音楽ニュース

井上陽水、「ワインレッドの心」の秘蔵エピソードを告白

  • 記事提供:OKMusic
  • 2017年11月15日
  • 写真:11月12日(日)&13日(月)@Bunkamura オーチャードホール (okmusic UP's)

    11月12日(日)&13日(月)@Bunkamura オーチャードホール (okmusic UP's)

[PR]

先月より開催中の『井上陽水コンサート2017 秋“Good Luck”』ツアーの東京公演が、11月12日&13日にBunkamura オーチャードホールで行われた。最新リリースの映像ベスト盤『GOLDEN BEST VIEW 〜SUPER LIVE SELECTION〜』にも収録されている「女神」「瞬き」「氷の世界」「結詞」「夢の中へ」 「傘がない」「Make-up Shadow」など、代表曲をはじめとした豪華なセットリストで会場を盛り上げた。

井上陽水といえば、先日放送されたNHK『SONGSスペシャル』にて、玉置浩二、安全地帯と披露された31年ぶりの「夏の終りのハーモニー」が話題となっており、この日のコンサートのMCでも安全地帯との秘話を語り始めた。玉置が作った曲に井上が歌詞をつけた「ワインレッドの心」は安全地帯の大ヒット曲でもあり、今回のツアーでは井上も歌っているが、「ワインレッドの心」は最初はもっと“いい加減”な歌詞だったという。たとえば「忘れそうな想い出を・・」と歌うAメロの歌詞は、「ブタのような女と・・」という歌詞で提出したところ、さすがに書き直しをしてほしいと差し戻しにあったそうだ。

奥田民生との共作曲「アジアの純真」も、そんなノリで歌詞を作っており、歌詞は採用されたが、タイトルを「熊猫深山」として提出したところ、これもまたさすがに差し戻しとなり、「アジアの純真」となった。

我ながら、これまで“適当”“いい加減”に、ふざけた感じでこれまで生きてきてしまった、と自身で振り返りながら「これまでを反省して、これから“誠実”を座右の銘に、“誠心誠意”生きていきます」と、笑いながら宣言するところを見ると、おそらくこれからもスタンスは変わらないのだろう。

コンサートツアーは12月3日での、東京国際フォーラム ホールAまで続く。「 “誠実”に、ふざけ続ける」、井上陽水のエンターテインメントを体験していただきたい。

【セットリスト】

■12日

1.この頃、妙だ

2.Pi Po Pa

3.フィクション

4.青空、ひとりきり

5.Make-up Shadow

6.なぜか上海

7.カナリア

8.My House

9.ワインレッドの心

10.女神

11.瞬き

12.帰れない二人

13.神無月にかこまれて

14.Just Fit

15.コーヒー・ルンバ

16.とまどうペリカン

17.めぐり逢い

18.夜のバス

19.氷の世界

20.海へ来なさい

<アンコール>

21.アジアの純真

22.夢の中へ

23.夏の終りのハーモニー

■13日

1.この頃、妙だ

2.Pi Po Pa

3.フィクション

4.青空、ひとりきり

5.Make-up Shadow

6.なぜか上海

7.東へ西へ

8.My House

9.ワインレッドの心

10.女神

11.瞬き

12.帰れない二人

13 神無月にかこまれて

14.Just Fit

15.コーヒー・ルンバ

16.とまどうペリカン

17.めぐり逢い

18.夜のバス

19.氷の世界

20.結詞

<アンコール>

21.アジアの純真

22.夢の中へ

23.傘がない

『井上陽水 コンサート2017秋 “Good Luck!”』

※終了分は割愛

11月17日(金) 徳島・鳴門市文化会館

11月20日(月) 兵庫・神戸国際会館 こくさいホール

11月21日(火) 奈良・なら100年会館 大ホール

11月25日(土) 福島・郡山市民文化センター

12月03日(日) 東京・東京国際フォーラム ホールA

元記事を読む

OKMusic

Copyright(c)OKMusic 記事・画像の無断転用を禁じます

画像

この記事を気に入ったら
「いいね!」しよう

今、あなたにオススメ

Pickup!