オトコの別腹

異国を思い出す味わい 「横浜かをり」のレーズンサンド 大和田伸也さん

  • 2016年10月25日

「横浜かをり」のレーズンサンド

写真:大和田伸也さん 大和田伸也さん

[PR]

 この店がある辺りは、パリやアルゼンチンの街に雰囲気が似ていて好きなんです。30年くらい前になるかな。ふらっと散歩していたときに見つけて以来、何度も通ったり、差し入れで頂いたりしている一品です。おいしさだけでなく、ツタがからまる店や高い木が並ぶ情景を思い出すお菓子なんです。

 主役はブランデーに漬けたレーズン。馥郁(ふくいく)とした香りで、ほうっと酔ってしまいそう。さくっと焼けたクッキーをかじると、濃厚なバタークリームとレーズンの芳醇(ほうじゅん)な味わいが口に広がって、一時、世俗を忘れて今まで行った異国を思い出すような、ね。

 コーヒーや紅茶にも合いますが、牛乳に浸して食べるとクッキーが少しやわらかくなって、味全体がまろやかになるんですよ。洋酒もいいんだけど、それは大人だけの秘密の楽しみ方です。

    ◇

 おおわだ・しんや 俳優。映画監督や舞台の演出も手がけるほか、23年ぶりとなるCD「摩天楼ララバイ」が発売中。

 ◆「横浜かをり」山下町本店 横浜市中区山下町70(電話045・681・4401)。1個152円から。午前9時~午後7時(土曜は10時、日曜・祝日は11時から)。大手百貨店やインターネット販売でも購入可。

&Mの最新情報をチェック


&Mの最新情報をチェック

Shopping