不動産業の景況感2カ月連続で改善  帝国データバンク調べ

  • 2017年1月12日
[PR]

 帝国データバンクが実施した2016年12月期の景気動向調査によると、業種別で見る不動産業の景気DI(企業の景況感を数値化。50以上が「良い」)は48.7となり、前月の47.7から2カ月連続で改善した。

 帝国DBでは改善した背景として、住宅着工戸数の増加、インバウンド需要を見込んだ宿泊施設のリニューアル・新規建築などがあると分析。企業の個別回答ではプラス判断の要因として、賃料上昇や空室率改善、好調な投資用物件の売買などを挙げている。

住宅新報社

Copyright(c)住宅新報社 記事・画像の無断転用を禁じます

&Mの最新情報をチェック


&Mの最新情報をチェック

Shopping