旧ナショナルビルを建替え再開発 「住友不動産御成門タワー」が竣工

  • 記事提供:住宅新報
  • 2018年5月16日
[PR]

 住友不動産が手掛けるオフィスビル「住友不動産御成門タワー」(東京都港区)が、5月16日に竣工した。都営地下鉄三田線御成門駅徒歩1分(直上)、地上22階・地下2階建ての建物で、延べ床面積は約3万2600平方メートル。

 同ビルの経つ敷地は、以前は同社と松下興産(当時)が共同で建設した松下電器産業(現パナソニック)の東京本社ビル(旧ナショナルビル)が所在していた場所。その後住友不動産が持ち分を取得し、買収した隣地を含めて15年に建て替え工事に着手し、旧来の建物の1・6倍の床面積を持つビルとして再開発した。

住宅新報社

Copyright(c)住宅新報社 記事・画像の無断転用を禁じます

画像

この記事を気に入ったら
「いいね!」しよう

今、あなたにオススメ

Pickup!