店内の個室は図書室や職員室、ソファがありテーブルも大理石調という豪華な校長室まである。図書室には偉人伝が並び、音楽室の壁は穴の開いた防音タイプのものを使うなど、こだわりは細部に及ぶ。もちろん個室料金はかからず、空いていれば校長室も普通の教室も同じ値段だ。

 数ある給食系居酒屋のなかで『6年4組』が急成長したきっかけがSNSだ。居酒屋と言えば『ぐるなび』や『食べログ』といった飲食店紹介サイト経由で訪問するスタイルが一般的だ。しかし『6年4組』は写真メーンのSNS「インスタグラム」や「ライン」を通じて来たお客が大半だという。今回が4度目の来店だという大学生の女性はこう話す。

 「ランドセルを背負った姿や黒板の前での写真がアップされていて、懐かしいと同時に可愛いって思って来たのが最初です。その後は何度か友達と『揚げパン』を食べに来ています」

 お客の中心は20代女性だが、小学生時代を懐かしむように訪れる30代のカップルや、新年会で訪れた会社員らの姿もある。出席簿を模したメニューを見ると、小学生の頃に一度は食べたことがある「揚げパン」や「ソフトめん」、「鯨カツ」などが並んでいる。しかし一口に給食と言っても、実は地域差が大きい。東日本ではポピュラーな「ソフトめん」だが、西日本ではその存在すら知られていない。「揚げパン」が全く出されていない地域もあるのだ。「この食べモン、うちらの給食では見たことないわ…」。こうした会話も潤滑油となり、小学生の頃の思い出話に花が咲く。

 渋谷の店舗であるにもかかわらず「教師」は関西出身者が多い。廊下でも「生徒」にすれ違うと威勢のいい声が飛ぶ。こうした「大阪ノリ」では東京のお客さんからは引かれてしまうのではと思いきや、むしろ逆なのだという。「団体さんの場合、入り口で前にならえをして一列に並ぶのですが、40代や50代のおっちゃんも一緒になってやってくれます。赤白帽もきっちりとかぶってね。腹が据わるとなりきって楽しむのか、どういうわけか大阪より東京の方がノリ良くやってくれるんです」(前出・桧谷氏)

 大人になり、互いの腹を探り合うよそよそしい関係が多い今だからこそ、教師からの「ウザい」くらいの大阪ノリも心地よく感じる。給食の味だけでなく、子供の頃のこんな距離感を求めて、リピーターたちは集うのだ。(文・写真 白石義行)

フォトギャラリーはこちら

店名:個室家座香屋6年4組 渋谷第一・第二分校
住所:東京都渋谷区宇田川町32-12 アソルティ渋谷4・5F
アクセス:JR山手線渋谷駅から徒歩5分
電話:03・3496・6040
ホームページ:http://www.6nen4kumi.com/shibuya/
メモ:総席数160席。営業時間は17:00~23:30(ラストオーダーは23時)。卒業や会社の異動のシーズンには「卒業式コース」(飲み放題込み4千円)。卒業や異動の当事者にはバラのリボンが付けられ、デザートには卒業証書に見立てた筒のロールケーキが出てくる。BGMは金八先生の「贈る言葉」だ。

&Mの最新情報をチェック


&Mの最新情報をチェック

Shopping