音楽ニュース

【NoGoD】 自らの存在と可能性を証明する 珠玉のロックアルバム

  • 記事提供:OKMusic
  • 2017年9月16日
  • 写真:L→R 華凛(Ba)、K(Dr)、団長(Vo)、Kyrie(Gu)、Shinno(Gu) (okmusic UP's)

    L→R 華凛(Ba)、K(Dr)、団長(Vo)、Kyrie(Gu)、Shinno(Gu) (okmusic UP's)

[PR]

現メンバーとなって10周年となるNoGoDのニューアルバム『proof』は、“今回のツアーで響かなかったら見切りをつけてくれていい”と断言するほどの自信作。ポップスからHR/HMと研ぎ澄まされたスキルで織り成される、芯の通った楽曲世界を体感してほしい。

──今年で結成12年、現メンバーとなって10年ですが、最後に加入されたのはShinnoさんですよね。

Shinno

「そうです。加入した時を思い返すと、全てが雪崩のように進んでいって、よく分からないまま気付いたらお披露目のステージに立ってましたね。ただ、10年だからと言って特にこれまでを顧みるとかではなく、ただ進むというか、今在るべきかたちを観ていただいて、“これが今のNoGoDの証明か”と感じていただければベストかなと思ってます。」

──まさにタイトルから“証明”を冠した今作は非常に濃厚で、叫びがあふれていて。特にメインコンポーザーであるKyrieさんの作詞が多いことに驚いたのですが。

団長

「それはKyrieさんに叫びたいことがあるからです!」

Kyrie

「(笑)。いや、わりと自然ですよ。ただ、NoGoDというバンドはどういうものなんだろう?っていうのは、もっと分かりやすく伝えなければいけないと思ったんで、曲と一緒に仮歌詞を出した曲が多かったんです。曲作りにおいて生まれた自分なりのイメージだったり、世界観を一度ちゃんと捻り出しておいて、それが使われるも良し、まったく違うものになるのも良しという感じですね。」

団長

「当然デモにはKyrieの歌唱も入っていて、やっぱり俺とはキーが違うんで、Kyrieさんだとギリギリのキーだから切なく聴こえるっていうエモーショナルな部分を、俺が歌うと表現できないんです。なので、その伝えたいニュアンスをなるべく汲み取って、自分の歌唱に落とし込むようにはしました。」

華凛

「そのデモの時点ですごく世界が完成されているんですよ。見えないところまで完全に見えているみたいだったので、ベースプレイにおいては余計なことは一切せず、Kyrieの思い描くピースにより近いかたちにしていきました。」

Kyrie

「だから、フレーズ的にはデモに限りなく近いと言えばそうなんですけど、仮歌が入るようになって、より曲の感情が見えるようになったから、逆に自分の気持ちも乗せやすかったです。」

──ちなみに“proof”という題名は収録曲の「proof」から?

Kyrie

「はい。このアルバム『proof』という一連の作品制作で最初に書いた曲が「proof」だったんです。結局ライヴにしても、CDリリースにしても、全ては僕らがNoGoDというバンドで活動していたことの証明であって、それ以上の理由はいらないなぁと。何かを伝えたいから、何かを届けたいからという自分らの我がままありきでやっているに過ぎないのに、“ついてきてくれ!”と身勝手なことを言っている。たぶんバンドってそういうものだと思うんですね。なので、その想いを最初に曲にして、そこから広げていったんです。」

団長

「その歌詞を読んで納得したところに、“forever”っていう仮タイトルの曲が来たから、勝手にKyrieの想いを汲み取って歌詞を書いてみました。」

──それで終わった時に残る証をテーマにした「proof」と、永遠に続くものを描いた「forever」が、まるで表裏一体のような関係になっているのですね。

Shinno

「「forever」は原曲を聴いた時、直感的に面白いなぁと思いましたね。明るめなポップチューンなんですけど、景色が一番見えやすかった。」

Kyrie

「俺、インストの「矜持と共に」がすげぇ好きで。Kyrieが自由な感じで、しっかり気持ち良いところまで弾いていたり、気持ちマニアックだったりするところも気に入ってます。」

