音楽ニュース

マイケル・モンロー、来日公演で30年分のロックの情熱が炸裂!

  • 記事提供:OKMusic
  • 2017年12月7日
  • 写真:Michael Monroe Live photo by Yuki Kuroyanagi (okmusic UP's)

    Michael Monroe Live photo by Yuki Kuroyanagi (okmusic UP's)

[PR]

2017年でソロデビュー30周年を迎えたマイケル・モンローが、8月にリリースしたソロ30周年記念ベストアルバム『ザ・ベスト』をひっさげて来日公演を行なった。12月6日に開催した東京公演の初日となる恵比寿LIQUIDROOMはソールドアウト。30年前にはまだ生まれていなかっただろう人も会場にいただろうが、それぞれの“30年”を抱えて、熱いファンが会場に集結した。

ライヴ前半はソロキャリアからの楽曲をメインに、冒頭から7曲を間髪いれずにプレイ。絶好調なバンドにがっちりと支えられ、マイケルはステージ狭しと駆け巡り、ステージ横のスピーカーによじ登り、ステージと客席の間の柵中も駆け巡る。前後開脚、キックも華麗に披露し、歌、ブルースハープ、サックスと自在にプレイする姿はソロを始めて30年、そしてその前の伝説のロックンロールバンド、ハノイロックスのデビューから数えると36年以上となるそのキャリアも全く関係なく、ひたすらロックンロールという衝動に突き動かされている、天然のナチュラル・ボーン・ロックンローラーぶりを見せつけてくれる。

そんな暴走列車のようなパフォーマンスと対比をなすように、曲の合間合間に「アリガトウ」とか「サイコ―」と言った日本語も交えながら、日本のファンへの感謝を丁寧に示そうとするマイケル。会場から贈られた日の丸の旗や地元フィンランドの旗を、スタッフにやらせるのではなく自分で丁寧にドラム・セットに飾っていたり、ライヴ中盤では「前の人たちが本当に苦しそうだからみんな一歩ずつ下がって!」と前の人に気遣いを見せたりして、ファン思いなところも全く変わらずなところを見せてくれた。

ライヴソロの名曲とハノイ・ロックスの代表曲を惜しげもなく繰り出し、最後までステージも会場もヒートアップし続けたままライヴは終了。「本当に最高だなと思うショウはいつも東京なんだ」という言葉と共にステージを去っていった。

地元フィンランドではタレント・オーディション番組への出演でも話題になっているらしく、本人曰く「10歳くらいのキッズから90歳位の人まで声をかけてくるんだ」とのこと。2017年で55歳を迎えたマイケル・モンロー。そのロックンロール・ライフはまだまだ続いていくようだ。来日公演は12月7日(木)渋谷WWW X、8日(金)名古屋ReNY Limitedにて開催される。

Live photo by Yuki Kuroyanagi

『The 30th Anniversary Tour in JAPAN 2017』

■東京公演

12月07日(木) 渋谷 WWW X

■愛知公演

12月08日(金) 名古屋 ReNY limited

https://www.creativeman.co.jp/event/michael_monroe2017/

アルバム『ザ・ベスト』 

発売中

UICO-1295/6/¥3,000+税

・CD2枚組

・全29曲収録

(1987年から2017年までのソロ名義の曲25曲+マイケル・モンローのプロジェクト デモリション23.のアルバム『デモリション23.』[1994]から4曲)

・新曲1曲+未発表曲2曲+未発表ヴァージョン2曲(1曲はスラッシュ[G.]参加!)収録

■試聴・購入URL

https://umj.lnk.to/MM_best

元記事を読む

OKMusic

Copyright(c)OKMusic 記事・画像の無断転用を禁じます

画像

この記事を気に入ったら
「いいね!」しよう

今、あなたにオススメ

Pickup!