団長

「俺は完全に5曲目の「ヘンリエッタ」推しです! 前作『Renovate』収録の「キラー・クラウン」に続き、アルバムの中で一番狂気的な曲に一番猟奇的な歌詞を当てようっていう、俺が勝手にやってる“シリアルキラー・シリーズ”ですね(笑)。デモ自体は前からあったものの、エッジが利きすぎて持て余していたんですが、全体的にソリッドでストレートな作品が多い今作なら収録しても良い意味で際立つんじゃないかと。俺、今回のアルバムの核は「ヘンリエッタ」と「蜃気楼」だと思っているんです。ここ最近はコンセプトを設けず、とにかく出来上がりの良いものを世に出そうというスタンスなので、今作も一曲一曲が尖ってるんですが、その中でもNoGoDの振り幅を広げている2曲なんですよね。」

──ハードに展開する「ヘンリエッタ」にオリエンタル色のある「蜃気楼」と、確かに良いフックになってます。

華凛

「そんな色濃い曲の中に並んだ時、改めて4月に発表したシングルの「Missing」の持つポテンシャルはすごいなと感じました。アルバム終盤の10曲目に置かれて良い意味で異様さを放っている。」

Kyrie

「俺が大事にしたいのは、その次の「Tonight!」。団長の曲ってライヴ映えするものが多くて、この曲も9月末から始まるツアーの中で重要な曲になっていく気がするんです。」

団長

「ライヴだとコール&レスポンスも入るだろうしね。正直な話、バンドのパフォーマンスが今一番良い状態にあるんですよ。2年前の結成10周年が終わって、他人の評価とかまったく気にしなくなって。NoGoDには何ができるだろうか?っていうのを見据えた結果、ライヴのクオリティーも上がっているから必然的に攻めの姿勢になるんです。この12年で“NoGoDは変わってしまった”と離れた人とかもいただろうけれど、我々は別に過去を切り捨てたわけでもないし、全てを飲み込んでさらに昇華して出しているだけ。常に今のNoGoDが一番カッコ良いと断言できるし、この先まだまだ伸びしろと可能性を秘めているということを今回のツアーで証明していきたいし、ここ数年ライヴに来てない人に“もったいないことした!”と後悔させる自信もある。ファイナルの渋谷CLUB QUATTROはこの5人になって初めてワンマンをした場所なので、10年前の渋谷CLUB QUATTROを観た人にこそ、果たして我々が停滞していたのか進んでいたのかをジャッジしてほしいですね。」

取材:清水素子

アルバム『proof』

2017年9月20日発売

NEXUS/KING RECORDS

【初回限定プレス盤(DVD付)】

KICS-93522 ¥3,600(税抜)

【通常盤】

KICS-3523 ¥3,000(税抜)

『NoGoD TOUR -2017- AUTUMN- [pruf]』

9/30(土) 神奈川・横浜BAYSIS

10/01(日) 東京・町田THE PLAYHOUSE

10/07(土) 北海道・苫小牧ELLCUBE

10/08(日) 北海道・札幌cube garden

10/14(土) 群馬・高崎CLUB FLEEZ

10/15(日) 埼玉・浦和ナルシス

10/21(土) 宮城・仙台HOOK

10/22(日) 新潟・GOLDEN PIGS -RED STAGE-

10/28(土) 愛知・名古屋Electric Lady Land

10/29(日) 兵庫・神戸VARIT.

10/31(火) 広島・SECOND CRUTCH

11/03(金) 福岡・DRUM Be-1

11/04(土) 熊本・Be-9 V2

11/05(日) 鹿児島・SR HALL

11/12(日) 長野・club JUNK BOX

11/18(土) 千葉・本八幡ROUTE14

11/19(日) 茨城・水戸LIGHT HOUSE

11/23(木) 石川・金沢AZ

11/25(土) 京都・KYOTO MUSE

11/26(日) 大阪・OSAKA MUSE

12/02(土) 東京・渋谷CLUB QUATTRO

NoGoD

ノーゴッド:2005年に団長を中心に結成。ライヴ活動を続けながら、コンスタントに作品も発表し、着実に人気と実力を付けていった。10年 6月にシングル「カクセイ」でメジャーデビューを果たし、同年 8月にはメジャー1stアルバム『欠片』を発表。HR/HMを基調としたサウンドとメッセージ性の強い歌詞、高いエンターテインメント性が話題となり、メジャーシーンでも注目を集めている。

元記事を読む

OKMusic

Copyright(c)OKMusic 記事・画像の無断転用を禁じます

画像

この記事を気に入ったら
「いいね!」しよう

今、あなたにオススメ(PR)

Pickup!